« 今週思ったこと 〜 御用学者の本音、自己責任バカのデタラメ他 | トップページ | 東京電力福島第一原発事故について ~ 小出裕章氏「4/21/木★1.東電「クロル38検出は間違えでした」2.海洋汚染 1/2」 »

2011/04/24

東電・保安院会見の一本化 〜 メディアの選別、排除があってはならない!

人間、追い込まれると本性をあらわすが、いよいよこの国を支配する連中もその本性をあらわし始めた。

大震災と原発事故が起こって以降、新聞を購読していない私の情報収集はネット頼みであり、それに少しだけラジオが加わる。
なかでも貴重だったのは、毎日行われている東電や保安院の会見の生中継だ。これはマスメディアはまったく報道しないが、岩上安身氏(IWJ)やニコニコ動画が完全に中継をしてくれていた(あとは私の知るかぎりCSのTBSニュースバードが流すだけだが、これも途中で打ち切る)。
現在、在宅でパソコンを使って仕事をしているため、私はこの中継をできる限り見るようにしていた。
そして、これを見ているだけでもマスメディアがしきりに流している楽観論がいかにデタラメかがわかったものである。
ただし、この会見における記者クラブ所属の記者の質問にはダメなものも少なくなく、フリーランスの記者の質問に圧倒的な迫力があり、それに東電や保安院側が手を焼いていることも明らかだった。だが、私が聞きたいのは、まさにこのフリーの記者の質問の回答なのだ。

ところが、明日からこの会見が明日から一本化され、しかも夕方一度だけとなり(これまでは午前と夕方の二度だった)、しかもメディアの選別をすることになった(事前登録の文書は→こちら)。
これによって、フリージャーナリストとしての岩上安身氏は会見に参加できるが、IWJ(USTREAMの中継スタッフ)は排除されることになったという。
つまり、会見の完全生中継が見られなくなるということだ。
これは、国民の知る権利を侵すものであり、断じてあってはならないことである。

そもそも、なぜこのような世界を震撼させる大事故が起きてしまったのか? それは国や電力会社、そしてマスメディアが一体となって原発情報の操作、隠蔽をして多くの国民を洗脳し、その重大な危険性、リスクから目を背けさせた上で、デタラメ放題をやってきたからである。
にもかかわらず、依然として事故を起こした当事者の連中が主導権を持ってメディアを選別するなどということはあってはならないことだ。
以下に昨晩からの岩上安身氏のツイートを掲載するが、保安院の西山は「自分たちの会見を報道するにふさわしい人を選ぶのはやむを得ない」、「メディアと呼ぶにふさわしい人にきていただきたい」「どういう会社か、実績があるのか、判断する。会社の概要、ページビューなどを提出してください。多くの人に情報伝しているかどうかが、判断基準」などと戯れ言を述べている。
この連中の判断基準によれば、記者クラブメディアは「ふさわしい人」にデフォルトで入るわけだが、バカを言ってはいけない。マスメディアは会見を生中継しないし、ニュース映像として流すにしても、時に2時間近くになることもある会見を数十秒に編集する。
つまり、保安院の基準では「メディアと呼ぶにふさわしい」のは、本当のことを何も伝えない記者クラブメディアということである。

私はかねがね当ブログで、日本は世界でもっとも洗練された、世界中の独裁者が憧れる国であると書いてきた。
これを読んだ方々は「まあ、言わんとすることはわからないでもないが、いくらなんでも、そこまではいかないだろう」と思われたことだろう。
だが、有史以来の最大の国難を前にして、従来から私が主張していたこの国の正体が、いよいよあらわになりつつあると思う。

以下、岩上安身氏のツイート。

************
今、青森の弘前市で、トークカフェ。懇親会の最中。そこに東京のスタッフから電話が。来週から、東電と保安院の会見が、統合本部の会見として一本化されるが、その際に、今の官房長官会見同様に、メディアの選別が行われ、組織としてのIWJは、会見の場から排除されることがわかった。

