« 朝日新聞の仰天記事 | トップページ | 検察審査会 ~ 誰が行政的な責任を負うのかが曖昧という驚くべき実態 »

2010/10/10

朝日新聞社説 ~ 自分を棚に上げる人びと

毎度、同じ言葉の引用で恐縮だが、小沢一郎という存在をめぐって起こるさまざまな出来事というのは、田中良紹の言う「あぶり出し」である。
昨年3月の西松問題における大久保秘書逮捕から衆議院選挙での政権交代、そして今年に入っての陸山会の不記載問題、さらに参議院選挙、、、
この間、自民党政権下で長らく蓋をされ国民の目からは見えなかったさまざまなこの国の本質が白日の下に晒されている。
検察審査会の審査員というのは一般の市民から選ばれるわりにどうも胡散臭いと思っていたら、全国検察審査協会連合会なる団体があるのだそうだ。不思議な団体である。一回限りの審査をするのに何故にこのような連合会を組織する必要があるのか。
また、検察審査会の事務局というのは、検察からの出向なのだそうだ。それでどうして審査ができるのだろうか。

・低気温のエクスタシーbyはなゆー
「全国検察審査協会連合会」は東京第一検察審査会事務局内に!

「マスコミと裁判所は権力の手法の二大武器」(岡庭昇)であることは知っていたが、それにしてもこの国の権力の闇は想像を超えて深い。その底知れぬ闇から得体の知れぬ連中をあぶり出すためにも、まだまだ小沢一郎には頑張ってもらわなければならない。

そこで本日もまた朝日の社説である。あまりにもひどくてもういい加減にウンザリなのだが、書かないわけにもいかない。
今日の朝日の社説は「大阪特捜部―「検事の犯罪」残る疑惑」と「NHK記者―報道の責任を考え直せ」の二本である。以下、全文転載。

******
大阪特捜部―「検事の犯罪」残る疑惑
 大阪地検特捜部検事による証拠の改ざん事件で、前田恒彦検事は近く証拠隠滅罪で起訴される方向だ。最高検による捜査の焦点は、上司の特捜部長と副部長による犯人隠避容疑に移ったかにみえるが、まだそうではない。
 郵便不正事件について無罪が確定した厚生労働省の村木厚子さんを、事件に関与していないことを示す証拠を隠したまま逮捕した疑いが残っている。事件は最初からでっちあげだったのではないかということである。
 前田検事は、検事のもつ逮捕権限を乱用して事件を捏造(ねつぞう)したのではないか。最高検はそうした疑惑についても捜査を尽くさなくてはいけない。
 問題のフロッピーディスクは昨年5月末、村木さんの部下で先に逮捕された係長の自宅から押収された。
 前田検事は当時、村木さんが2004年の「6月上旬」に偽の証明書発行を係長に指示したとみて捜査を進め、それに沿う関係者の供述調書が作成された。ところが、ディスクを分析した同僚検事がそれより早い「6月1日未明」に偽証明書ができていたことをみつけ、前田検事に報告した。
 だが、前田検事は都合の悪いその証拠を隠し、上司の決裁をとって村木さんを逮捕した。そして起訴後にディスクのデータを書き換え、間もなく同僚検事にその事実を告白したという。
 証拠の改ざんは、村木さんに容疑がなかったことを覆い隠すための事後の工作だったのではないか。最初から不都合な証拠を隠し、冤罪(えんざい)を生んだのだとすれば、その罪はより重い。
 事件の構図が崩れたのは、「6月1日」と正しく記載された捜査報告書のためだった。検察が証拠開示したその報告書は裁判で弁護側の証拠として採用され、村木さんの無実を証明する決め手になった。
 前田検事はその報告書の存在を知らなかったという。もし報告書に気づいて、開示する前に抜き取っていたら、村木さんは有罪になっていたかもしれない。大きな権限をもつ検事が暴走したときの恐ろしさを感じる。
 それにしても、前田検事の上司らはどんな決裁をしていたのだろうか。
 この事件は証明書の偽造という文書犯罪である。ディスクは極めて重要な物証であり、それに注目するのは捜査の常道だ。村木さんの逮捕前に押収の事実や解析結果が報告されず、上司も報告を求めなかったとすれば不自然だ。逮捕の後も、上司が捜査報告書を見ていれば、起訴するまでに見立て違いを見抜けたはずだ。
 前田検事が「決裁が通らないのが怖かった」と供述している大阪高検の幹部は、決裁にどうかかわったのか。改ざんを告白された同僚検事はなぜ不正を知らせなかったのか。最高検が解明すべきことは、なお山積している。
******

