« 中野剛志氏の「とくダネ!」でのブチ切れは、言論操作機関にとっての放送事故 | トップページ | 志木電子書籍より「風流夢譚」発売のお知らせ »

2011/11/07

非常時に普通であることは普通でない 〜 自衛のための暴動も起きない国

ここ最近、何人かの方とお目にかかって、同じようなニュアンスの言葉を聴いた。
ちなみに、その方々は私とは比べものにならないほど見識が高く、話をうかがうたびに勉強させていただいている、そういう方々の言葉。

A氏
「私の周りの外国人は、どの国の人もみんな、『日本人は頭がおかしいんじゃないか』と言ってますよ。これだけメチャクチャなことを国や東京電力がやっているのに、暴動すら起きないいんだから呆れてますよ」

B氏
「国会や政府を間近で見ていると、クーデターでも起きない限りこの国は変わらないんじゃないかと思うよ。この期に及んで何もしないで“焼き肉の会”だかを作って焼き肉ばかり食べに行って、国会ではいびきかいて寝ている議員がいるんだから」

C氏
「原発でこれだけひどいことになって、TPPで暴走して、このままいったら数年後には大変なことになっているだろうな。オレは最近、宮本顕二の暴力革命論というのは、あながち間違いじゃなかったような気さえするよ」

D氏
「中南米あたりで政治や社会がいまの日本のようになったら、間違いなく暴動が起きているね。とっくの昔に東京電力のトップは殺されて首でもさらされてるだろうし、それ以外の社員だって東京電力の人間だと周りの人に知られたら怖くて外を歩けないというような状況になっているはずだよ」

「原発事故の被害者に対する賠償を円滑・迅速に進めるため」という名目で、9000億円の公的資金が東電に投入されのだという。ところが、この会社は冬のボーナスを支給されており、その平均は200万だという。
東京都が受け入れた瓦礫の処理をするのは、東電の子会社。焼け太りである。そのことを東電は認めたが、記者会見で質問した記者は東電から締め出された。
東日本には、福島を中心に日本の法律をあてはめれば放射線管理区域になる地域が多数あり、それは千葉、埼玉、東京にまで及ぶ。本来、そこで人は生活してはならない。にもかかわらず、この現実に対して政府は無視を決め込んでいる。それどころか、福島では今週末に女子駅伝が行われるのだという。
これからの日本を背負う若者が高線量の地域を走る、つまり息を深く吸い込みながら駆け抜けるのである。狂気の沙汰とはこのことだろう。
私はこれまでそんなことは一度も思ったことはなかったが、第二次大戦中に学童疎開を当時の政府というのは、今の政府よりもなにがしかマシだったと思うようになった。

一方、やらせメールで大揺れの九州電力では、トラブルで停止していた玄海原発を再稼働した。その根拠は、事故の再発防止策をまとめた報告書を国が「おおむね妥当」だとしたからだそうだ。
福島であれだけの事故が起きながら、再稼働をするにあたっての基準は「完全」ではなく「おおむね」でいいというのである。
その九州電力のやらせメール問題。郷原信郎氏が中心になってまとめた第三者委員会の最終報告書の作成に参加した委員の一人は、なんと今になって自分で記者会見を開いて「九電が知事をかばおうとする行為は人であれば立派な人格。一般市民の目から見れば、信頼するに足る企業ということ」とのたまった。この人物は東洋英和女学院の教授だという。

TPPについては、もはやその交渉参加が日本にとってなんの国益ももたらさないことは明々白々だ。
当初はTPPとは農業問題に矮小化されていたが、実はそうではない。それはすでに明らかにされたが、私はあえて農業にこだわると、相変わらず「日本の農業は甘やかされている。バラマキの最たるものだ。日本の米は高い」などという言説をふりかざす輩がいる。私は以前から不思議に思うのだが、それだけ“甘やかされたオイシイ産業”だというのなら、なぜ就農人口はドンドン増えないのか。
農業への甘やかしはケシカランという人物に限って、電力料金が世界に比して高いこと、東京電力ほど甘やかされている企業はないことは指摘しない。
ついでにいえば、自動車産業がなぜ日本でこれほどに発展したかと言えば、国を挙げてこの産業をバックアップしたからである。

前エントリーでも中野剛志氏がブチ切れている動画を紹介したが、なぜ私がこの動画を貼り付けたかといえば、中野氏が怒っているからである。
公共の電波でああいう態度は良くないという意見ももちろんある。
しかし、これだけメチャクチャなことが目の前で展開されて、それでも怒らないのはむしろ心がどこか壊れているとしか私には思えない(あるいはドMか)。

その昔、日本社会党は憲法第9条の解釈として、非武装中立を主張していた。これに対して政府自民党の側は、自衛権はあると主張した。つまり、他国が攻めて込んで来た時には、こちらも丸腰でいるわけにはいかないのであって自衛のために戦う権利はあるというである。
私は、自衛隊というのは、田中康夫が言うように国際救助隊的な機能を持つ組織にするべきだと思うけれども、少なくとも自民党政権時代も、そして民主党による現政府も自衛のための戦争をする権利はあるという立場にある。
結果、自衛隊は大規模な軍事力を持つ軍隊となった。
だったら、政府や東京電力による暴行に対して自衛のための暴動を起こす権利もあるんじゃないの?と私は思う。
実際のところ、現状、日本で暴動が起きるとはとても思えないが(つまりそれだけ国民は飼いならされているわけだ)、しかしもう少し真剣に怒らないと後世に残る禍根はひたすら拡大していく一方であるーー。

|

« 中野剛志氏の「とくダネ!」でのブチ切れは、言論操作機関にとっての放送事故 | トップページ | 志木電子書籍より「風流夢譚」発売のお知らせ »

