2011/07/25

現代の特攻隊と東京電力の崩壊

すでに多くのブログ等で話題になっているが、海江田万里が出演した田勢康弘(失笑)司会の番組で、「現場の人たちは線量計をつけて入ると(線量が)上がって法律では働けなくなるから、線量計を置いて入った人がたくさんいる」、「頑張ってくれた現場の人は尊いし、日本人が誇っていい」と言ったという。
私はこの件を聞いて瞬時に「要するに戦時中の特攻隊と同じじゃないか」と思った。本来、海江田はこのようにあってはならないことが福島第一原発の現場で起きているなら、厳重に指導しなければならない側の最高責任者である。にもかかわらず、その人物がこんなトンデモ発言をしているのなら即刻クビを飛ばすべきだ。
そもそもーー
海江田が言う「現場の人」の中に、おそらく東京電力の社員はほとんどいないだろう。その多くは“協力会社”、つまり下請け、孫請け、孫々請け……の人たちのはずで、彼らが高い放射線を浴びた結果としてガンになったとしても、それを東電や国が補償するわけではまったくない(東電は“協力会社”の労働者がどれだけいて、福島の現場を離れた後にどうしているかもしっかり把握していない)。
にもかかわらず、「線量計を外して働いている現場の人は尊い」などと言うのは、要するに「特攻隊員は英霊だ」というのと同じであって、そのうち政府から、あるいは電力会社からたっぷりカネをもらっている自民党の連中から、「福島原発の作業で命を失った人たちは英霊だから靖国神社に祀るべきだ」という声が出てくるかもしれない(アベシンゾーあたりが言い出しそう)。

原発を所管する大臣がこれほどのトンデモ発言をしているのに、しかしマスメディアの反応はきわめて鈍く、フジテレビにいたってはこのご時世に27時間テレビとかいうアホ丸出しの番組を垂れ流していた。
私は政府や東電による節電恐喝を絶対に許さないが、しかし日本という国全体が非常事態に陥っていることは事実である。にもかかわらず、このような番組を延々と垂れ流しているテレビ局は国賊としか言いようない。
なにしろエアコンの設定温度を下げるよりも、テレビを消すほうがはるかに節電効果は高いという。ならば、テレビを見ないのが一番いいわけで、政府はこのようなムダな電波を垂れ流す放送局の免許をさっさと取り上げるべきである。が、それをしないのは、つまりマスメディアもまた東電と同じくズブズブの既得権益グループの一員であるからだ。

世界最悪の放射能テロ会社が救済され、この非常事態にもっともムダに電力を消費しているテレビ局に何の咎めもないーー。
まさに狂っているとしか言いようがないが、しかし私はこういう状況は長続きはしないと思う。
なぜなら、当たり前の言い方になってしまうが、デタラメのツケは必ず来るから。
したがって、東京電力は自らが起こした史上最大規模の犯罪の責任から逃れることは絶対にできない。現在、東電は会長の勝俣が中心になって必死に延命を画策しているが、前代未聞の放射能災害の現実を前にして、何の正義もないそのような姑息な画策は必ず吹き飛ぶ。そして東電が吹き飛べば、それに連なる既得権益グループも一緒に吹き飛ぶ。
「本当かいな?」と思われる方もいるかもしれないが、兆候はすでに出始めていて、その一つが東電女性社員殺人事件の犯人として無期懲役が確定していたゴビンダ・プラサド・マイナリ氏に対する再審の可能性浮上ではないかと私は思うのだ。
これまで東電は、どんなデタラメをやっても、それを表に出すことなく情報をコントロールすることができた。それが東電の卓越した影響力、支配力、権力基盤の拠り所だったわけだが、今、そのコントロールが効かなくなりつつある。その象徴が東電女性社員殺人事件の再審への動きで、もしこれが実現すると、東電の力はいよいよもって落ちる。コントロール不能に陥った飛行機が落ちるのは自明の理である。