******
NHK記者―報道の責任を考え直せ
 取材で知ったことを報道の目的以外に使ってはいけない。ましてや、捜査対象となっている相手に伝えるとは、報道の基本を踏み外している。
 警視庁が大相撲の野球賭博問題で家宅捜索に乗り出すという情報を、NHKスポーツ部記者が、渦中にあった時津風親方に携帯メールで送っていた。今年7月、親方の部屋が捜索を受ける9時間前である。
 親方は当時、賭博に関与したとして捜査の対象になっていた。警視庁はこの記者から任意で事情聴取し、証拠隠滅や犯人隠避などにあたらないか調べている。そうした刑事責任の有無を別にしても、記者の行為は重大な問題をはらんでいる。
 記者はNHKの内部調査に対し「関係づくりに生かそうと思った」「手柄になるかもと考えた」と話している。
 NHKでは2年前、記者ら3人が特ダネ情報を入手して一足先に株を売買するインサイダー取引が発覚した。その後まとめた「新放送ガイドライン2008」にも「業務上知ることのできた機密や個人情報、プライバシーなどの情報を、決してほかに漏らすことはしない。情報漏洩(ろうえい)は重大な不正行為であることを認識し、適正に管理する」とうたわれている。明白な違反だ。
 メールを送った記者は、他社の記者から聞いた捜索情報だったと説明しているそうだが、記者だから知り得た情報である重大さに変わりはない。
 新聞や放送の記者は、知り得た情報を読者や視聴者に届けることを使命としている。法廷や競技場の最前列で取材できるのは人々の知る権利に応えるためだからこそだ。決して記者個人や所属する組織の利益のためではない。
 今回のような逸脱が続けば、報道機関全体への信頼がゆらぎ、ひいては自由な報道で国民が情報に接する民主主義の根幹を揺るがしかねない。
 NHKは警視庁の捜査を待つだけでなく、第三者委員会を設け、問題の記者をふくめ報道局全体で過去に情報漏洩がなかったか調査すべきである。
 NHKスポーツ部の中でも相撲担当は特殊な位置づけにあるという。今や大相撲の中継はNHKだけが続けているからだ。制作局にいたプロデューサーは「取材対象者との距離感に問題はなかったのか」と話す。
 NHKが払っている相撲中継の放映権料は年間で28億円程度といわれる。NHKと相撲協会は力をあわせ、相撲ファンにこたえてきた関係にある。
 その長年の関係を考慮してもなお、不祥事を繰り返した相撲協会に法令順守を求めるために、NHK会長が名古屋場所の中継をやめると決めた。そのことを放送で説明した直後に、記者はメールを送った。
 問題を重視し、NHKは全力で信頼を回復してほしい。
******

朝日新聞は大阪地検特捜部の証拠改ざんに関する「スクープ」で新聞協会賞を受賞したという。なんでもこの受賞は追加決定だそうで、朝日はこのことを自画自賛している。
私はもうこの事実だけで呆れ返ってしまう。
朝日新聞は、そもそも郵便不正「事件」を「調査報道」と称してでっち上げた当の本人である。その連中が、この事件の証拠が改竄されていたことを「スクープ」したことなど、どの口で自慢ができるのか。
しかも、「スクープ」だというが、経緯としては要するに検察内部で捜査手法を疑問視する真っ当な勢力が記者に情報を流しただけで、偶然その対象に選ばれたに過ぎないだろう。
そもそも村木氏はこの「スクープ」で無罪になったわけでもない。もともと捏造された事件であったものが公判で明らかになったのであって、その捏造事件を検察と一体となって「報道」してきたのはこの新聞社であり、新入社員向けのパンフレットとやらに「これぞ調査報道」だと自慢げに書いていたのもこの新聞社なのである。
真っ当な神経の持ち主ならば、たとえくれると言っても新聞協会賞などおこがましくて受賞できるものではない(あげるほうもあげる方だが)。
ところが大喜びで受賞した朝日は、さらにこの社説では自分たちを棚に上げて検察を大上段から批判している。なんという厚顔無恥ぶりなのか。

しかも、、、

返す刀で次の社説ではNHKに対して「報道の基本」とやらを、これまた大上段から振り下ろして説教している。
ここらへんになってくると、この社説は冗談かお笑いで書いているのではないかとさえ思えてくる。
もちろんNHK記者のやったことはどうしようもないが、しかし野球賭博をやっていたとされる親方に捜査情報を教えるなんぞは小沢一郎や鈴木宗男、村木厚子、あるいは佐藤栄佐久、江副浩正、、、、、など数限りない捏造事件で検察のリークをそのまま書きなぐって国民を洗脳した罪の重さに比べれば、もとより大したことではない(もちろんNHKという組織もその犯罪捏造集団の構成員だが)。
「今回のような逸脱が続けば、報道機関全体への信頼がゆらぎ、ひいては自由な報道で国民が情報に接する民主主義の根幹を揺るがしかねない。
 NHKは警視庁の捜査を待つだけでなく、第三者委員会を設け、問題の記者をふくめ報道局全体で過去に情報漏洩がなかったか調査すべきである。」
そーゆーことは、官房機密費に関する第三者委員会でも設けるなど、まず自分たちが実践してから人に言うべきである。

