2013/12/22

「ごちそうさん」は現代の『細雪』なのかもしれない

近年、テレビといえばスポーツ中継しか見ていなかったが、今年は「あまちゃん」、それに続いて「ごちそうさん」を見ている。
私はNHKについては非常に批判的だし(とくにニュース番組)、上記のドラマを見ていても「今どき、カネの使い方がハンパないなあ。こんな予算は民放ではかけられないけど受信料なんだよなあ」と思うのだが、一方で丁寧に作られたドラマというのはやはり鑑賞に値する。

「あまちゃん」は宮藤官九郎の脚本だけあってエンターテイメント性の高い作品で、また随所に出てくる80年代の世相が私のようなオッサンにはとても刺さった(ちなみに私は松田聖子ファンだったが、この年になってキョンキョンファンになるとは思わなかった)。
それだけに、同年代のオッサンもずいぶん見ており、最後には「あまロス」なる言葉まで出てくる始末。
それに比べると、「ごちそうさん」は始まる前は地味な印象で、実際、主演の杏も前作が評判を呼んでいるだけに、番組開始前は不安だったらしい(そんな記事を見かけた)。

ところが、フタを開けてみると「ごちそうさん」は「あまちゃん」よりも視聴率がいいという。
といっても、「あまちゃん」ほど話題になっているフシはなく、たとえば私のfacebookのタイムラインでも「あまちゃん」と「ごちそうさん」では、その話題になりようは比べるべくもない。
にもかかわらず、どうして「ごちそうさん」が視聴者の心をつかんだのか。

私はこのドラマを見ていると、藤沢周平が江戸時代の市井の生活を描いた短編小説の世界に似た雰囲気を感じる。
いま、ソースを探している余裕はないのだが、杏が脚本家の森下佳子氏に「め以子(主人公)は将来、何になるんですか?」と訊いたところ、森下氏は「何にもならない。大阪のおばちゃんになるだけ」と答えたという。
「あまちゃん」と異なり、「ごちそうさん」は主人公が何かしらのアイドルになるわけでもなんでもない。東京から大阪に嫁いで、そこで日々起こっていることが綴られているわけだが、しかしそれが心に染みる。

そしてタイトルの通り、食のシーンにかける番組全体の熱意がハンパではない。
このシーンを見ていると、「あーあ、またカネをずいぶんかけとるなあ」と思うけれども、それだけに出来栄えもすばらしい。
といって別に豪勢な食事が出てくるわけではない。基本的にありふれた食材が中心なのだが、しかし、この上ないほど豊かになり、飽食と言われる現代において、実は毎日、このように真っ当な普通の食事をとることは、実はなかなかに困難である(とくに都市部では)。

戦後の経済成長とともに、日本の「食」はどんどん劣化していった。
競争に勝つために徹底的に効率を優先する社会においては、悠長に出汁をとったり野菜を下茹でしている暇はない。結果、食品の安全性が徹底的にないがしろにされてきたことは事実だ。
今、中国からの輸入食品の安全性を告発するキャンペーンが週刊誌でしきりに行われているが、実は日本の食の生産現場がひどいことになっていることは、30年近く前に岡庭昇氏が『飽食の予言』シリーズで徹底的に暴いた通りである。

そして3・11以降、さらに放射能汚染という要素が加わり、とくに東日本の「食」はいよいよもって厳しくなっている。
これは風評被害でもなんでもない。広大な農地が放射能によって汚れてしまい、さらにいつになったらおさまるのかもわからない汚染水が、世界一豊かといってもいい日本近海の漁場をぶち壊している(もちろ世界中に影響があるが)。

そうしたなかで、食を中心とした庶民の生活を淡々と描く「ごちそうさん」は、ひょっとすると戦時に谷崎潤一郎が書いた『細雪』のようなものなのかもしれないと私は思うようになった。
このドラマ自体には政治的な言説などひとかけらもないけれども、しかし食の大切さ(それは丁寧に生きることにもつながる)を突き詰めることで、結果的に現代日本の鋭い文明批評になっている。

