2014/12/31

2014年の○と☓その3

以下は箇条書きで○と☓。

今上天皇のご健勝に○。
もはや今上天皇は安倍晋三に対する最後の「砦」である。

・天皇陛下お誕生日に際し(平成26年)

ところで、「平成」という元号であるが、これは「平に成る」ということだから、ある意味では「水平社宣言」の理念にもつながるのではないだろうか。
水平社宣言の最後の「人間に光あれ」の「人間」は「じんかん」と読むという説もある。「じんかん」とは「人と人の間」であり、転じて「すべてのもの」。つまり水平社宣言は「すべてのものに平等に光が当たるように」との願いが込められているというのだ。
天皇制と水平社宣言とは対極の位置にあるものだが、しかして今上天皇のお考え、あるいは行動は、「すべてのものに平等に光を当てよう」というところにあるのではないかと思うのである。

電子書籍のデータを読むのが仕事のため、今年もたくさんの本を読んだが、その中で印象に残った本をいくつか。

『どぜう屋 助七』(実業之日本社)
版元さんの話では、あまり売れていないということだが、データを読んだ私も妻も大変に感動した(聞くところによると、版元の部長も校了の時に“泣いた”そうだ)。
「浅草の老舗「駒形どぜう」を舞台に、幕末・明治の歴史の渦に翻弄されつつも、江戸っ子の意地と持ち前の明るさで店を守りぬく主人〈助七〉と、店に集う人びとの人生模様を描く、感涙必至の傑作歴史時代小説!」(帯より)

『いつかあなたも』(実業之日本社)
「在宅医療専門クリニック看護師の“わたし”と新米医師、院長らが、患者本人と家族、病とその終焉に向き合う。」(帯より)。
在宅医療に関するノンフィクションはたくさんあるけれども、小説は初めて読んだ。著者が在宅医療に携わった医師なので、リアリティがあり(実際、すべて実話を元にしているとのこと)、高齢の一人暮らしの母親を持つ身としては興味深く読まざるを得なかった本。

『江戸の貧民』

『33年後のなんなとなく、クリスタル』

スポーツ。
中日ドラゴンズに☓。
浦和レッズに☓と○。ミシャは持ってないのかな、、、
松本山雅FCに○。映画「クラシコ」を見てファンに(長野にも縁があったので)。
Jリーグ100年構想は着実に実を結んでおり、地域を、そして世の中を少しずつだけれども変えていると思う。

J3リーグに○。今年はスカパーオンデマンドを契約し、J1だけでなくJ2、J3の試合や結果もよく見たのだが、これがそれぞれに面白い。
来季は大宮がJ2に落ちたので、J2の試合を観戦しようと思う。金沢のパウロ田中が見たい。

J2昇格プレーオフ、J2、J3入替戦に○。レベルは低くてもかかっているものが大きい試合はしびれる。

最後に、我が母校、専修大学野球部とラグビー部の1部復帰に○。
とくにラグビー部は13年ぶりの復帰。
日本代表キャップ41を持つ部のレジェンド監督。村田亙氏を抜きにこの復帰はあり得なかった。
就任3年目。長い2部暮らしに慣れきったチームを改革、朝の4時起きで早朝練習、深夜まで選手との面接やミーティング。
単にラグビーだけでなく、心の教育までを実践。決してあきらめることなくポジティブになる精神を植え付け、最後の最後に勝利するという意識付けを徹底。
危ない試合を僅差で乗り切りながらシーズンを2位でフィニッシュすると、リーグ戦2部2位チームが入替戦で勝って昇格するのは初めてという快挙を外人選手抜きで達成。
優れた組織マネージメント力は将来の日本代表監督の候補になり得る人材。

以上、今年の○と☓でした。
良いお年をお迎えください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/14

楽天の監督問題について思うこと

1週間ほど日本のニュースにあまり触れていなかったこともあって、どうも時事ネタに対する感覚が戻らない。
なので本日はここ最近、気になっていた楽天球団の監督問題に関して思うところを書きたい。

