« 戦争中より悪い時代 | トップページ | 『プロメテウスの罠』の罠 »

2012/06/13

日隅一雄氏の訃報に接して

かねて尊敬申し上げていた日隅一雄氏の訃報を本日、知りました。

日隅氏のブログ、「情報流通促進計画BY日隅一雄(ヤメ蚊)」の存在を知ったのは、恐らくまだ私が会社員だった頃だと思います。
僭越ながら、自分と同じような認識をお持ちで、かつ私よりもはるかに高い見識をお持ちの日隅氏のブログは、いつも自分の考え方を確かめる羅針盤となっておりました。

福島第一原発の破局事故の収束がいまだほど遠い今、なおかつ原子力利権に連なる面々が大手を振って復権を果たそうとしつつある今、日隅氏を失うことは国家百年どころか万年の計にとって大変な損失であります。
とともに、氏の無念さに思いを致せば、言葉もありません。

かくなる上は、日隅氏と同じ志を持つ人々が、さらなる奮闘をしなければならないのだと思います。
当ブログもその一員の末端として、心を改める所存です。

当ブログでは、日隅一雄氏のご冥福を心よりお祈りするとともに、御家族の皆様に哀悼の意を表します。


誰も通らない裏道
京谷六二

|

« 戦争中より悪い時代 | トップページ | 『プロメテウスの罠』の罠 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日隅一雄氏の訃報に接して:

« 戦争中より悪い時代 | トップページ | 『プロメテウスの罠』の罠 »