« 特定秘密保護法案は霞ヶ関独裁のタガの締め直しである | トップページ | 「ごちそうさん」は現代の『細雪』なのかもしれない »

2013/12/17

なぜ、「御用ジャーナリズム」は特定秘密保護法に反対したのか?

今さらながら特定秘密保護法について。

もとよりこの国は秘密だらけなのであって、市民が情報公開を求めてもけんもほろろの対応をするのが日常の光景である。
今回の議論の中で、「一般市民には関係がないから心配ない」という言い分があったが、それは「国のやっていることに疑問を持って、おかしな詮索をしなければ関係ない」という意味であって、要するに「国民はギャーギャー騒がずに黙っていろ」というのが、この国の権力の過去から現在に至るまでの一貫した姿勢だ。

ところで──。
今回の特定秘密保護法の成立過程において、個人的にもっとも違和感があったのは、いわゆる「御用ジャーナリズム」が、突然、反対を表明・唱和したことだった。
あるブロクでは「特定秘密保護法を巡って主要メディアが久しぶりに政府批判に足並みをそろえた」と評価していたが、その他の論調も「さすがにこの法案の中身はひどい」ということで記者クラブメディアも目が覚めたのだろうと好意的に解釈する論調が多かったような気がする。

しかし、本当にそうなのだろうか? と思うのだ。

たとえば田勢康弘。この人物は日頃から「政治の世界を三十年以上(あるいはもっと長かったかもしれないが)も見続けてきた職人」を自称している。このフレーズを見ると私は失笑してしまうのだが、それはさておき──。
まあ長く政界にどっぷり使った「政事記者」であれば、今回の法律は与党が本気になればいとも簡単に成立することは最初からわかっていただろう。

ところが同じく「政事記者」の岸井成格。
この人物は特定秘密法について「こんな杜撰な法律が成立するとは思わなかった」と言った。

そもそも彼らは前回の衆議院選挙、参議院選挙で自公圧勝、ねじれ解消を導いた立役者たちである。そういう連中が、今回だけは「これはいけない」とジャーナリスト心に火がついて特定秘密法案に反対したのだろうか?

私はそんなことはあり得ないと思うのである。
なにしろ彼らは成立は間違いないことをわかっていたのだから。

だとしたら、彼らはなぜ反対したのか? なんのために???

結論。

自分たちは御用記者ではなく、「政府にモノ申すジャーナリストである」ということを宣伝するために。

ここ数年、マスメディアは消費税増税の旗振り役を務めてきた。消費税増税はしないと公約して圧勝した民主党を罵倒して政策転換を求め、それが原因で民主が惨敗するとアベノミクスを絶賛! めでたく消費税の増税は決まった。
そして現在は、マスメディアの筆頭である新聞社が軽減税率を適用するよう求めている。日本新聞協会が出している「新聞への消費税軽減税率適用に関する意見書」とやらによれば、

 新聞は、国の内外で日々発生しているニュースや情報を正確かつ迅速に人々に伝達するとともに、多種多様な意見ないし評論の提供を行っていることを直視しなければならない。新聞が日本の社会で果たしているこの役割は、長年にわたり維持され、広く浸透していて、人々の生活への密着度は、衣食住の必需品につぐものといってよいほどの重要さを示している。これについての具体例として、一つだけ、2011年3月11日に発生した東日本大震災の際に果たした新聞の役割のことに言及すれば、十分納得できるであろう。被災地の人々は、電気が切断されるなどの隔絶状態において、新聞を手にして紙に印刷された情報を得たとき、何ものにも代えられない救いを感じたとのことである。

笑わせてくれる。3・11でもっとも見直されたメディアは、私見ではラジオだろう。「電気が切断されるなどの隔絶状態において」もラジオは聴くことができた。だからこそラジオは災害時の最重要インフラとして見直されている。

とそれはさておき、、、

つまり、新聞社は「自分たちはジャーナリズムだから」ということで軽減税率を求めているのである。
そのためには、「自分たちは御用じゃないんだ、ジャーナリズムなんだ」ということを示す必要があった。その最大の好機が特定秘密保護法反対だったのではないか?

