« 週刊文春が明快に書いた検察&メディアの意図 | トップページ | 朝日新聞社説 ~ 自分を棚に上げる人びと »

2010/10/08

朝日新聞の仰天記事

さて、前エントリーを書こうと思って朝日新聞のサイトを見ていたら、↓のような記事があったのに仰天した(全文転載)。
もはやコメントはいたしません。

******
小沢氏告発の団体とは 「保守」自認、政治的意図なし

 小沢一郎・民主党元代表について「起訴すべきだ」との結論を出した検察審査会。東京地裁の脇の掲示板に4日に張り出された「議決の要旨」には、審査申立人の欄に「甲」とだけ書かれていた。小沢氏を東京地検特捜部に告発した市民団体だ。一体どんな人たちで構成され、何が狙いなのか。匿名を条件に、謎の団体の代表が口を開いた。
 その団体の名は「真実を求める会」という。
 「命の危険があるから、名乗ることは出来ない」
 団体の代表は取材の冒頭で、こう切り出した。強大な政治力を持つ相手を告発しただけに、素性を明らかにすることで、様々な中傷や嫌がらせを受けるのが心配なのだという。議決の要旨でも、審査会の事務局に頼んで名前を伏せてもらった。
 代表は、取材には氏名や経歴を明かしたが、それを公表することは拒んだ。メンバーは関東近郊に住む60代を中心とする男性約10人で、行政書士、元新聞記者、元教師、元公務員などがいるという。
 政権交代前から民主党に批判的な目を向ける点で一致していた。「せっかちだ」「すぐに議員連盟を作って騒ぎ立てる」など、メンバーによって「ここが嫌い」の中身は様々だが、何か具体的な行動を起こそうと決めた。
 政治的には「保守層」と自認する。自民党寄りではないか、との見方もあるが「政党とは関係ない」という。会の名前は、「右翼や政治団体だと思われないように、庶民っぽい名前」に決めた。
 本格的な話し合いが始まったのは今年に入ってから。様々な民主党議員の疑惑を検討する中で、東京地検特捜部が小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件の強制捜査に着手。1月15~16日に、小沢氏の元秘書ら3人を相次いで逮捕した。別の市民団体の告発が受理された結果だったが、この告発対象に小沢氏は含まれていなかった。
 「秘書に責任を押しつけて、小沢氏だけが逃げるとしたら、許せない」
 法律の専門家の助言を得て、急いで小沢氏を「被告発人」に含めた告発状をつくって、同21日に特捜部に提出した。告発状の末尾には、あえて「何らの政治的意図やイデオロギーを背景として行っているものではない。売名行為で行っているのでもない」と結んだ。
 捜査当局への告発は、だれでもできる。まもなく告発状は受理され、特捜部による小沢氏自身の事情聴取も行われた。しかし2月4日、特捜部は元秘書ら3人だけを起訴し、小沢氏を不起訴(嫌疑不十分)にした。
 納得がいかず、東京の検察審査会に審査を申し立てた。土地取引事件では複数の市民団体が東京地検に告発したとみられるが、審査会への申し立て資格が認められたのは、小沢氏本人を告発して不起訴となった「真実を求める会」だけだった。
 審査会の手で起訴に持ち込み、「小沢氏が無罪になったとしても、公判で資金の流れを明らかにして欲しい」との考えだった。十分な捜査をせずに不起訴にした特捜部への不満もあったという。
 審査会を「政争の具」に使ったのではないか。その問いに対して代表は、「それは心外。小沢氏ありきでも、検察審査会の制度改正を利用したわけでもない」と反論した。「申し立てはあくまでも問題提起で、審査員も結局、公の場での説明が必要だと思ったから、このような議決になったのだから」と胸を張る。
 4日の「起訴議決」の知らせを審査会事務局から電話で受けたときには、「とんでもないことを成し遂げてしまった」と驚いたという。
 今後は、小沢氏の裁判の行方を見守ると共に、「今回の手応えをもとに、おかしいところはどんな政党であれ、追及したい」と語る。(藤森かもめ)
******

|

« 週刊文春が明快に書いた検察&メディアの意図 | トップページ | 朝日新聞社説 ~ 自分を棚に上げる人びと »

