« 今年の◯と☓ | トップページ | 足を踏む側、踏まれる側 ~ 名護市長選と都知事選の違い »

2014/01/09

東京都知事選 ~ 細川出馬なら、宇都宮氏は勇気ある撤退を

以下はfacebook版「誰も通らない裏道」に投稿したものですが、こちらにも転載します。


--------------------
ちょっと古い数字で恐縮ですが、以下は私の住む埼玉県志木市に隣接する新座市で2008年に行なわれた市長選挙の結果です。

須田健治  62 無所属 現 17559 (自公推薦・当選)
田中幸弘  51 無所属 新 17381
保坂フミ子 72 無所属 新  6756 (共産推薦)

2008年というと政権交代の機運が盛り上がっていた頃です。
次点の田中候補は元民主党市議で、5選を目指す現職市長に挑戦。当時、民主党の市議が一枚岩ではなかったらしいのですが、それにもかかわらず178票差という僅差で敗れました(田中氏は2012年にも挑戦したが、この時には6選を目指す現職に1万票差で惨敗)。
ところが、この票数を見れば一目瞭然ですが、共産党が推薦候補を出さなければ、おそらく田中氏は2万票前後まで伸びて、自公候補に勝てたものと思われます。
つまり、結果的に自公をアシストしたのは共産だったわけです。

さて、なぜこんな古い話を持ちだしたかは、もうおわかりだと思います。

東京都知事選。

ここへ来て細川護煕が立候補する可能性が高まってきたようです。
細川が出なければ、前回の都知事選における猪瀬と同じく舛添の圧勝だったと思いますが、細川が出てくるとなると様相はガラリと変わってきます。
しかも、首都東京で原発を争点にした知事選がおこなわれるとなると、これは3・11後、最大のターニングポイントとなる選挙となる可能性が高いでしょう。

もちろん、細川という人物を心の底から信用できるのかはわかりません。しかし、一方で同じく反原発で小泉純一郎がつくという話も流れています。
私はここでも何度か書いていますが、小泉という人物が、その良し悪しは別としてブレないことは確かだと考えています。
したがって、細川・小泉連合が原発推進へ再転向することはないと思うのです。

となると、これは反原発候補としては相当に強力な「タマ」ということになります。

そこで問題になってくるのが、社・共が推す宇都宮候補です。
もし私が都民で、細川が出ないのであれば、宇都宮氏に投票したと思います。ただし、これは積極的な投票行動ではなく、前回の衆議院選挙、参議院選挙と同様、引き算に引き算を重ねた末の投票行動、つまり「勝てないけど、仕方ない」という、袋小路の中での選択です。
宇都宮さんには大変、申し訳ありませんが、要するに現状では勝てる候補ではありません。

一方、細川であれば、これは宇都宮氏とは比較にならないほどの大勝負となることが予想されます。
が、だからこそ、原子力ムラは死に物狂いで勝ちにくるでしょう。
なにしろ、原子力ムラの本年の最大目標は、原発の再稼働です。にもかかわらず、もし東京で反原発が勝てば、連中がたくらんでいる今後のスケジュールは根本的に変わるはずで、そのダメージは計り知れません。
それだけにあぢらも必死になるわけで、細川、舛添で大接戦になることも予想されます。

問題はその時に、反原発側の票が割れて、冒頭の新座市長選挙のようなことになったら、、、
国家百年どころか千年、万年の計にも影響を及ぼす、悔やんでも悔やみきれない結果となってしまいます。

もし細川が都知事になれば、新潟県で孤立する泉田知事にとっても強力な援軍となるでしょう。
東電は、今は泉田氏に頭を下げてみせていますが、腸は煮えくり返っているわけで、次の選挙が近づけは原発推進候補を擁立して泉田追い落としへ一直線に走るでしょうが、そういう動きにも歯止めをかけることができます。

私はこれまで東京都知事選にはあまり関心がありませんでしたが、反原発を掲げて細川が出るというのであれば、是非とも勝って欲しいと思いますし、そのために反原発側はできうる限りの手を尽くすべきだと考えます。

したがって、細川が出馬した場合、宇都宮氏の勇気ある撤退を求めます。
--------------------

|

« 今年の◯と☓ | トップページ | 足を踏む側、踏まれる側 ~ 名護市長選と都知事選の違い »

コメント

日本共産党はある意味自民党などの保守勢力のもう一つの補完勢力であると考えると説明がつく。一方では原発を必要とし、他方では脱原発を「必要」としているのだ。要するに双方とも現状体制が変わってもらっては困るのだ。つまり原発がなくなってもらっては困るってこと。

投稿: ワカミタフリ | 2014/01/22 10:36

ごめんなさい。重複しているかもしれません。・・・ずるい事かもしれません。でも、やらずにはいられません。これ、あちこちに書き込みます。映画「東京原発」を見ましょう。非合法かもしれませんがYoutubeでも見れます。僕は3.11前にこれを見てました。今、後悔しています。僕も傍観者だったことを。

投稿: snow | 2014/01/19 17:33

「RK独立党員による宇都宮事務所探訪記・参考記事です。」へのコメント
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201401/article_82.html#comment

