« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013/07/25

野田佳彦の除名、議員辞職勧告こそ「今でしょ!」

前エントリー(民主惨敗の理由は「もし山本太郎が原発賛成派に転じたら?」と考えればすぐわかる)は、Yahoo!のトピックスに掲載されたため、7月22日は当ブログ開設以来、最高アクセスとなった。
が、だからといって民主党のことを再び書くつもりはなかった。というのも、もはやこの党のことは関心外であるからだ。
しかし、昨日来のニュースを見ていたら、もう一度、書きたいことが出てきてしまった。

7月21日の参議院選挙の結果を受けて、民主党は菅直人の除名に動き出した(あわせて議員辞職勧告もしているそうだ)。
ま、菅直人を除名にすることは悪いことではない。ただし、その理由は今回の参議院選挙で公認候補を応援しなかったからではないだろう。そもそも、公示2日前に公認候補を引きずり下ろすこと自体が、執行部の失態だ。
では、なぜ除名にすべきかと言えば、それは2010年参議院選挙の敗北の責任以外にないと私は思う。そして、これについては幹事長だった枝野幸男も同罪である。

今回の参議院選挙での枝野幸男。聴衆は限りなくゼロに近かったという

しかし、その菅や枝野以上に除名に値する人物がいる。
それが野田佳彦である。

そもそも昨年の衆議院選挙、今年に入っての都議選、参議院選のいずれもにおいても民主党が大敗を喫した原因は、この政党に対する信用が完全に崩壊したからだ。
では、なぜ信用崩壊は起きたのか? それはウソをついたからだ。
ウソをついたのは誰か? 野田佳彦である。

野田佳彦のウソと言えば、誰もが思い出すのは上の演説だが、私はそれ以上に罪の重いウソは福島第一原発事故の収束宣言であると思う。

上記の動画の30秒あたりからをご覧いただきたい。

「万一、何らかのトラブルが生じても、敷地外の放射線量が十分低く保たれるといった点が、技術的に確認をされました

・東電、汚染水の海洋流出認める 福島第1原発

・湯気発生の3号機5階 最大2170ミリシーベルト計測 福島第一

参議院選挙が終了した途端、東京電力は上記の発表などを始めたが、そもそも野田佳彦の収束宣言自体がまったくのまやかし、ウソであることは多くの識者が指摘してきた。
にもかかわらず原子力ムラの意を汲んだだけの収束宣言をしたことは、後世の歴史に残る大嘘だったことは明らかである。
そういう大嘘つきの応援を受ければ選挙が厳しくなるのは当然であって、別に菅直人が無所属候補を支援したからといって公認候補が落選したわけでもない。むしろ↓の2ショットの方がはるかにマイナスだろう。

992816_655267007834188_909958394_n

それにしても、、、
今週に入っての民主党の動きを見ていると、本当に何もわかっていないんだナと思う。
執行部は菅や鳩山を処分して、維新やみんなとの連携を模索したいらしい。
ま、おやりになりたければおやりなさい。ただし、橋下徹、石原慎太郎、渡辺喜美と連携しても2009年に民主党を支持した有権者の多くは「アホか」と思うだけだろう。

ということで、まあ民主党など、もはやどうでもいいのだが、最後にひと言だけ言っておこう。

野田佳彦の除名、議員辞職勧告こそ「今でしょ!」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/07/22

民主惨敗の理由は「もし山本太郎が原発賛成派に転じたら?」と考えればすぐわかる

参議院選挙は事前の予想通り、自民が圧勝し、民主党が歴史的惨敗をした。
なぜ、民主党はこれほど負けたのか。今後、党内で総括が出るのだろうが、理由は簡単だ。
それは以下のように考えればいい。

もし、山本太郎が突然、「議員になっていろいろと勉強して役人の話も聞いた結果、やっぱり原発は必要だということがわかりました。したがって再稼働は必要だし、核燃料サイクルも必要です。これからはそれを全力で訴えていきます」と言ったら?

