« 日本最大の不敬企業を見逃して、直訴を袋叩きにする日本の病 | トップページ | 「天皇の政治利用」の名の下に気に食わない議員を潰すことこそ
「天皇の政治利用」である »

2013/11/02

「小沢叩き」と「太郎叩き」

山本太郎叩きが物凄い勢いである。

読売新聞社説
山本議員の直訴 天皇の政治利用に自覚がない

・3K
陛下に手紙手交 礼失する山本議員の行為

・早川忠孝
山本太郎氏の議員辞職を求める

まあ、その他有象無象による大バッシング。
私はこの光景を見て2009年から始まった小沢バッシングを思い出した。
そういえば、叩いている顔ぶれも既視感のある面々が多い(笑)。

小沢一郎と言えば、いまや完全無罪の人だ。ところが、この国のメディアや政治家は、総理大臣を目前にした野党第一党の代表を引きずり下ろした(もちろん実行犯は検察だが)。
では、なぜ小沢は引きずり降ろされたのか? それはマスメディアや政治家の後ろに控える霞ヶ関にとって、小沢総理大臣は、正しい意味での「体制の危機」だったからだと思う。
小沢「事件」の経緯について、ここで書くことは差し控えるが、この経緯、そして検察が検察審査会までいってやったことをつぶさに検証すれば、日本が法治国家であることが疑わしく、また小沢を民主党の座から引きずり下ろした面々にリーガルマインドがあるとは到底思えない。
で、まあそういう面々が今度は「山本太郎を処分しろ」と喚いている。

早川忠孝は言う。

「国会議員が公衆の面前で、天皇に直訴して天皇に何らかの政治的行為をさせようとしたのだから、この非行は絶対に不問にしてはならない。」

山本太郎は、天皇陛下に「福島の現状を知って欲しかった」と言っている。
山本太郎の手紙を仮に陛下が読まれたからと言って、現在の立場で「政治的行為」ができるわけではないし、それは手紙を渡した本人だってわかっていることだろう。
そして、山本太郎を批判する側は、手紙の内容ではなく、もっぱらそのやり方に批判の的を絞っている。
だが、そもそも「福島が大変なことになっている」というのは政治的主張なのだろうか? 

私の考えでは、福島(だけではないが)の現実は子々孫々にまで影響を与える重大なもので、それは事実だ。
ところが、この国では「福島の現状はコントロールされている」「福島第一原発の事故は収束した」などという“キテレツな政治的主張”がある
まさに山本太郎が言うところの「子どもや作業員」を放置した破局事故の責任企業が、それゆえに1000億円の黒字を計上すると「熱心なコストダウン」の結果だという。
つまり、東京電力にとって、事故処理、賠償、福島を中心として放射能の影響を受けざるを得ずに生活する人びとはすべてコスト、つまり自らの企業活動の「敵」なのであって、そのコストをできる限り下げたいというのが、この会社の歴然とした意志なのである。
しかも、この国のメディアや政治家は、この東電の企業意志を「是」とする立場にある。

こういう「現実」を前に、徒手空拳から国会議員となった山本太郎が、天皇陛下に手紙を渡した行為を、当ブログは断固支持する。
また、メディアも含めた権力の側が、これだけヒステリックに苛立っているということは、その行為が的にあたっていることの証拠でだと思う(ちなみにこれは体制内批判者というポジションに安住している、たとえば共産党にはできないことだ)。
だからこそまた山本太郎には言いたい。
「第二の小沢にならぬよう、気をつけろ」と。

|

« 日本最大の不敬企業を見逃して、直訴を袋叩きにする日本の病 | トップページ | 「天皇の政治利用」の名の下に気に食わない議員を潰すことこそ
「天皇の政治利用」である »

コメント

山本さんは国民に被爆の問題を訴えてきた。
マスコミは本当の事を伝えない。
議員になって園遊会にエントリーできる事を知った。
そして国民では無い人にも被爆の被害者がいた事に気づいた。
その人へは情報がブロックされているかもしれない。
その人にも本当の事を伝えたい。
それの何がいけないのか?
知っている者として知らないかもしれない人に知らせる義務を感じる。
これは公人・私人を超えた「人として」という事だと思う。
直訴とか請願とか言っているのは「人間は自分に利する事しかしない」という
卑しい心を持った人達が自分がそうだから他人もそうだと決めつけて言っている事。
私は山本さんを支持します。

投稿: snow | 2013/11/03 09:06

やったことそのものは叩かれる類のものではないと思いますが、こういう事態はある程度予測できたのだから、もう少し考えて行動した方が良かったように思います。
山本さんには、頭の切れるブレーンがいないのでしょうか?
だとしたら、早くそういう人を山本さんにもつけてあげた方がいいと思います。
いずれにしても、ここまで以上なほどの「太郎叩き」は、「小沢叩き」を彷彿とさせますね。

投稿: hide | 2013/11/02 19:12

山本議員の行為・方法は間違いだと思います。
それは、天皇もその位の認識はお持ちだと思います。ことさら天皇陛下のお立場を利用したとしか思いません(マスコミニ取り上げられる事で)、電力会社については、日本の企業だろうか疑問に思います。これほど倫理と離れた所で企業活動をしている会社とは、・・・・情けないと思います。
その事に付小泉元首相は、正義感も強いし第一に度胸がある方だなと、改めて感心しました。そうゆう人だから多くの支持を受けているのだと思います。山本議員も名も知れた知名度が他の議員より有るのですから!。
また山本議員は、以前神奈川県が瓦礫の受け入れを知事が決めた事に付き、反対側に立っていたのではと思っております。被災地に住む私たちに何の配慮もなかったのでしょうか。多くの人が「絆」などと考えている時に、事の順序を口にする事・負を分かち合おうとする県知事、山本議員には理屈で行動せずにと思います。

投稿: kawaziri sigeki | 2013/11/02 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/58497694

この記事へのトラックバック一覧です: 「小沢叩き」と「太郎叩き」:

« 日本最大の不敬企業を見逃して、直訴を袋叩きにする日本の病 | トップページ | 「天皇の政治利用」の名の下に気に食わない議員を潰すことこそ
「天皇の政治利用」である »