とそんなことを思いつつ、「ごちそうさん」のHPを見ると、脚本家の森下佳子氏のこんなコメントが載っていた。

福島第一原発事故直後のこと、一人のママ友からメールが来ました。「ミルクを作るためのミネラルウォーターが買えない」とそこにはありました。あの頃ほどではないにせよ、今も安心できる食材を確保する為に手を尽くされている方も多いのではないでしょうか。「何故こんな事態になってしまったか」と、やり切れなさや怒り、一人の大人としての反省を覚える一方で、食材を求め奔走する母親たちの姿に、とてもプリミティブなものを感じました。
おそらく太古の昔から、母親ってこんな感じだったのではないでしょうか。木の実を拾い、安全な湧き水を汲み、子供や家族を飢えから守ろうとした。そして、父親は安全な土地を探し、風雨をしのぐ家を建て、自然の脅威や襲い来るもろもろから子供や家族を守ろうとしてきた。その為にはエゴイスティックな行動も取っただろう。それ故に醜い争いも起こってきただろう。けれども、そのマイナスも含めた上で、大切な相手の「生を活かす」ことはやはり「愛」と呼ばれるものの原型なのではないだろうか。
そんな事を漠然と考えていたところ、この企画のお話をいただきました。「『食』をモチーフに、夫婦のラブストーリーをやりませんか?」というのがそのご提案でした。
そうして紆余曲折の後、出来上がったのが食いしん坊のハイカラ娘と街を創る事を夢とする元祖理系男子という組み合わせ。彼らが愛を育み、生き抜いていくさまを明治、大正、昭和の風俗、そして、美味しそうな料理と共にお楽しみいただければと思っております。

冒頭に書いたように、私はNHKに批判的だが、しかしこのようなドラマを提案できることもまたNHKなのかもしれない。
つまり「ごちそうさん」は結構、本質的な部分で危ないところを突いているのだ。が、NHKに介入することに熱心なアベシンゾーさんは、頭がよろしくなだけに(おそらく『細雪』も読んだことはないだろう)、もちろんそんなことはわからないだろう(笑)。
連続テレビ小説「ごちそうさん」は意外に“深い”。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/12/08

東京都青少年健全育成条例 ~ 最有害コンテンツは石原プロ制作の刑事ドラマである

今年6月に都議会民主党などの反対で否決された、東京都の青少年健全育成条例の改正案が提出され、今度は民主党も賛成に回るという。

・有田芳生の『酔醒漫録』
東京都青少年健全育成条例改正案の問題点 ーー都議会民主党は改正案に反対をーー

東京都青少年健全育成条例改正案を推進する統一教会

夏の参議院選挙で有田さんを支援し、この法案に反対しているグループと連携もしていた民主党の都議会議員も、今回はアッサリと賛成に回るらしい。
国政でのヘタレぶりばかりが注目されている民主党だが、実は都連も同じレベルのヘタレぶりをさらけ出している(築地市場移転問題についても民主党できちんと事態を把握して質問できる都議はほとんどいらないらしい)。
民主党がこんな調子だから、石原珍太郎のヨタ、妄言が止まらない。以下は毎日jpの記事。

******
石原都知事:同性愛者「やっぱり足りない感じ」

東京都の石原慎太郎知事は7日、同性愛者について「どこかやっぱり足りない感じがする。遺伝とかのせいでしょう。マイノリティーで気の毒ですよ」と発言した。石原知事は3日にPTA団体から性的な漫画の規制強化を陳情された際、「テレビなんかでも同性愛者の連中が出てきて平気でやるでしょ。日本は野放図になり過ぎている」と述べており、その真意を確認する記者の質問に答えた。

 7日の石原知事は、過去に米・サンフランシスコを視察した際の記憶として、「ゲイのパレードを見ましたけど、見てて本当に気の毒だと思った。男のペア、女のペアあるけど、どこかやっぱり足りない感じがする」と話した。同性愛者のテレビ出演に関しては、「それをことさら売り物にし、ショーアップして、テレビのどうのこうのにするってのは、外国じゃ例がないね」と改めて言及した。【真野森作】
******

さすがは名うてのレイシスト。
この男の脳みそは「どこか足りない」どころか「ドカンと足りない」。ま、昆虫なみですね。
笑えるのは、この男とコンビを組む副知事の“作家”である。
こちらはtwitterで、