Small
『東京電力福島第一原発事故とマスメディア』

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/06/23

日本が真の民主主義国家になるためには、東京電力を倒すことが必要である

************
「革命抜きの民主主義はあり得ないと思うんです。民主主義があれば、革命という付帯条件は必ずついているはずなんだ。これ以上侵害されたら革命を起すというのが民主主義でしょう。日本では革命は、共産主義だけに縁がある。民主主義とは縁がないと思っている。」

久野収、鶴見俊輔、藤田昭三共著『戦後日本の思想』より、鶴見氏の発言


************
19日に行われたクウェートとのサッカー五輪予選の日本代表の出来は素晴らしかった。その前日、浦和レッズの不甲斐ない試合を見たばかりだったので、胸がスカっとしたものである。
ところで、この試合が行われたのは名古屋の豊田スタジアムだった。
そこで私はふと思ったのだが、これが国立競技場だったら相手のチームは来日しただろうか。
ま、現状であれば来日はしたかもしれない。
しかし、福島第一原発の破局事故は、依然としてまったく収束の兆しがなく、それどころかどんどん悪化している。メルトスルーしている1-3号機にプラスしてさらに4号機の状態も非常に悪いという。
ここには使用済み核燃料が大量にあるため、この4号機の状況がさらに悪化すると、日本はいよいよもってカタルシスを迎えることになる。

そういう状況にあって、今後、海外からのアスリートや芸術家、ミュージシャンなどの来日がキャンセルになる可能性は十分にあると思う。

少し先の話で、一般の人にはあまり知られていないが、2019年には日本でラグビーのワールドカップが開催される予定だ。今から8年後である。では、その時、福島第一原発はどのような状況になっているのだろうか。まず事態が完全に収束していることはないだろう。それどころか、放射能汚染の範囲がより広がっている可能性が高い。
今はまだ福島とその周辺に止まっている高濃度の汚染が、東京を中心とした首都圏にまで広がっているかもしれない(↓は当ブログで以前にも紹介した瀬尾健著『原発事故…その時、あなたは!』の福島第一、第二の各事故シミュレーション)。

「原発事故…その時あなたは」~福島事故

こうなると、もはやラグビーどころではないし、国際的にも日本でのラグビーワールドカップ開催を危ぶむ声、あるいは開催地の変更要請が出てくるだろう。
つまり、もはやことは日本国内の問題ではない。

しかも、すでに放射能は風に乗って軽々と国境を越えて他国にも降り注いでいるのだ。
にもかかわらず、依然として東京電力は自社の生き残りと直接的な責任を逃れることを最優先に、ウソと隠蔽を繰り返している。
ところが、政府は安全が確認された原発を稼働するのだそうだ。地震の巣窟である日本列島においては、どんな場所であろうと原発にとって安全という場所はない。もし、次なる事故が起きた時、菅直人にしろ海江田万里にしろは、責任を取れるのか。いや、たとえ責任を取って首をくくったとしても、そんなものはなんの足しにもならない。
それでも原発を動かしたいというのは、単に政府の意思ではなく、この国に巣食う霞が関を中心とした既得権益者全体の意思である。

今回の原発破局事故で明らかになったのは、日本が民主主義とは程遠い体制だったことだ(これは以前から私が主張してきたことだが)。なぜそうなってしまったかというと、突きつめれば現在の体制は国民自らの手で勝ち取ったものではないからだ。冒頭で鶴見俊輔氏の言葉を引用したが、民主主義とは自らの手で勝ち取るものであって、革命を経ずしては成立しないのである。
では、現代における革命とは何か。それは東京電力を倒すことだ。この国のシステムの隅々にまではびこっている原発利権の総元締めを潰すことこそが、日本に本当の意味での民主主義をもたらす第一歩であると私は思う。
それができるかできないのか――。
いま、日本はその重大な岐路に立っている。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

