2009/11/05

祝・ヤンキース優勝&松井MVP-ベースボールと野球はやっぱり違うものだった(2)

(1)のつづき

さて、私の席は4階席であった。日本のスタジアムだと上の方の席というと「なんだかな、、、」という感じになる。
ところが実際に4階席へ行ってみると、客席数も多く、しかもフィールドを見渡せるために「えらい席に来てしまった」という感じはまったくない。

Rimg0443

Rimg0445

周りはこんな感じ。

Rimg0446

Rimg0472

今日のヤンキースタジアムも寒そうだったが、この日も風が強くて非常に寒かった。
だが、帰りたいという気持ちにはまったくならない。それはスタジアム全体がイニングの合間や投手交代の時間も含めて、とにかく観客第一主義に徹しているから。その舞台で一流選手が最高レベルのプレーを見せることで、試合全体が第一級のコンテンツとして成立している。

Rimg0461

Rimg0469

Rimg0470

実は帰国してからしばらくして、東京ドームで行われたクライマックスシリーズの巨人-中日戦を観戦したのだが、スタジアムから試合の雰囲気まで、すべての面で彼我の差を感じずにはいられなかった。
クライマックスシリーズでは息子のたっての希望で外野席へ行った。私は東京ドームの外野席に初めて座ったが恐ろしく狭く、その観戦環境の悪さに辟易した。もう観客を詰め込むだけ詰め込んでおり、観戦のしやすさよりも入場料収入を上げること=経済効率しか考えていない。
確かにドーム球場であるから寒くはない。が、逆にいうと外気との気温差があり、そのままでは暑いので上着を脱ぎたいのだが、それを置くスペースがない。一方、ヤンキースタジアムは寒いけれども、それを客はわかっているから防寒対策をしている(中にはいかつい体で半袖の人もいるが、、、)。しかも少々、着こんでいても一席一席に余裕があるから十分に身動きはとれる。
さらに日本独特の集団での応援風景。
正直に告白すると、私も中日の応援に行くと応援団と一緒にメガホンを叩いてしまう。しかし、ヤンキースタジアムの雰囲気を味わった後だとと(これは大リーグであればどこも一緒だろうが)、あの集団での応援というのは違和感がある。とはいえ、各チームの応援団が繰り広げるあの応援風景は、そう簡単にはなくならないだろう。

そうして私は「やっぱりベースボールと野球は本質的に違うんだナ」ということを実感した。
もちろん、もはや古い部類に属する東京ドームと新ヤンキースタジアムを比較するのは多少なりとも東京ドームにとって不利だし(ヤンキースタジアムの建設費は東京ドームの4倍にもなるらしい)、日本にだって甲子園やマツダスタジアム(まだ行ったことはないが)がある。
けれども、日米を代表するチームのホームタウンを比較すると、まだまだ日本はスポーツ興行の後進国だと思う。
と、こんなことを書いている合間に昨日の日経朝刊を会社で見ていたら、吉田誠一記者の連載コラム「フットボールの熱源」のタイトルが「観客に温かいスタジアム」だった。曰く「日本のスタジアムは観戦に付随した楽しみを提供できる場になっていない。Jリーグにはスタジアム基準があって、収容人数や照明の明るさなどを定めているが、ファンのためを思った項目が少ない。Jリーグは基準の見直しに着手している。」。

経済効率優先の思考から脱却して真の豊かさへ。
これは何も政治のみの課題ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・ヤンキース優勝&松井MVP-ベースボールと野球はやっぱり違うものだった(1)

ヤンキースがワールドシリーズ優勝を果たした。
今日の午前中は所用があって半休をとったため、ワールドシリーズ第6戦の松井の第1打席を見ることができた。相手投手はペドロ・マルティネス。前回の対決でもホームランを打っているため、ペドロ・マルティネスは明らかに投げにくそうで、終始、松井ペースで勝負は進み、フルカウントから先制2ランホームラン。これには鳥肌が立った。第2打席は見られなかったが第3打席の2点タイムリーも見ることができた。そうしてヤンキースタジアムに響く松井への「MVPコール」を見ながら、一か月前のヤンキースタジアムを思い出した。

今年のヤンキースのポストシーズンの初戦、ミネソタ・ツインズとの第1戦を私は出張中にヤンキースタジアムで観戦する機会に恵まれた。初めて行くヤンキースタジアム。今年から新装なったこのボールパークは、これまで見てきた日本のどの球場よりも魅力的だった。

当日はマンハッタンの中心部から多くのヤンキースファンとともに地下鉄に乗ってスタジアムへ向かった。駅の改札を出て階段を上るとと視界に入ってくるヤンキースタジアム。

Rimg0401

Rimg0403

この景色を見た瞬間からテンションが上がる。それは一緒に行った普段は冷静な仲間が「ついに来ちゃったよー」と叫んでしまうほどの雰囲気で、私自身も「こんなにワクワクするのはいつ以来だろう」と思った。とにかく、その場を支配している空気がなんというか尋常ではない。
とりあえずスタジアムをパックに記念撮影などをしたあと場内へ。まずはショップへ入ると、これがまたさまざまなグッズ、アイテムを売っており楽しいことこの上ない。悩んでいくつかの土産を購入したあと、いよいよスタジアムの中を歩く。まずはグラウンドを見てみると、観客席の目の前にダイヤモンドがある感じ。

Rimg0424

通路は人がいっぱいだが、レストラン風の飲食店があり、またビールなどを購入する店も、すべてがスタジアムの雰囲気と調和して舞台の一部となっている。

Rimg0425

Rimg0430

Rimg0435

Rimg0439

次に続く


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2012年総選挙 731 AMラジオ iPhone iPod&携帯 TPP 『東京電力福島第一原発とマスメディア』 お笑い かくもさまざまな言論操作 オール電化住宅と原発 サッカー スポーツ ソーシャルメディア テレビ帝国の教科書 トヨタ ドキュメント ドキュメント出版社 ニュース パソコン・インターネット ベースボール マスゴミ マスメディア崩壊 メディア メディア・ファシズム ラグビー リストラ、失業 中日ドラゴンズ 今上天皇 伊集院光 健全な法治国家のために声を上げる市民の会 光文社争議団 原子力資料情報室 原発 原発再稼働反対デモ 告発 国民の生活が第一 国賊 小沢一郎 平成の壊国 広告 御用学者 志木電子書籍 戦後史の正体 戦後日本の思想 政権交代 新刊案内 旅行・地域 日本未来の党 日経 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 最高検 有田芳生 WEB勝手連 東京都青少年健全育成条例 東京電力に破防法を適用せよ! 東日本大震災 検察審査会 検察&メディア 民主党 民主党代表選挙 特別公務員職権濫用罪 田中康夫 田中良紹 社会 福島第一原発事故 経済・政治・国際 自動車 菅直人 落語 落選候補 親指シフト 言論操作 貧困 週刊岡庭昇 選挙 郵政省解体論 雑誌 電子書籍 霞が関独裁 音楽 風流夢譚 鳩山連立政権