まーこれまでの情勢から票読みをもとにユダ金の不正選挙作戦を分析すると、

1.ユダ金は必ず田母神を低得票で当選させるために票割候補細川を担ぎ出してきたということ。
2.それは前回次点の宇都宮氏のガチ得票を抑えるためでもある。

そして田布施人脈が勢ぞろいして応援する細川がユダ金にとっても最後の切り札であり、細川以後に前記2条件を満たす手駒はもうないので、これで田母神低得票当選のために票を割る新たな有力立候補は出ないということです。もし公明や維新やみんなや民主が独自候補を立てればいかにムサシと創価幸福の田布施カルト組織票を動員しても田母神へまわす票がなくなってしまいますからね。まわせばあまりにも不自然な得票になって、票を割った意味がなくなってしまいますw

そしてユダ金が不正選挙を犯行に及ぶとき絶対に必要な条件があります。それは「低投票率」すなわち投票総数が少なくなければ票を割って田母神が接戦混戦を少ない得票で抜け出すことができなくなるからです。

ということで、「前代未聞の低投票率捏造」作戦が今回も使われることは間違いありません。なんせ相手は一つ覚えのバカユダ金ですからw

よって都民が今回の不正選挙の証拠を現行犯で押さえる選挙監視を行うには現実の投票総数を正確に把握記録して選管発表と照合すればよいということになります。具体的には、
1.都内すべての限られた期日前投票所へ投票に来た人数を一人残らず算定記録すること。
2.投票日にすべての投票所で投票に来た人数を一人残らず算定記録すること。

これで正確な真の投票総数が明らかになります。都内各大学の大学生や小中高生徒を動員して社会科実習ボランティア(無給)選挙監視団を結成すれば、有権者数800万程度の都内限定選挙なら1票の数え間違いも起こらないでしょうねw

そして、もちろん高投票率下のガチの投票なら宇都宮氏が大差で勝利するでしょうw

投稿: 通りがけ | 2014/01/17 21:38

まさに然り。私もかつて呉市の市長選挙について共産党に全く同じ事を言いました。党本部から返ってきたのは「いつも共産党から共闘を提案しているのだが〇〇党が拒絶するのだ」という答えだけです。彼らには党の存在を主張する考えしかないのかな?と思います。自分達だけ3では勝てない、という意識っがなく、【自共対決】というスローガンに酔っているみたいですね。

投稿: zenbo | 2014/01/14 19:20

ツイッターに投稿した通り、完全に同意見です。今後ともいい意見を。

投稿: edspense | 2014/01/11 16:09

まったく同感です
いま「脱原発のうねり」をつくることできなければ政治家ではありません。
ニホンを壊し、弱肉強食の社会にしてしまったあの人の言う
「脱原発」が本物なら怒りを棚上げにし連携すべきです。
「脱原発」を訴えることが選挙の目的ではありません。
「脱原発」を成し遂げねば意味はありません。
この機会を逸すれば二度と「脱原発」の灯をともすことはできないでしょう。最大にして最後の機会です。

投稿: えちごや智 | 2014/01/10 08:59

 宇都宮さんは無所属で、共産党と社民党が推薦していますが、共産党や社民党の方ではありません。
 宇都宮さんの業績で有名なのは、サラ金など、多重過重負債で苦しんでいる人の救済だと思いますが、宇都宮さんの講演でも、サラ金関連の法改正で強力な推進力になってくれたのは、自民党の議員だったと言われていました。住みよい社会にするために、宇都宮さんは党派を超えてあらゆる国会議員に働きかけ、活動されてきたと思います。
 自民党の議員にも脱原発の考えの方がいるはずです。むしろ、そうした方は宇都宮さんを支援されたいのでは、と思うほどです。
 舛添さんは、自民党の推薦は集票に邪魔なだけだと発言されたそうですが。

 昨年の都知事選では、宇都宮さんは脱原発を掲げ、落選後も、脱原発の運動は始まったばかりだと、各地域で市民や区民を相手に勉強会を催されていました。
 市民の手に政治を取り戻し、市民が納得しながら学びつつ、脱原発を進めるには、宇都宮さんがよいと私は思います。

投稿: うつけんシンパ | 2014/01/09 18:40

全く同感です。
最近の衆院選や参院選でも、共産や社民の候補が出たことで票が割れ、数字的に一本化すれば勝てたはずの候補が敗れた例も多々あったと思います。
小泉氏については、今のデフレや非正規雇用の増大などの結果を生み出し、個人的には許せない人間ですが、反原発の主張の一点については賛同できますし、その発信力については、他の人の追随を許さないものなので、反原発の流れを呼び起こすためには必要な人物だと思います。
宇都宮さんのこれまでの弁護士としての活動には、素直に支持したいのですが、こと選挙になると、どうしても地味さが拭えません。
細川さんが出て、小泉氏の支持がつくなら、宇都宮さんには勇気ある撤退をしてもらえたらいいなと思います。
これ以上、分裂選挙で敗れるのを見たくはありません。

投稿: hide | 2014/01/09 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/58913384

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都知事選 ~ 細川出馬なら、宇都宮氏は勇気ある撤退を:

« 今年の◯と☓ | トップページ | 足を踏む側、踏まれる側 ~ 名護市長選と都知事選の違い »