2011/06/13

6.11デモ ~ 諦めたら喰いものにされるだけ

************
 自分のからだを自らの手で慈しみ、自らの努力で大事にしよう。するとそこで“守る”ことがみるみるうちに“問う”ことに、さらには“闘う”姿勢に転換していくはずである。防衛が攻撃へ反転する。この新鮮な発見が、すべての始まりだ。逆に言えば、この発見がないかぎり、システム化した社会によって、いいように踊らされるだけである。文字通り、それはわたしたちのからだが“喰いもの”にされるということだ。
 拙著『飽食の予言』シリーズ(情報センター出版局)を通して、わたしが警告してきたように、わたしたちはいつも“食べる”という幻影のなかで、実は“食べさせられている”のであり、“食べられている”のである。このシステムをどこかで断ち切らなければならない。断固たる、わたしたちの決意によって終わらせなければならない。
 つまり、こうだ。
 この社会は、わたしたちのからだを虎視眈々と狙っている。いや、わたしたちのからだを蚕食することこそが、日本の鎖国的な収奪システムの、不可欠の土台になっている。だから、だれもわたしたちのからだを救ってはくれない。自分で大事に扱い、救出しないかぎりは。そして自分のからだを大事にするということは、システムの蚕食から自分のからだを奪い返すということなのだ。そこからでなくては、なにひとつ肝心の行動は始まりはしない。
 奪い返されたからだを基本として、はじめてわたしたちの主体性が確立する。
 言い換えるなら、この暴力的なまでにゆがんだ工業社会、生産力だけに価値を置くことで人間を殺す異様さが、もはや究極の世紀末的様相を見せているニッポン鎖国に、たった一人でもきちんと向き合うことができるようになるのだ。

岡庭昇著『一九九九年の平らげ方』(情報センター出版局)より
************

ということで6.11は永田町と新宿へ行ってきた。

まずは木下黄太氏の呼びかけに応じて永田町へ。
こちらはデモとはまったく違う、ただのゆるーい散歩。木下氏のブログ、及びfacebookでの呼びかけにどれだけの人が呼応するのかと思ったが、15時に永田町につくと黄色いアイテムの人がチラホラ。
みんなバラバラに歩いているが、なんとなく国会正門へ。

ワンコも黄色。
Rimg0673_r

Rimg0675_r

面白かったのは警察関係の方々。なんだか突然、黄色いアイテムをつけた人が国会周辺を散歩し始めたことに明らかに動揺。「これは何かの集まりですか?」とか「主催者の方はどなたですか?」とか聞きまわっている。
「いや、まあ散歩しに来ただけなんですけどね」。
ついには警察、「正門前にいるみなさんは、散歩してくださーい」と拡声器で呼びかけ(笑)。
ということで、私もまあ国会をぐるりと散歩して、地下鉄で新宿へ。

地上に出るとちょうどデモがやって来た。

Rimg0681_r

集まった人数はドイツなどの反原発デモに比べればまだまだ少ないかもしれない。
けれども、ずっと反原発だった私としては、「こんなに人が集まるようになったか、、、」とやはり感慨深い。破局的事故が起きてしまった後というのが残念ではあるが……。
しかしそれでも前進である。プロゴルファーの青木功の言葉に「朝一番のティーショットがチョロでもいいんだよ。ちょっとだけでも前に進んでいるだから」というのがある(私の好きな言葉の一つ)。その例えで言うならば、今回のデモはまっすぐに100ヤードぐらいは飛んでいますね。大いなる前進です。

歩道橋の上も鈴なり。
Rimg0684_r

こんなカッコした官房長官もいたな。
Rimg0677_r

タマミちゃん(なんだかよくわからないけど)。
Rimg0689_r

いろいろな方がいらっしゃいます。
Rimg0691_r

個人的にウケてしまった「寺ベクレル和尚」。
Rimg0692_r

プラカードもいろいろ。
Rimg0698_r

Rimg0701_r

座布団一枚。
Rimg0706_r

警察関係の方々も黄色いアイテムを身につけてデモに参加ちう。
Rimg0707_r

お父さんの肩車の上で疲れて寝てしまった女の子。この子たちのために頑張らんといかん。お父さん、お疲れさま。あれって重いんですよね。私も経験あります。
Rimg0709_r