続き。インターネット報道協会に入っているネットメディアは、参加が許されるが、協会に加入していないネットメディアは排除される。フリーのジャーナリストとしての岩上安身は、会見に参加可能だが、IWJとしては参加させないと。今日、スタッフは保安院で食い下がったが、はねのけられた。

続き。私たち、IWJは、3月11日以来、24時間、ずっと東電と保安院の会見を中継し続け、広く国民に一次情報を提供してきた。だが、保安院は、私たちの活動を認めず、排除に動いた。原発事故の情報隠蔽が進むことを懸念するとともに、政府、東電の卑劣な姿勢に、私たちは、断固、抗議する。

ウチのスタッフ原君のツィートをリツィート。日隅さんも外される可能性がある。RT @MrSARU 日隅さん @yamebun の上げたhttp://ow.ly/4FuKG が見やすいです。東電記者会見、フリーはずし詳細

青森にいる私に代わって、安全委員会、保安院会見に出たIWJの原君のツィートをこれから連続でリツィート、RT @MrSARU 月曜日からの一本化の会見、17:00〜18:00の「一時間」という話。いやいやいや、え~…

原君の続き。RT @MrSARU これは本当に不味い。一時間なんて、配布プリントの説明だけで終わる。記者クラブ側も詰め寄る。保安院会見は、今から二分後。窓口は保安院だから、どう説明する?日隅さんも木野さんも、ここ、安全委員会にいる今、保安院で誰が聞く。間に合うか…

原君の続き。RT @MrSARU 保安院着。と、同時に東電でも会見スタート。この計らいたるや…。そういえば、福島東電会見に出ている人が「福島の会見は、東京が遅れれば遅れる。スタートのタイミングは、東京会見に合わせるようになっている」と。非常時にも関わらず、見事な連携プレイ

原君の続き。RT @MrSARU IWJの原です。会見一本化について、保安院西山氏との質疑応答報告を。原「会見一本化について、17:00〜18:00の一時間の会見というのは事実か?」西山「17時からということは決めていますが、一時間にするかどうかは決めていない」

原君の続き。RT @MrSARU 原「今回、保安院も東電もオープンな会見をしてきた。一本化会見参加には条件が付いている。情報の透明性には元々疑問を持たれていた、さらに『メディアを選ぶ』とはどういうことか」西山「メディアと呼ぶのにふさわしい方に聞いて頂きたいと思っている」

原君の続き。RT @MrSARU 原「IWJは、今まで東電、保安院に24時間張り付いてやっている。しかし、提示された条件に該当しない可能性がある。この間、見てくれている人もかなりいる。その人たちのことも考え、我々をまだ会見に出してもらいたい。この縛りにどんな意味が?」

原君の続き。RT @MrSARU 西山「我々のこの会見は報道関係に説明するということ。それにふさわしい人を選ぶのは、ある程度やむ終えない」 原「でしたら、今まで出れていたものに出られなくなる理由は?」 西山「出られなくなるかはわからないが、ふさわしいかどうかを見させて頂きたい」

原君の続き。RT @MrSARU 原「見る手段は?」西山「ご案内させて頂いた条件に照らして」 原「これ(条件)に当てはまらなかった場合、(ふさわしいかどうかを)見る手段は?具体的に」西山「色々ある。一般的に。ここで言うのは難しい」

原君の続き。RT @MrSARU 原「先ほど原子力安全委員会では、会見を一本化したことで、情報開示に支障をきたした場合、改めて個々の会見を開くよう考えるといっていた。保安院の考えは?」西山「我々17時からのは統一でやるが、必要に応じて対応して行く」 @iwakamiyasumi

原君の続き。RT @MrSARU 原「情報開示に支障が出たときは、改善すると?」西山「それで結構です」上出「関連で。東電、保安院、安全委員会も、縛りはなかった。感謝している。縛れば、国民との関係は崩れ、大本営のようになるのではないか。記者クラブとのもたれ合いもあり得る」

保安院に連絡していますが、電話がまだつながらない。横暴な排除への抗議と、IWJというメディアとしての会見参加の申し入れをするつもりです。皆さまのご支援をお願いします。