「馬鹿が社説でやってくる」とはくろねこの短語さんの至言だが、こういう社説を書く馬鹿はいい加減に消えてもらいたいものだ。
なんでも朝日新聞社では早期退職を募集しており、年収1500万円の人の退職金は9500万円だという。国民のためにも朝日新聞は社説子に9500万円を払うべきである。

|

« 朝日新聞の仰天記事 | トップページ | 検察審査会 ~ 誰が行政的な責任を負うのかが曖昧という驚くべき実態 »

コメント

もうこの国では「公正」「公平」「中立」「公共」とかの枕詞を付けずに、≪㈱朝日新聞社(が総務大臣から聞いて書いた文章では)≫とだけ呼べば、良いのでは?!

仏の公共TVは堂々と”極左”のブザンスノ氏さえしばしば出して政治議論や発言させているのだ、国民の「知る権利」のために・・・こうして、日本の政治意識は”政治番組のワイドショー化”と相まって劣化、無関心となっていく。(朝日新聞労組は日共が牛耳ってるというのに)

10/8放送の「TV5Monde」での真っ当な政治番組を見て下さい、真剣で和やかな・・・
http://www.npa2009.org/npa-tv/all/all/21993

投稿: 通称・勝手連 | 2010/10/12 04:13

KADさん同様、マスゴミは一線を大きく越えてしまったと思います。
色んな人が、マスゴミを相手に訴訟を起こすべきとの声を上げ始めています。
日本一新の会は、朝日新聞の不買運動を主導する旨の宣言をしています。

>朝日新聞は、そもそも郵便不正「事件」を「調査報道」と称してでっち上げた当の本人である。
だからこそ、無罪判決によって批判の矢面に立たされる危険を察知し、前田検事の不正を記事にしたのでしょう。
会計評論家の細野氏によれば、今年の2月の段階で、大手メディアはFDの改ざんを知っていたとのこと。
朝日だけが、出さざるを得なくなり、東京地検と合意の上で記事にしたものと推測しています。

いずれにせよ、検察が崩壊過程に入った今、残る巨悪はマスゴミです。裏道さんの役割も非常に重要になると思います。
頑張って下さい。

投稿: mucchi | 2010/10/12 00:57

マスコミというのは、有権者に代わって権力を監視して、その実態を有権者に知らせることに意味があります。
反権力が基本です。

ところが、最近の日本のマスコミは、権力に飼い慣らされ、権力に迎合し、権力の手先となって、一般市民を弾圧し、冤罪作りの手下になっています。

誰も見なくなり、誰も信用しなくなるのは当然でしょう。

投稿: | 2010/10/11 16:39

先日、新潟で行われた「マスコミ倫理懇談会」の事はご存知ですか?村木さんの件について『「検察と一体化したのでは」との問題提起が行われた。』などと報じられていますが、活字媒体で確認したところ、相変わらず記者のエゴが剥き出しの酷い内容でした。(ネット上の配信記事では何故かこの内容を詳しく知ることができません)

以下は日経その他の記事からの引用です。『申し合わせでは、意見交換を通じて真実に切り込む姿勢の重要性を確認し、「伝える側が市民の感覚を持つ意味合いがますます重くなっていることを実感した」とした。
 その上で、健全で民主的な社会の建設のため、メディアへの信頼が欠かせないとし、マスコミ人が「責任を自覚し、自主的に倫理向上に一層努める」としている。』

一体これは何の冗談なんでしょうか?私が読んだ地方新聞の記事の中には、出席した記者達が、スクープを取るために仕方が無かったとか、検察とは持ちつ持たれつだとしか受け取れないような意見を発言していました。

この「マスコミ倫理懇談会」は毎年開かれているようですが、その名の通り懇親会なんでしょう。こんなものが何かの役に立った試しが無い。誰に言い訳してるんでしょう?いや、何の言い訳にもなっていない。

私には、もうマスゴミは1企業としてのラインを完全に超えた国家に有害な存在として、規制を今直ぐかけるべきだとしか思えません。何がスクープですか。朝日が村木さんの件で何をしたか。国民の1人を冤罪に仕立て上げたのです。

その反省は私が読んだ「マスコミ倫理懇談会」の記事からは全く読みとれませんでした。あれは仕方なかったという言い訳に満ちていました。公正な報道機関って、きっと、これも何かの冗談なんでしょうね。

投稿: KAD | 2010/10/11 01:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞社説 ~ 自分を棚に上げる人びと:

« 朝日新聞の仰天記事 | トップページ | 検察審査会 ~ 誰が行政的な責任を負うのかが曖昧という驚くべき実態 »