新宿駅東口。
Rimg0712_r

そしてアルタ前へ。イニエスタもいるな。
Rimg0717_r

アルタ前にこんなに人がいるのを見るのは久しぶり。
Rimg0716_r

さてしかし、、、
福島第一原発はまったく収束する気配がなく、しかも政治もマジでレベル7、どころかメルトスルーでレベル8に引き上げか?という状態。
国会ではどさくさにまぎれてコンピュータ監視法案という天下のクソ法があっという間に「スルー」(これぞ独裁国家の証)。
その意味では、まだまだこの国には怒りが足りない。
私は思うのである。
諦めたら喰いものにされるだけだ、と。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2010/12/13

菅直人は史上最低、最悪、最大の裏切り政治家である

愛読しているブログ「憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へ」さんが、菅直人について「市民派政治家ということ自体がまったくの偽装だったと判明状態のアホカンに何の期待もすでになく、史上最低の首相の最高ランクと認定するしかない」とおっしゃっている。そのエントリーはこちらだが、私もこの認定には激しく同意する。
菅に比べれば安倍、麻生などというのは可愛いものであって、単にヴァカが間違って総理大臣になったに過ぎないし、小泉(&竹中)がやったことは滅茶苦茶ではあったが、しかし国政選挙の洗礼に耐えたという点では菅よりも評価すべき点がある。
私が菅直人を許せないのは、この男が自分に課せられた使命をずっと隠しながら野党の側に身を置き、政権を奪取すると見事に「野党第一党の有力な総理大臣候補」の仮面を脱ぎ捨てて、本来の「権力に仕込まれたウイルス(あるいはスパイ)」の本性をさらけ出したことである。

かつて、自民党は細川政権誕生前を除けば、どれほど党内抗争をしても最終的には分裂しなかった。
四十日抗争というのは自民党分裂の最大の危機であったが(私の高校時代のことだが、強く印象に残っている)、この時でさえ最終的に分裂はしていない。それは良くも悪くも自民党が政権政党の強み、うま味を熟知していたからだろう。

小沢一郎は細川政権時も、あと何回か連立与党で予算編成をすれば自民党は潰れていたというようなことを言っていた。事情は昨年の政権交代後も同様で、これから次の衆議院選挙までの4年間、民主党主導で予算編成をすれば、自民党という既得権益者の利益代表勢力は潰れたはずだ。
もし昨年、小沢一郎が総選挙の際にそのまま代表を務めて総理大臣の座を得ていれば、今ごろ自民党はぐうの音も出ないほどに壊滅的な状況に陥っていただろう。
ところが、ここでこの国の真の権力は、政権交代はやむを得ない流れだとしても、せめて小沢一郎だけは総理大臣にさせないという決意のもと、「政治とカネ」という事件を捏造した。この結果、小沢は代表の座を降りざるを得なかったが、しかし見事に総選挙による政権交代に導き、その最大の功労者として鳩山政権成立後は幹事長に就任した。
というのも、総選挙による政権交代というのはあくまでも序章であって、既得権益勢力からの決別という大改革の本番はこれからであったからだ。実際、鳩山政権はあたふたしながらスタートしたが、しかし自民党政権とはまったく異なる期待感を抱かせるには十分であり、多少のつまづきは仕方がないものと思えた。
ところが、ここから小沢潰しが本格化する。霞が関という権力の御用をつとめるマスメディアは、小沢の「政治とカネ」というデマゴーグを徹底的に流す一方、鳩山政権を普天間問題で追いつめた。
では、この頃、菅直人は何をしていたのかというと、政権内で副総理の地位にありながら、決して自分は傷つかないように拱手傍観していた。
そして、鳩山政権は総辞職し、菅政権が成立した。
私はあの時の代表選で見せた菅直人の笑をこらえた顔が忘れられない。