保安院の西山審議官の、「会見に参加するのにふさわしいかどうか、見させていただく」という高みに立った言葉は、この会見の中で出てくる。また、会見の場は、国民に対する説明ではなく、あくまでメディアへの説明の場という理屈も。編集抜きにストレートに一般国民に届けるネットメディアへの牽制か。

先ほど、保安院のERC広報班と、私のスタッフの間で、連絡がつきました。担当官の言い分。「西山の言ったことを誤解しているので、ここで回答します。どういう会社か、実績があるのか、判断する。会社の概要、ページビューなどを提出してください。多くの人に情報伝しているかどうかが、判断基準」

続き。つまり、担当官の言い分通りなら、ページビューが多ければ、参加が認められるということになる。そうであれば、IWJが排除されるいわれはない。少なくとも震災後の一ヶ月は、私たちの中継は、多くの方々に支えられ、閲覧していただいている。

続き。3月の一ヶ月間だけで、ページビュー261万9182、総合視聴回数377万1199、番組時間648時間。娯楽なし、報道のみに特化して、これだけ多くの方々に見ていただいた。私たちを排除することは、のべ377万人のユースト視聴者を排除するに等しい。

続き。危険な原発を推進し、その結果、国民に多大な損害を与えた当事者である東電、保安院、原子力安全委員会の三者で構成される統合対策本部が、国民にダイレクトに情報伝達を行ってきたメディアである我々を、どうしてこのように居丈高に排除することができるのか、理解できない。

先ほどつぶやいた抗議のツィートと、統合本部が出した「共同記者会見の実施について」というペーパーをUPしました。http://iwakamiyasumi.com/archives/8811
************

|

« 今週思ったこと 〜 御用学者の本音、自己責任バカのデタラメ他 | トップページ | 東京電力福島第一原発事故について ~ 小出裕章氏「4/21/木★1.東電「クロル38検出は間違えでした」2.海洋汚染 1/2」 »

コメント

「相も変わらず被災者国民無視の烏合の数集め政局ごっこに興じる棄民国会」

違憲官僚の傀儡空き缶違憲内閣に対して不信任案を出す議員がひとりもいない燕雀烏合国会に、日本国獅子身中の虫諸悪の根源米国スパイ霞ヶ関解体などできるわけがない。誰か一人国会議員が衆議院へ内閣不信任案を出しさえすれば昨年9月から今までにいつでもとっくにできたほど簡単な菅降ろし程度の政策が、半年以上経ってもいまだに全然出来ていないような無為無策無能国会がある限り無理ですね。

国民は立法行政司法マスゴミ四権癒着談合して対米隷属の棄民政治をおこなう違憲政府など無視して、国民主権の平和憲法を掲げて同朋国民被災者を国民自らの手で救援しよう。

投稿: 通りがけ | 2011/04/25 11:00

「日本のマスメディアが持たない常識=ジャーナリズムがここ長周新聞にだけ存在する。」

>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/index.html

最近の主な記事
  
<論壇>国民に復興財源出させる火事場泥棒の米国と財界 (4月22日)

生産者主人公の国作りに活路 被災地の現状と立直し課題 (4月20日)

<狙撃兵> 処罰されるべき殺人行為 (4月20日)

菅政府の震災対応 「復興」看板にした大増税 (4月18日)

<狙撃兵> 首つりか被曝死かの選択 (4月15日)

行政マヒし沿岸漁村手つかず 宮城県石巻市や女川町 (4月15日)

<論壇> 原発災害からの復興は民族独立精神の復興から (4月13日)

南相馬市と飯舘村の農家 故郷捨て原発難民にはなれぬ (4月13日)

福島原発被災民 見通し立たぬ避難に怒り充満 (4月11日)

原発震災の現地からの報告 放射能で周辺漁場が大打撃 (4月8日)

投稿: 通りがけ | 2011/04/25 00:34

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東電・保安院会見の一本化 〜 メディアの選別、排除があってはならない!:

« 今週思ったこと 〜 御用学者の本音、自己責任バカのデタラメ他 | トップページ | 東京電力福島第一原発事故について ~ 小出裕章氏「4/21/木★1.東電「クロル38検出は間違えでした」2.海洋汚染 1/2」 »