せっかく球団史上初のクライマックスシリーズ進出、それも本拠地での開催を決めた楽天が、野村監督の去就問題で揺れている。というよりも今季限りの辞任は決定であるらしい。確かに高齢ではあるが、これだけの手腕を持っている監督というのはそうはいないし、野村監督というのは個人的に非常に好きなので大変残念である。
もし親会社が球団をさらに強くするために現監督よりもさらに高いレベルの監督を連れてくるというのならば、私見では中日の落合監督以外にはいないと思うが、それは現状では不可能。
まして、次期監督が広島で結果を出せなかったブラウン監督あたりだったら、その判断に相当な疑問符がつくし、ファンからも批判の声が上がるだろう。つまり今回の監督交代というのは相当にリスキーである。
では、なぜそうまでして楽天は監督を替えたいのか。
これはあくまで推測だが、比較的年齢の若い楽天球団の経営者にとって野村監督は実力はあるものの非常に扱いづらい存在であるからなのではないだろうか。

私は野村監督を見ていると、以前に書いたある博士のことを思い出す。
この博士は本当に優秀で有能だったのだが(あの談志が認めるほど)、なにしろ私生活から何から行動がハチャメチャでその面倒を見るのは相当に大変だった。しかも当時はこちらも20代で人生経験も浅いので、「どうしたらこんなことになるんだ?」というようなことがしょっちゅうあったものだ。
それでも少しずつこの博士の行動に対応できるようになり、博士からも信頼を得るようになったころ、当時、独身だった博士に女性ができた。そしてこの女性、最初はあまり表に出てこなかったのだが、徐々に博士よりも前面に出てきて私たちを振り回し始めた。その頃には入籍もしていたので、そうなってくるとこの女性の発言力も強くなる。
一方、男には女性ができると全面的に寄りかかってしまうタイプがいるが、博士はまさにそのタイプで、これまでハチャメチャな生活をしてきた分、その後始末から何から身の回りのことを一切やってくれる女性なしには生活していけなくなってしまった。
ところが、この女性というのがなにしろ博士以上に一筋縄ではいかない。博士は根は素朴で純なのだが、この女性は戦中、戦後の混乱期をしたたかに生き抜いてきた人が持つある種、得体のしれない迫力があり、相手に対していい顔をするときもあるが、一転、思い切り恫喝するときもある。そしてもう決裂したのかと思いつつ翌日会うと、最初はニコニコ笑って普通に接しているが、そのうちまたこちらを延々と怒鳴りはじめる。それは人生経験の少ない側にとっては相当に苦痛で、現に一緒に博士の面倒を見ていた同僚はボロボロになった。

で、こんなことを書くと大変申し訳ないが、野村沙知代さんを見ていると、私はこの博士の女性を思い出すのである(おそらく沙知代さんよりもさらに強烈だった)。そして奥様に全面的に生活を委ねてしまう博士と野村監督の姿も見事なまでに重なる。
結局、博士と私たちの関係はその後切れてしまい、当時はそれも仕方のないこと、我慢の限界だと思った。
しかし、、、
今になって考えてみると、あの時にもう少しなんとかならなかったかと思う。
確かにあの夫妻は扱いづらかった。が、こちらがそれに対して最善の手を尽くしていたのかというと、やや悔いが残る。人生経験が圧倒的に不足していたこともあり、あの夫妻、とくに奥様に対してしたたかさで対抗できなかったわけだが、もっとやりようがあったのではないかと思うのである。

そして、これは推測であるが、楽天球団もマスコミの前で平気で球団批判をするなど、ひと癖もふた癖もある野村監督、あるいは沙知代夫人と付き合うことにホトホト疲れてしまったが故に監督交代に踏み切ったのではないだろうか。
楽天球団の社長は若い。それでいてここまでの地位に就いたのだから、それなりのプライドがあるはず。そういう人にとって、毒ガスをまき散らかしながら次から次へと変化球を投げてくる夫婦というのは、もう我慢の限界でウンザリという気分になるのはわかる。
しかし、かといってこれだけの手腕のある人物と契約せず、能力は低いが付き合いやすい、球団の言うことを聞く
人物を監督に据えたのでは組織は絶対に緩む。結果、成績もよほどのことがないかぎり今年を上回ることはないだろう。それは、これだけ地元に根付いたファンに対する背信であり、球団経営にとってマイナスである。
そもそも能力の高い人というのは付き合いにくいものだ(逆に「いい人」という評価は能力を競う場合、必ずしもほめ言葉ではない)。

