« 野田改造内閣 ~ 霞が関による政権交代潰しの到達点 | トップページ | ひきつづき毎日新聞誤報問題について »

2012/01/16

毎日新聞誤報問題について

現在、健全な法治国家のために声をあげる市民の会が1月13日に最高検察庁へ提出した告発状の記事をめぐって岸井毎日新聞社とのやりとりが続いている。


八木啓代のひとりごと
・【重要】毎日新聞に重大な誤報が出まし<た

・毎日新聞該当記事
*****
陸山会事件:担当検事「報告書」問題 該当「やり取り」獄中日記に

 小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、虚偽の捜査報告書を作成したなどとして、東京都内の市民団体は12日、東京地検特捜部検事だった田代政弘・新潟地検検事を虚偽有印公文書作成・同行使容疑で最高検に告発した。虚偽とされるのは捜査報告書に記載された元秘書で衆院議員の石川知裕被告の供述だが、石川議員は出版物の中で勾留中にほぼ同様のやりとりを田代検事とした記載をしている。
 告発状によると、田代検事は10年5月、東京第5検察審査会が元代表を起訴相当と議決したことを受け、石川議員から任意で聴取した。その際、石川議員が「検事から『(有権者は)小沢一郎の秘書ではなく石川知裕に期待して国政に送り出したはず』と言われたことが効いた」と述べ、元代表の関与を認めた経緯を説明したとする捜査報告書を作成した。しかし、石川議員の「隠し録音」に、そうしたやり取りはなかったとしている。
 第5検察審は2度目の審査でこの捜査報告書も検討し、元代表を強制起訴すべきだと判断したとされる。
 田代検事は昨年12月に元代表の公判に証人出廷し、弁護側から捜査報告書について追及され「勾留中のやり取りなどと記憶が混同した」と説明している。
 石川議員は10年8月に出版された書籍の中で、勾留中の様子などを記した「獄中日記」を公開した。その中で「十勝の有権者は小沢一郎ではなく、石川知裕に期待して投票したと言われるのがつらい」などと書きつづっていた。この時に取り調べたのも田代検事で、証人出廷時に説明した「やり取り」は、この部分とみられる。
*****

mainichi120113


八木啓代のひとりごと
・【重要】毎日新聞は誤報の訂正を拒否しています

・毎日新聞からの回答
*****
 本日の抗議の件、当職から次の通り回答いたします。
 どうぞ宜しくお願い致します。
 (貴会宛にファクスしましたが、エラーが出て送れないのでメールにて回答致
します)

■回答■
 記事は主に、「誰が日本を支配するのか!? 検察と正義」(マガジンハウス
刊)に記載されている、石川知裕氏の「獄中日記」の内容を紹介したものです。
従って「誤報」との指摘は当たらないと考えます。


毎日新聞東京本社 社会部統括副部長

        清水忠彦
*****

mainichi120114


八木啓代のひとりごと
・誤報出しておいて、逃げ切れるとお思いかな、毎日新聞 ←イマココ!

誰が日本を

mainichi120116

小沢一郎の政治資金収支報告書は虚偽記載だといって大騒ぎしているマスメディア。
ところが、検察は検察審査会に送る資料に虚偽記載。
挙句の果てに、それが明らかになると、マスメディアを使って虚偽報道。
ウソついてるのはどっちやねん。

ちなみにこの新聞社の主筆なる方は、かつて小沢一郎秘書逮捕の際にTHE JOURNALにこのようなエントリーを書いたところ、コメント欄に山のような批判が書き込まれたにもかかわらず一切無視。
それどころか、その後も駄文をいくつかアップして批判を浴びるとネットから遁走した過去がありますが、清水氏におかれましては、そのようなことのなきようにお願いしたいところです。

今後の行方をご注目ください。

|

« 野田改造内閣 ~ 霞が関による政権交代潰しの到達点 | トップページ | ひきつづき毎日新聞誤報問題について »

コメント

野田豚移転総理モドキの言う大義とはすなわち「大偽」ですね。以下のページをご参照ください。
地位協定治外法権米軍属の日本国内スパイ活動311総理官邸ジャックについてもコメントしています。

「野田佳彦の増税論 ~財務省の操り人形には困ったもの」
2011年12月19日 Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま
http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/12/post_2250.html

投稿: 通りがけ | 2012/01/17 12:10

「アメポチスパイ官僚独裁違憲政治米軍ファシズム国家日本」

>スパイ活動 (通りがけ)2012-01-14 23:14:04
>「国債直接引き受けを嫌がる日銀総裁:衆議院財務金融委員会/2011年3月25日」いかりや爆氏の毒独日記さまコメント欄
http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/b7ff6e1b3d5dae243296835e831d759c

異国でのスパイ活動を自分が行うときのことを考えてみますと、外交官特権である治外法権を持っている時が一番わが身の安全が保障されてスパイ活動がやりやすく成果も大きいでしょう。