******
マンガの関係が好きな人のなかには人生が行き止まりと感じている人が多いという印象を受けます。生きている女を口説きなさない。瞬間、瞬間、言うことが予想外に変わるから、そのほうがおもしろくて未知で愛おしいよ。
******

余計なお世話とはこのことだろう。
いやはや、都民でなくて良かった(といっても埼玉県もひどいものだが、、、orz)。

さて、しかし本日書きたかったのは、石原や猪瀬のことではない。
昨日、私はtwitterで↓のようにつぶやいた。

******
東京都健全育成条例がまたぞろ復活して、都知事や副知事がアホなことを言っているらしいが、だったら一番有害なのは石原プロがやっていた刑事ドラマだろ。人権もヘッタクレもなく被疑者をボコにするドラマによる洗脳効果ってのは凄まじいぜ。いまでもCSで再放送をやってるけど、あれこそ大問題。
******

私は40代後半であるが、小中学校の頃にはテレビドラマの定番の一つが刑事ドラマだった。
ガキの私ももちろん好きで、なかでも石原プロ制作の「太陽にほえろ」は、毎週、見ていたクチである。
そして、当時は刑事が犯人をボコボコにしたり、そもそも被疑者の人権など存在しないことを前提にした取り調べのシーンについて、何の疑問も抱かなかった。
しかし、よくよく考えてみると、このドラマこそマンガなどとは比較にならないほど有害なコンテンツだったのではないかと私は思うのである。
警察の被疑者への暴力の絶対的な肯定、その根底にある警察は正しいのだから何をしてもいいという思想の強制、植え付けは、現在のこの国の本質である警察国家、あるいは検察国家を作り上げる上で非常に重要な役割を担っていたのではないだろうか。
つまり、「太陽にほえろ」をはじめとする多くの刑事ドラマ(とくに石原プロが制作していたもの)は、日本人が見てはよくせせら笑っている、わざとらしい北朝鮮のプロパガンダドラマと本質的なところでまったく変わらない。むしろ、プロパガンダがそれとわからない分だけタチが悪い。
石原プロ制作の刑事ドラマというのは、いまでもCSなどで放送されているし、DVDも普通に売られている。
青少年に悪影響を与える有害コンテンツを規制するというのなら、マンガよりも前に、この日本人全体に悪影響を与えたといっていい最有害コンテンツの再放送やDVDの販売こそ規制すべきである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/01/12

年末面白かったというテレビをyoutubeで見てみた

ついでにラジオネタをもう一つ。
新年最初の「爆笑問題カーボーイ」では、お正月のテレビで面白かったものをリスナーから募っていた。
スポーツ以外はあまりテレビを見ない私だが、いまはyoutubeで検索すると、ラジオで話題になっていたものを後から見ることができる。
そこで私が見て面白かったものをいくつか。


まず「3の倍数と3がつく時だけアホになる」。


爆笑問題・田中と伊集院のコント


昨年末の紅白での前川清「そして神戸」。バックでムーディ勝山が普通にコーラスをしているのがおかしい。
これは埋め込むことができなかったがyoutubeではいまのところ削除されていなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2012年総選挙 731 AMラジオ iPhone iPod&携帯 TPP 『東京電力福島第一原発とマスメディア』 お笑い かくもさまざまな言論操作 オール電化住宅と原発 サッカー スポーツ ソーシャルメディア テレビ帝国の教科書 トヨタ ドキュメント ドキュメント出版社 ニュース パソコン・インターネット ベースボール マスゴミ マスメディア崩壊 メディア メディア・ファシズム ラグビー リストラ、失業 中日ドラゴンズ 今上天皇 伊集院光 健全な法治国家のために声を上げる市民の会 光文社争議団 原子力資料情報室 原発 原発再稼働反対デモ 告発 国民の生活が第一 国賊 小沢一郎 平成の壊国 広告 御用学者 志木電子書籍 戦後史の正体 戦後日本の思想 政権交代 新刊案内 旅行・地域 日本未来の党 日経 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 最高検 有田芳生 WEB勝手連 東京都青少年健全育成条例 東京電力に破防法を適用せよ! 東日本大震災 検察審査会 検察&メディア 民主党 民主党代表選挙 特別公務員職権濫用罪 田中康夫 田中良紹 社会 福島第一原発事故 経済・政治・国際 自動車 菅直人 落語 落選候補 親指シフト 言論操作 貧困 週刊岡庭昇 選挙 郵政省解体論 雑誌 電子書籍 霞が関独裁 音楽 風流夢譚 鳩山連立政権