だから、、、
私は楽天球団は、もう少し我慢して野村監督を使い続けてはどうかと思うのである。
相手がさまざまなことを仕掛けてくるのならば、それは軽く受け流して、たとえば野村監督にもっと高いハードルを課せばいい。もともと監督をやりたくて仕方がないのだから、それを逆手にとって相手の毒ガスをうまく受け流すしたたかさを持って欲しいと思うのだ。
なんだかんだといっても楽天がここまで仙台に根付き、しかも全国的にも注目される存在になったのは、野村監督の存在を抜きにしては考えられないのだから、使えるだけ使えばいい。

ちなみに私の経験では、毒ガス夫婦とのウンザリする日々というのは、後から考えると意外に懐かしいものだ(悪い記憶ほど鮮明に残るということもあるが)。また彼らのおかげで多少なりとも鍛えられたがゆえ、今では自分自身が「煮ても焼いても食えないオッサン」になりつつあるが、それはそれで悪いことではない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/04/10

いよいよ新広島球場(マツダスタジアム)がオープン

広島の新球場「マツダスタジアム」がいよいよ本日からオープンする(この球場に関する過去のエントリーはこちら)。
新球場の開幕はドラゴンズとの3連戦。わが家のケーブルテレビでは中継を見られるのだろうか?
なんとしても見たいものである。

それにしてもオープンエアで天然芝の球場は甲子園(こちらも改装が終わったらしい)、神戸、広島とすべて関西以西。
名古屋以北は一つもないというのが情けない(コストバカは東日本の方が多いということか)。
私なんぞは埼玉在住だけれども西武ファンではないのだが、もし西武球場が天然芝のオープンエアになったらせっせと足を運ぶと思う。今年のライオンズのユニホームは格好いいし。

ちなみに久米宏はこのこけら落としの試合を観戦するらしい。そのため明日の「ラジオなんですけど」は岡山から放送するそうである。いまから新球場の感想が楽しみである。

おっとそれから、、、
「ラジオなんですけど」新アシスタントの堀井アナはなかなか良かったです。なんと堀井アナは土曜日は2時起きで、早朝はみのもんたとテレビをやって、午後、久米宏とラジオをすることに。これはこれですごいですね。しかも「ラジオなんですけど」の裏番組がみのだし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/20

「遅れた者が勝ちになる」

先週末の「久米宏ラジオなんですけど」の特集は「野球場の思い出」だった。
この放送を聴いて初めて知ったのが、新しい広島市民球場についてであった。
もちろん現在の広島市民球場が今年でなくなることは知っていたが、来年オープンとなる新球場がどのようなものなのかは知らなかった。
それがこれである。
内外野ともに天然芝の屋根なし球場は、左右が非対称でファールグラウンドが狭く、より臨場感があるつくりになっているという。
まるで大リーグの球場のようで、「日本にもついにこんな野球場ができるのか!」と思う一方で、これだけの球場でいつでも野球観戦をできる広島ファン、というよりも広島市民全員がうらやましい。

続きを読む "「遅れた者が勝ちになる」"

|

2008/04/03

楽天ファンがうらやましい

いま、日本で一番幸せなのは楽天ファンなんじゃないか、なんて思ったりする。
もちろんヤクルトファンだって気分がいいだろうし、中日ファンの私だって上々の気分である(とくに昨日、一昨日)。でも、楽天ファンの場合は盛り上がり方が違うでしょうね。
あれだけ弱かったチームがシーズン開幕当初とはいえ2位。貯金ができたのはチーム創設の開幕1勝目以来とのこと。それが野村監督を迎えて3年目、ついに花開きつつある。
球団創設以来、応援してきたファンにしてみれば、これはたまらん気分でしょう。
今節の試合はウィークデーのデーゲーム。春休みとはいえ結構、客も入っているのもむべなるかな。

それにしても、、、
近鉄の消滅にともなって「いいとこどり」して合併したはずのオリックスが、チームとしての体をなしていないのも対照的。
あるいはアホの上にアホを重ねたように戦力補強したにもかかわらず開幕以来いまだ勝ち星のない某球団とも対照的。
それだけに野村監督の手腕がいっそう光る。

