« 上半期もっとも面白かったラジオ番組 | トップページ | 原発事故とオール電化住宅 »

2007/07/19

柏崎原発-想定内の事故

柏崎原発に関しては書きたいことが少なくないのであるが、とりあえず一つの図を紹介しておく。
その前に指摘しておきたいのは、これは想定外でもなんでもないということ。
柏崎近辺に無視できない断層があり、これが動いた場合に原子力発電所の安全に重大な影響を及ぼすことは、原発問題に関する書籍を少しでも読んだことがある人ならば(もちろん反原発の立場で書かれたもの)誰でもが知っていることである。
つまり想定外でもなんでもないのだ。きちんと問題を指摘してきた人たちはいた。問題は政・官・財・マスコミの利権集団が一体となってこれを徹底的に無視してきたに過ぎない。つまり、年金問題をはじめ、今日起きているさまざまな国家ぐるみの犯罪とまったく同じ構造のものなのである。
そこで一つの図表を紹介しよう。

Map

これは故・瀬尾健氏が書かれた「原発事故 その時あなたは」という本の中に出てくる図だ。
柏崎原発が一定の条件で事故を起こした場合の避難基準である。緩い避難基準とはつまり「緩く見積もってもこの範囲内の人は避難する必要がある」ということ。
私は埼玉県南部に住んでいるが、この図で見るとかろうじて外れている。
しかし厳しい避難基準、つまり厳しく見積もった場合はアウト。首都圏から中部圏まですべてがこの範囲に入る。

ところで、今朝テレビを見ていたら東京電力の社長なる人物が出てきて、柏崎原発で火災が起きた施設は重要度で言えばCランクであるというようなことを、薄笑いを浮かべながら喋っていた。
地域独占をしている電力会社というのは基本的に営業努力をする必要はない。そうしてこの会社での出世コースというのは総務畑である。つまり原発の後ろ暗い部分の対策をやっていく人物が最終的に社長に上り詰めるわけである。
したがってこの男の言うことを信じてはいけない。小さな事実の発表の後ろに大きな嘘が隠されている。

|

« 上半期もっとも面白かったラジオ番組 | トップページ | 原発事故とオール電化住宅 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎原発-想定内の事故:

« 上半期もっとも面白かったラジオ番組 | トップページ | 原発事故とオール電化住宅 »