コメント

奥歯に物の挟まった物の言い方や、壁の向こうから覗き見しながら、野次馬ごとく無責任な発言、発信する自分自身に気が付かない。諧謔の精神を履き違え、責任感の欠片も無く、茶々をいれて大声ではしゃぐ不届き者たちの正体は、いまのマスコミそのものである。
NHKの受信料などは払う価値が無いし、朝日毎日新聞などは、政界のゴロ新聞化しているのだ。真実を伝える、などちゃんちゃら可笑しい。昔のゴロ新聞はそれなりに可愛かったが、金の為に魂を売る新聞社内部から、浄化する正義感ある人々は、ひとりひとり消え去ることだろう。
オウム事件で壊滅的に倒れかけたTBSを当時の砂原幸雄氏が新社長に就任し、命がけで建て直すのに十年の歳月が掛かった。いままた同じことを繰り返しているTBSは、本当に壊滅する気がしてならない。株主は泥舟から逃げ、正体不明の企業に乗っ取られるだろう。いま気が付いて再建しないと手遅れなのだ。その自らの慢心とのぼせ上がった精神が、危機を招いていると気付かぬない悲劇が始まっている。TVで50年、新聞で百年という偉大な先人たちが継承して来た歴史に、ピリオドを打つことであろう。

投稿: 眠 狂四郎 | 2010/10/09 16:56

この件に関して,オザワンを支持されていること,起訴有罪が困難であろうことも承知しておりますが.証人を簡単に殺しちゃう国に住んでますと,『様々な中傷や嫌がらせを受けるのが心配なのだ』ということを否定的にとらえることは疑問に感じます.ただし朝日は簡単に殺しちゃう人物を支持してますがw

投稿: KI | 2010/10/08 22:46

はじめまして。ときどき記事、拝見させていただいています。今日の朝日新聞の記事ですが、最近、私も知り、記事を書こうと思っていました。朝日は在特会が申立て人じゃないとこれ以外にも記事を書いています。この件は、結論からいうと、壮大な犯罪の端緒である可能性を感じています。平均年齢が60歳といいますが、公表された平均年齢は30.9歳です。また、「申し立てはあくまでも問題提起で、審査員も結局、公の場での説明が必要だと思ったから、このような議決になったのだから」と胸を張ったといいますが、このへんのいかにも素人を装う嘘っぽい供述、さらには、『4日の「起訴議決」の知らせを審査会事務局から電話で受けたときには、「とんでもないことを成し遂げてしまった」と驚いたという』というところも、なんとも嘘くさい。そもそも藤森かもめ、とはどんな人物か調べたところ、http://spysee.jp/%E8%97%A4%E6%A3%AE%E3%81%8B%E3%82%82%E3%82%81/1361793/network/
という人間関係図を発見。仙谷由人に近い人物です。
朝日のこの記事は、在特会 ではないとアリバイ作りのための「嘘」です。
『土地取引事件では複数の市民団体が東京地検に告発したとみられるが、審査会への申し立て資格が認められたのは、小沢氏本人を告発して不起訴となった「真実を求める会」だけだった。』
というのも嘘です。

在特会 の会長・桜井誠のブログに申立てを彼が行ったことを表明しており、受理通告書も掲載しています。

『検察審査会へ不起訴不当の審査申し立てを行いました
http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10451351357.html

( 申し立て書は以下の通り
リンク )
東京第五検察審査会から受理通告書が届きました
http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10455665539.html

拙ブログ「第五検察審査会は選挙への影響力行使に利用されていた
」より
http://ameblo.jp/yama1717/entry-10669626439.html


もちろん受理されたから審査員に選任されたとは必ずしも言い切れませんが、特捜部に直接手続きを尋ねた経緯など見ると、彼らが東京地検から(現実には、その中の第五検察審査会ですが)選ばれた可能性が濃厚です。そもそもこの朝日の記事自体の信用性が全くありません。

『匿名を条件に、謎の団体の代表が口を開いた。
 その団体の名は「真実を求める会」という。
 「命の危険があるから、名乗ることは出来ない」
 代表は、取材には氏名や経歴を明かしたが、それを公表することは拒んだ』

など、匿名を条件に、命の危険があるからろと言いながら団体名を公表しています。ということはこの団体は会長の名前も語ることができないような表向きに存在を公表できない団体ということでしょうか。おかしい。

検察と検察審査会、検察審査会と審議メンバー、審議メンバーと朝日新聞 朝日新聞(藤森かもめ)と仙谷由人 このへんがつながっている疑いがあります。もちろん検察上層部とアメリカ(日本統治局)も。
ずるずるとイモづる式に出てきそうです。

投稿: 山の中 | 2010/10/08 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞の仰天記事:

» デフォルト近し? [みやびのブログ]
ROCKWAY EXPRESS 米経済展望:「かなり悪い」または「非常に悪い」−ゴールドマン・サックスむざむざと好き好んで米国サマについて行こうとしてるんだから、「国」そのものが自殺志向としか思えんね。今は総員対ショック姿勢する時期なのに左舷弾幕薄いぞ!何やってんの! ...... [続きを読む]

受信: 2010/10/08 22:46

« 週刊文春が明快に書いた検察&メディアの意図 | トップページ | 朝日新聞社説 ~ 自分を棚に上げる人びと »