さて、私は何ごともうがった見方をするタイプだが、しかし菅直人の総理就任は小沢や鳩山にとっては計算内だと思っていた。というのも民主党にとって、この時点で是が非でも必要だったのは参議院選挙での勝利である。そのためにはメディアによってバラ撒かれたデマゴーグの結果として下がった支持率を回復させる必要がある。そこで菅は「脱小沢」を口にしたが、これは小沢、鳩山にも暗黙の了解のもと、参議院選挙勝利のための戦略だと思っていたのである(田中良紹も同様の見方をしていた)。

ところが菅直人は参議院選挙に勝つつもりはまったくなかった。そして飛び出したのが、消費税増税発言だ。
参議院選挙の民主党の候補者たちは、よりによって味方の大将に後ろから鉄砲で撃たれたのである。私も参議院選挙の候補者陣営にいたからよくわかる。あの選挙での「菅直人はけしからん」という声の大きさは、「小沢はけしからん」という声の比ではなかった(というより後者はほとんどなかった)。
幸い私の支援した有田芳生さんは当選したが、菅直人の撃った弾に当たって当選できなかった候補者は山のようにいる。
にもかかわらず、菅直人はその総括をまったくせぬまま9月の代表選に出馬した。念には念を入れて、小沢に対する検察審査会の2回目の起訴議決日を代表選挙の当日に設定して。
そして、代表選に勝ったとたん、霞が関独裁、対米従属脱却を目指していた小沢グループを与党から追い出し、よりによって既得権益者の手先である自民党との連立に邁進し始めた。
ここまで見れば、菅直人の使命が、自民党政権に対する不満のガス抜きとしての政権交代を実現した後、すみやかに自民党に権力を戻すことだったことは明らかである。つまり、菅直人は国民の政権交代への期待をすべてブチ壊し、霞が関独裁、対米従属のタガの締め直すために育てられた政治家だったのだ、、、
とこれはもちろん大変うがった見方ではあるが、しかしそう考えれば菅直人の総理大臣就任後の奇行の数々は説明はつく。
私は菅直人は史上最低、最悪、最大の裏切り政治家であると思う。

※と、こんなエントリーを書いていたら、東京都青少年健全育成条例の改正案が民主党も賛成して総務委員会で可決され、15日には本会議でも可決の見通しだという。おそらく石原慎太郎は高笑いをしていることだろう。私は都民ではないが、民主党都議団の連中を絶対に許さない。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009/09/03

この動画を見て、新しいカテゴリーを作った

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

2012年総選挙 | 731 | AMラジオ | iPhone | iPod&携帯 | TPP | 『東京電力福島第一原発とマスメディア』 | お笑い | かくもさまざまな言論操作 | オール電化住宅と原発 | サッカー | スポーツ | ソーシャルメディア | テレビ帝国の教科書 | トヨタ | ドキュメント | ドキュメント出版社 | ニュース | パソコン・インターネット | ベースボール | マスゴミ | マスメディア崩壊 | メディア | メディア・ファシズム | ラグビー | リストラ、失業 | 中日ドラゴンズ | 今上天皇 | 伊集院光 | 健全な法治国家のために声を上げる市民の会 | 光文社争議団 | 原子力資料情報室 | 原発 | 原発再稼働反対デモ | 告発 | 国民の生活が第一 | 国賊 | 小沢一郎 | 平成の壊国 | 広告 | 御用学者 | 志木電子書籍 | 戦後史の正体 | 戦後日本の思想 | 政権交代 | 新刊案内 | 旅行・地域 | 日本未来の党 | 日経 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 最高検 | 有田芳生 WEB勝手連 | 東京都青少年健全育成条例 | 東京電力に破防法を適用せよ! | 東日本大震災 | 検察審査会 | 検察&メディア | 民主党 | 民主党代表選挙 | 特別公務員職権濫用罪 | 田中康夫 | 田中良紹 | 社会 | 福島第一原発事故 | 経済・政治・国際 | 自動車 | 菅直人 | 落語 | 落選候補 | 親指シフト | 言論操作 | 貧困 | 週刊岡庭昇 | 選挙 | 郵政省解体論 | 雑誌 | 電子書籍 | 霞が関独裁 | 音楽 | 風流夢譚 | 鳩山連立政権