« 涙の会見の後に小佐古敏荘氏を待ち受けていたのは…… / 2014年7月1日のFacebook記事 | トップページ | 原子力ムラの広報を掲載する朝日新聞の「原発事故前と変わらぬ体質」 »

2014/07/17

中・韓と米国が戦う蓋然性は「永遠の0」(田中康夫) / 2014年7月2日のFacebook記事

以下、7月2日のFacebook記事。


********************
10464182_280890728757010_8307961829

つまり、もはや日本は法治国家としてのタガが完全にはずれた、「なんでもアリ」の国になったのだと愚考します。
集団的自衛権の是非論以前に、このような解釈改憲をすることはリーガルマインドの有無の問題であって、為政者にこれが根本的に欠落しているというのは、慄然とする事態であると思います。


********************
田中康夫(@loveyassy )さんの4連続ツイートをまとめました。

①侵略を瞬時鋭敏に防御するのがファイアーウォール=外交交渉も含む個別的自衛権の要諦。 自国に直接何も影響がなくとも押っ取り刀でお節介に参戦の集団的自衛権とは、昨今のサイバーテロ&先の2つの大戦から何も学ばず、反撃大歓迎と自ら挑発するファイアーウォール全壊・全開「お花畑宣言」w

②韓国は以前から米国の同盟国。中国は今や米国の輸入最大相手国(カナダ、メキシコに続く日本は今やW杯同様に4位なのよ(涙))。 「今、そこにある危機」だとお花畑論者が喧伝する竹島・尖閣問題で日本と”対峙”する両国と、リアルポリティックスの米国が戦う蓋然性は実は「永遠の0」なのね

③詰まり今回の「拙速な英断」に基づき今後、集団的自衛権行使を日本が米国から要求されるであろう事案は、 我が日本とは利害得失の何れも≒「永遠の0」地域、国家に”返り血”というウイルス感染を自ら求めて勇躍お出掛けするナイチンゲールも真っ青な究極のヴォランティア精神と化すのね(涙)

④戦勝国が設定した無条件降伏なる「戦後レジーム」からの脱却を声高に唱和する面々が、 豈図らんや戦勝国の更なる要求≒無条件参戦に応えるべく「戦後レジーム」の固定化を図る自己撞着の悲喜劇が今回の王道ならぬ覇道・破道・刃道!”ちょっとだけよ”ドリフターズもビックリ「戦時だョ!全員集合」


********************
「集団的自衛権行使を容認する閣議決定を受けて」~ 生活の党代表 小沢一郎


|

« 涙の会見の後に小佐古敏荘氏を待ち受けていたのは…… / 2014年7月1日のFacebook記事 | トップページ | 原子力ムラの広報を掲載する朝日新聞の「原発事故前と変わらぬ体質」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/59997415

この記事へのトラックバック一覧です: 中・韓と米国が戦う蓋然性は「永遠の0」(田中康夫) / 2014年7月2日のFacebook記事:

« 涙の会見の後に小佐古敏荘氏を待ち受けていたのは…… / 2014年7月1日のFacebook記事 | トップページ | 原子力ムラの広報を掲載する朝日新聞の「原発事故前と変わらぬ体質」 »