コメント

>井原勝介ー草と風のノートーhttp://ihara-k.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-b296.htmlより
> 「いろいろな政策は、誰でも作ることができる。それよりも、統治機構の変革が必要。」
 橋下市長の発言である。
 個別の政策よりも、それを担う行政の仕組みを変えることが重要との趣旨。
 考え方はもちろんかなり違うが、私もよく、次のような趣旨の発言をする。
 「候補者は誰でも、市民の喜ぶような政策を並べるが、政策を実施する政治のあり方が問題。政治を変えなければ、政策は、文字通り、絵にかいた餅に過ぎない」<

橋下市長も井原前市長も、どっちも甘いな。
日本国内の統治はすべからく日本国憲法に従え。
すなわち日本国憲法の治外法権地位協定を沖縄と連携して破棄し、米軍から基地使用料を徴収せよ。
航空管制権が日本国に帰すので民間空港に準じて軍用機についても管制料離着陸料を徴収せよ。領空内飛行領海内航行に関しては事前に申請すること。米軍属のビザなし入国(基地外武器持ち出し等)禁止。両国民は郷に入っては郷に従い互いに相手国憲法を尊重し通常の国際通交ルールに従って交流を行うこと。
我々日本人がアメリカに入国するときに受ける待遇と同待遇でつきあってこそ初めて「トモダチ」ではないか。親しき仲にも礼儀ありである。
この礼の基本を知らぬものに家も国も治められるわけがない。
統治機構にしろ政治のやり方にしろいずれも立憲法治主義政治の一面に過ぎず、それひとつだけで変革ができるものではない。君子の道が必要であろう。

投稿: 通りがけ | 2011/12/01 12:34

暴動なんていらないよ。日本の人間はこの著者やA~D氏と同じで暴動を主導する必要も、参加する必要もないんだよ。

投稿: | 2011/11/10 23:49

「自分の仕事や生活基盤は一般大衆のそれとは違ってかけがいのない尊いものだから、おいそれと暴動に走れない。一般大衆なんてどうせカスで大して失うものはないんだから、さっさと暴動やれよ!」っていうのが、煽るだけ煽って自分は何もしない連中の本音です。その証拠に、言葉の端々に日本人全体を十把一絡げに見下す本音が滲み出てる。
マスゴミや文系学者などの虚業界に多い勘違い野郎だよ。こういう連中は一般から解離し、自分では見識あるつもりでも現実社会が見えておらず、アメリカ流経営やアメリカ型社会や金融立国を安易に礼賛したりする。

投稿: | 2011/11/09 20:33

私は取り敢えずは、
デモと署名だけはしています。
皆が近くの東電に座り込みとかをするしかないなあと思うこの頃です。
小出さんが東電が一番悪いと仰っていたのは、政治家が一番悪いと思っていた私には勉強になりました。
汚染区域にいますが、皆平然とマスクもせず生活をしています。
神経質扱いをされるので困ってしまいます。

投稿: | 2011/11/09 18:05

よく分かります。何でこんな酷い状況なのにAさん、Bさん、Cさん、Dさんは一向に暴動を起こそうとしないのか理解に苦しみます。Aさん、Bさん、Cさん、Dさんは頭がおかしいんじゃないか?明らかに飼い慣らされて馬鹿になっちゃってますね。Aさん、Bさん、Cさん、Dさんは、まずは手始めに街に繰り出して、周囲の商店のガラス窓を割って回ったり、略奪するなりしなきゃ駄目。

投稿: | 2011/11/09 03:03

>私は以前から不思議に思うのだが、それだけ“甘やかされたオイシイ産業”だという のなら、なぜ就農人口はドンドン増えないのか。
それは…、補助金ジャブジャブでも支えきれないほどの衰退産業だからじゃないですか?
どうやっても衰退するような産業への保護なんて税金の無駄( ゚Д゚)y─┛~~

ついでに言うと、自動車産業が繁栄したのは政府の補助が無かったからです
むしろ攻撃されていた
今は補助金まみれだからどんどん衰退してます

投稿: | 2011/11/08 23:37

日本人は飼い慣らされてるとか、
クーデター起こさないのは
おかしいとかいう意見を定期的に見るが、
書いてるあなたは何をしている?
暴動の準備してるの?
「禍根はひたすら拡大していく一方である」ってあなたも他人事だね。
そこが日本人のダメなとこなのに、あなたが体現している。
結局のところ誰かが暴動を起こすのを待ってるだけにしか思えない。

投稿: | 2011/11/08 19:41

日本は能動を起こさない限り、変われないと思ってます。

投稿: | 2011/11/08 16:43

>政府や東京電力による暴行に対して自衛のための暴動を起こす権利もあるんじゃないの?

80年前にそうやって軍事政権が成立して戦争に向かったんですよ。忘れたんですか?

投稿: RERA | 2011/11/08 09:46

日本人よ暴動を起こせ、と言ってる人たち自身はなんかやってるんですかね?暴動が起きないのは扇動する「だけ」説教たれる「だけ」の口先人間だけしかいないからじゃないですか?私は暴動やテロで世の中が変わるとは思いませんので遠慮しておきますが、日本のために本当にそれが必要だ、と思っているならやればいいでしょう。それを正しい、という人が多ければ「革命」になるのです。

投稿: | 2011/11/08 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非常時に普通であることは普通でない 〜 自衛のための暴動も起きない国:

« 中野剛志氏の「とくダネ!」でのブチ切れは、言論操作機関にとっての放送事故 | トップページ | 志木電子書籍より「風流夢譚」発売のお知らせ »