ちなみに新聞社の連中というのは、アベシンゾーともよく会食しているらしい。
ということは、案外、永田町界隈の料亭でこんな会話でもしているのかもしれない。

(以下、すべてフィクションです)

「総理、特定秘密保護法は成立確実ですね」
「そんなこと、あんたたちだってわかってるでしょ」
「もちろん。だけど、毎朝読捨としては今回は反対の論陣を張りますよ」
「なんで?」
「ここのところ、毎朝読捨の部数も広告収入も落ちてましてネ。日頃からお願いしている軽減税率はどうしても適用してもらわないといけないンです」
「それは大丈夫だけどね」
「ええ、それもわかってるんですけど、適用にあたっては新聞社はジャーナリズムだからという理由を明確に打ち出さないと、ここのところ御用新聞とかなんとか、毎朝読捨への風当たりも強いンです。そこで、ここは一発、成立することはわかってるけど、特定秘密保護法反対をドンと打ち出して、どうだ、新聞はジャーナリズムをやってるだろ!というところを世間に見せたいわけです」
「あんたたちも大変だね」
「なので、別に本気で反対するわけではなくて、あくまでポーズですから、そこのところをヨロシク♡」
「んじゃ、乾杯!」

なんてね。
「お前、証拠はあるのか?」と聞かれればもちろんないですけどね。
でも、まったく証拠のない遠隔操作ウイルス事件の容疑者がどんなにひどい仕打ちを受けてもなんの報道も批判もしない新聞社さんですから、あなたがたにケチつけられるいわれはありません。

|

« 特定秘密保護法案は霞ヶ関独裁のタガの締め直しである | トップページ | 「ごちそうさん」は現代の『細雪』なのかもしれない »

コメント

「アベノミクスはパチンコ店の違法賭博経営そのものw」

安倍は徳州会から献金をもらっていない。違法賭博業界のパチンコ業界から莫大な秘密献金をもらっているからねw

そもそも日本に違法な暴力団事務所やパチンコ賭博業店舗が大きな顔をして存在するのは安倍下痢臓の父親安倍晋太郎が自民党国会議員になったからである。安倍晋太郎の財布を膨らませるために警察を使って暴力団やパチンコ業界を取り締まらず野放しにさせてきた。自民党議員はいまや安倍家の裏金という臭気ふんぷんたる違法資金にいっせいに群れたかる糞バエ以下の下種外道集団に成り果てて、甘い下痢を漏らす安倍しんぞうの糞まみれの尻を舐めて小学生にも劣るテイノウ痴鈍学歴詐称公選法違反愚物を総理大臣に押し上げたのだw

安倍しんぞうはこどものころから読み書き算盤がまったく出来ない筋金入りのテイノウだから家の経営はもとより会社の経営はおろか国家の経営などできるはずもないハクチである。そのハクチが国家経営の参謀として信奉師事するのは子供のころから自分の家に沢山金をくれてきたパチンコ屋の経営者だけであるのは言うまでも無い。
よってアベノミクスの正体が出血大サービスと宣伝してサクラを使って大量の出玉を演出偽装するパチンコ店の違法な詐欺商法そのものになるのは理の当然であるねw小学生でもまるわかりですw

警察がパチンコ店の違法営業を取り締まらないのはパチンコ屋が警察に違法献金や賄賂就職斡旋刑事犯罪を常習しているからである。

亀井が徳州会から献金を受けても別段違法ではない。徳州会は合法な医療法人であり違法なパチンコ業界ではないのだから。

安倍がパチンコ業界から莫大な違法な裏献金を受けていることは衆知の事実である。安倍しんぞうはパチンコ推進議員連盟の現会長なんだからねw

検察もパチンコ業界から違法な便宜提供を受けて天下り賄賂接待などの甘い下痢じゃなかった汁にありついている。
だから検察は合法法人徳州会の亀井への合法献金を冤罪起訴し、安倍しんぞうへの違法業界パチンコ屋からの違法献金を見てみぬ振りをしてるんだねw

まー奇形司法(裁判所検察)と警察は戦後発足以来戦犯GHQと売国奴戦犯ヒロヒト宮内庁の違憲行政命令どおり一度も憲法を守ったことが無い設立以来の全身全霊憲法99条違反の純然たる内乱罪テロ組織だから、さもありなんw

街に跳梁跋扈する無知無法無礼の警官どもよ、お前ら全員今の政府の命令を聞いている限り外道売国テロリストでありつづけるのだw恥を知るということを家庭でしつけられなかったのかね?嘘つきは泥棒の始まりとか礼節をもって振舞えとか目上を敬い目下を可愛がれとかの日本人の先祖代々伝来の躾を受けたかい?w

投稿: 通りがけ | 2013/12/18 16:59

裏道さんのフィクションには妙にリアリティーがありますネ。本当にありえそうです。因みにNHKも今さらながら秘密保護法に疑問視報道しているようですが、矢張りアリバイ作りでしょうね。

投稿: センカンムサシ | 2013/12/17 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/58771995

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、「御用ジャーナリズム」は特定秘密保護法に反対したのか?:

« 特定秘密保護法案は霞ヶ関独裁のタガの締め直しである | トップページ | 「ごちそうさん」は現代の『細雪』なのかもしれない »