日本でスパイ活動する場合ロシアや中国やヨーロッパ諸国、アフリカ諸国、中東諸国、USA除くアメリカ大陸諸国、オセアニア諸国のいずれの国籍であっても外交官身分以外では直ちに日本官憲の手に落ちてスパイ活動失敗という結果に陥りやすいでしょう。

しかし日本国内であれば日米地位協定の下にUSA国籍で米軍属でさえあれば外交官になるための勉学語学力一切不要のまま老若男女問わず外交官と同等の治外法権を身にまとって日本国内を自由勝手に闊歩できるのです。すなわち米軍属でさえあればあからさまなスパイ活動もテロ活動も日本の官憲に一切手出しをさせないでやってのけられる。

ゆえに日本がスパイ天国であるといっても世界各国のスパイが同じように入り乱れているわけではなく、ただ一国USAの軍属スパイにとっての天国ということになります。

これが1945年以来67年間続いており、この間ずっと日本は米軍(米政府ではない)の交戦中敵国占領政策地位協定植民地化されつづけていることになります。

これはまごうことなき国際法違反であり米軍の現在犯行中の戦争犯罪であると私めは確信するものです。

地位協定破棄を全世界に対して宣言しなければ、再植民地化以前に独立国としての国家主権も日本国平和不戦憲法による自治自裁も、日本国民は全く手にすること能わないでありましょう。

投稿: 通りがけ | 2012/01/17 09:00

アメリカへ告ぐ「日本に対する戦争犯罪をただちに止めよ」

日本政府三権とマスコミの民主主義四権のうち行政司法マスコミは1945年GHQが占領統治を始めて以来米国スパイ化洗脳教育を施し続け、小泉政権で完全にスパイ化に成功しました。最後の砦であった国会も洗脳スパイ議員が大多数を占めています。菅岡田前原仙谷枝野野田安住等々みな自民党外の小泉チルドレン議員ですね。
今の日本の官僚独裁ファッショ政治も記者クラブNHKマスゴミ報道もすべて米軍の地位協定治外法権によって完全にコントロールされています。

こうまで日本を奴隷化コントロールする米軍の真の狙いは最終的に軍事侵攻も辞さぬ中国大陸侵略にあり、中国巨大市場を米国軍産複合体の奴隷化する過程において、日本列島を軍事衝突時の中国の反撃から米本土を防衛する最前線の盾にすることにあります。

現在の一連の小沢報道や野田豚移転売国内閣国会無視政治や脱原発、また共謀罪導入などのアメリカにとって何の痛痒も無い日本の国内政治問題についてのマスゴミ狂乱一斉報道は、スキャンダルマルチスピン報道をスパイマスゴミにいっせいに狂乱怒涛に騒ぎたたせてその狂騒の陰に隠れて、米軍を直接潤すだけである沖縄普天間移設基地機能強化や岩国基地拡大強化を、防衛省スパイ官僚政治家を使って強制執行で日本人からまんまと強奪し、米軍の地位協定悪用した国際法違反の内政干渉犯罪を成功させる真の狙いを隠蔽しようというものです。

あの皇室報道問題も米軍とスパイ宮内省とスパイマスゴミの日本国内撹乱戦法のひとつに過ぎないのです。

昨年3月11日未曾有の国難に直撃された日本は直ちにアメリカの戦争犯罪そのものである地位協定を破棄宣言し、対米軍思いやり予算と防衛予算すべての付け替えと米国債100兆円を売却して総額50兆円ほどを捻出し、全額日本人が今助けるべき東北大震災福一原子炉爆発被曝被災の被災者日本国民同朋にあげましょう。
除染費用一兆円あげるなどと焼け石に雀の涙みたいな下らんけちの銭失いなこと言ってないでね。
あの阪神大震災の損失50兆円に対し自社さ政権内閣は5兆円ぽっち財政出動したが被災者にはほとんど渡っていない。行政が9割がた中抜きした。東北大震災は損失600兆円超であるから、50兆円全額を行政抜きで被災者へ直接渡さねばならない。そして被災者自身の地元の生活再建に全額費消して地元自力復興再建へつなげる。足りなければ財政政策で追加捻出する。

米軍はこの間ずっと地震の被害も原発事故被曝被害もぜんぜん受けていないのだから日本人がいま助けるべき相手では全く無い。

この未曾有の国難から日本がちゃんと自力で復興を遂げた後で、ゆっくりと安保条約とTPPとやらの相談に乗ってあげよう。

もちろんその節は、世界人類の恥日米地位協定破棄消滅した日米両国対等の外交交渉でね。

投稿: 通りがけ | 2012/01/16 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞誤報問題について:

« 野田改造内閣 ~ 霞が関による政権交代潰しの到達点 | トップページ | ひきつづき毎日新聞誤報問題について »