いまもっとも旬な「ハレ」を味わえる仙台の人たちは幸せだ。

|

2007/10/12

亀田のライセンスよりもTBSの放送免許を取りあげるべきである

暗澹たる気持ちになった試合。ひとことで言えば、昨日の内藤-亀田戦を見た感想はそういうことになる。
ただし亀田親子に対してではない。この試合を放映したTBSに対してである。
もちろん亀田親子のボクシングに対する姿勢はまったくもって論外だ。昨日の試合内容や態度、ラウンドの合間の父や兄からの小声のアドバイスの内容などはボクシングと呼べるものではなく、そもそもこの親子にはボクシングに関わる資質が皆無であることは明らかだし、ライセンスを取り上げるべきだという批判もうなずける。
しかし、それでもなお彼らもまた被害者なのではないか思うのである。
ひょっとすると亀田親子はボクシングに熱中はしているがちょっとピント外れの、ちょっと粗野だが素朴な人間性の持ち主なだけなのかもしれない。
ま、それはわからないが、少なくともおよそ真っ当なボクシングとは縁遠いこの親子を煽りたてて視聴率取り=金儲けの道具にしたのは間違いなくTBSである。言葉は悪いが亀田親子は単なる猿回しの猿であって、最大の問題は彼らを後ろから操っていた連中だ。

しかも昨日の試合でTBSが卑劣なのは、日本人同士の注目の試合ということで、「公平性」を打ち出したことだ。もちろん放送は圧倒的に亀田寄りではあったが、それでも最後のところで「公平」を口実に亀田が負けた場合の「保険」を自分たちにだけしっかりとかけたのである。

「視聴率が取れれば」、あるいは「売れれば」なんでもいいのか?という疑問が提示されることはよくある。これに対する私の答えは「視聴率を取ること」「売れることは」非常に重要だということだ。したがって視聴率競争や販売競争がなんでもかんでも悪だというつもりはないし、むしろ利益を上げるという行為自体はまったく正しいのは当たり前のことである。
しかし同時に、いくら儲かるからといってもやってはいけないこともある。昨日のTBSの放送はその許容限度をはるかに越えていたと思う(亀田戦はいつもそうだが)。
ここでTBSがとくに批判されなければならないのは、電波という公共性が高く、しかも圧倒的に影響力の大きい媒体の事業者であるということだ。にもかかわらずプロレスのような興業ならともかく、真っ当なスポーツのありようをまったくのでっち上げによってねじ曲げたあげく、自らが持つ「装置」で宣伝しまくるというのは、ボクシングにおいて相手を抱えて投げつけるのと同じく禁じ手である。
その意味で昨日の試合はこの局が放送事業者としての資質に欠けることを十分すぎるほど露呈したわけで、亀田のライセンスを取り上げるよりも、まずTBSの放送免許を取りあげるべきである(もっともこの状況は他局においても、また新聞においても似たようなもので、要はこの二つのメディアというのはそもそもロクなものではない)。

最後に昨日の試合のそれ以外の雑感
・あの手の番組は、生放送を見逃した場合、自分で録画したものを見るよりも、ニコニコ動画で見たほうがはるかに面白い。また生で見ていても、あるいは結果がわかっていても改めてニコニコで見るのは面白くしかもその面白さが圧倒的。日本ではyoutube以上のアクセスがある理由が改めてわかった。
・内藤の「国民の期待にこたえたい」というキャッチは自分的には今年の流行語大賞。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

2012年総選挙 731 AMラジオ iPhone iPod&携帯 TPP 『東京電力福島第一原発とマスメディア』 お笑い かくもさまざまな言論操作 オール電化住宅と原発 サッカー スポーツ ソーシャルメディア テレビ帝国の教科書 トヨタ ドキュメント ドキュメント出版社 ニュース パソコン・インターネット ベースボール マスゴミ マスメディア崩壊 メディア メディア・ファシズム ラグビー リストラ、失業 中日ドラゴンズ 今上天皇 伊集院光 健全な法治国家のために声を上げる市民の会 光文社争議団 原子力資料情報室 原発 原発再稼働反対デモ 告発 国民の生活が第一 国賊 小沢一郎 平成の壊国 広告 御用学者 志木電子書籍 戦後史の正体 戦後日本の思想 政権交代 新刊案内 旅行・地域 日本未来の党 日経 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 最高検 有田芳生 WEB勝手連 東京都青少年健全育成条例 東京電力に破防法を適用せよ! 東日本大震災 検察審査会 検察&メディア 民主党 民主党代表選挙 特別公務員職権濫用罪 田中康夫 田中良紹 社会 福島第一原発事故 経済・政治・国際 自動車 菅直人 落語 落選候補 親指シフト 言論操作 貧困 週刊岡庭昇 選挙 郵政省解体論 雑誌 電子書籍 霞が関独裁 音楽 風流夢譚 鳩山連立政権