山本太郎を支持した東京都民645,505人のみならず、彼に期待した日本中の人びとが失望して激怒することは間違いない。結果、参議院議員として6年間は安泰でも、次の選挙では誰からも相手にされず(ま、原発推進派からは少しだけ相手にされるかもしれないが)、落選するだろう。
当たり前のことである。
そして、民主党はそれをやったのだ。だからこれほど有権者はここまで民主党を見放したのである。
それはもう個別の政策云々の話ではない。根本のところで「フザケルナ!」と激怒したのだ。たとえ自民が圧勝することがわかっていても、「あんたらの顔はもう見たくない」となったのである。

思えば6年前の参議院選挙は、小沢一郎が民主党代表として臨んだ初めての選挙で圧勝した。
私はこの選挙の投開票日の夜は法事があり、クルマに乗っていたのだが、昨日の自民のように次々に民主が当選してワクワクしたものだった。
そしてその盛り上がりをそのまま次の総選挙まで維持した。ゆえに政権交代が実現した。

ところが3年前の参議院選挙で菅直人は突然、消費税増税を持ちだした。
結果は大敗。
たしかに2009年の政権交代後鳩山政権は普天間問題で迷走し、マスメディアと検察の合作による小沢一郎に対する「政治とカネ」の捏造バッシングもあった。が、菅に交代した直後の支持率は政権交代後と同じレベルで復活していた。つまり、民主党に対する期待は十分にあったのである。

歴史に「もし」を言っても仕方がないことだが、もしここで民主党が総選挙時と同じ公約で突き進めば、普通に勝っていただろう。そうすれば、今回の自民圧勝の結果があっても「ねじれ」は継続することができ、今後3年間に予想される安倍政権のメチャクチャな暴走に対して、非常に有効な歯止めとして機能したはずである。
その意味で菅と枝野(幹事長)の責任はとてつもなく重い。そして菅直人に消費税増税を叩き込んだ財務官僚に凄みを感じる。

今回の選挙について渡辺喜美は「民主党の崩壊が自民党の大勝につながった最大の理由だ」と述べたそうだが、この認識は基本的な部分で正しいと思う。

さて、問題はこれからである。
与党はこれだけ勝ったのだから、今後3年間は国政選挙をしないだろう。
ということはこの間に、安倍政権はその危険さとバカさ加減を丸出しにして、憲法から原発、TPPに至るまでメチャクチャに暴走する。
そうして3年後を迎えた時に、果たしてこの与党に対抗できる野党はいるのだろうか?
はなはだ心もとないという他はない。

共産党は確かに伸びたが、この党はある意味これが限界でそれ以上にウイングを広げることは難しいだろう(それでも日共のみなさんにも頑張っていただきたい)。
小沢一郎の生活も大敗北。今後どのような道を辿るかはわからない。

そう考えると今回の参議院選挙では、山本太郎が当選したことだけが希望の光だ。
山本太郎は自民圧勝という豪雪のなかで、来るべき春に備えて雪の下から出てきた芽である。
したがって、この芽を全力で応援し、かつ守り、かつ伸ばすことが重要だ。

山本太郎は絶対にブレない。これは間違いない。
それだけに、今後、権力側はさまざまなプレッシャーを浴びせてくるだろう。おかしなスキャンダルを流すかもしれないし、検察が小沢一郎に対して行ったような捏造事件を仕掛けてくるかもしれない。
また一方で考えられないような懐柔策に出てくる可能性もある。

それでもブレることなく原発問題に取り組んでいけば、山本太郎の力、影響力はどんどん大きくなっていく。
今はもうそれに期待するしかない。

ということで、当ブログでは山本太郎氏の当選を心から祝すとともに、彼の努力に最大限の敬意を表します。

1005152_159350494250955_707551442_n


| | コメント (38) | トラックバック (0)

2013/07/20

あえて学歴で批判する
成蹊小学校→(エスカレーター)→成蹊大学
日本の総理がこれでは困る

和田秀樹著『東大の大罪』という本を読んだ。
一部、首肯しがたい部分もあったが、全体として大変に面白かった。
いかその一部を引用してみる(太字はいずれもブログ主)。


引用その1

 ところがいまのお金持ちに、そういう発想はありません。ビジネスで巨万の富を築けば「成功者」としての尊敬を得ることができるので、自分の息子を東大に入れようとは思わない。小学校や中学校から(場合によっては幼稚園から)私立大学の付属校に入れて、大学を卒業したら事業を継がせるのが、最近の基本的なパターンです。
 これまで日本では、いわゆる「学歴社会」を批判する声が、おもにマスコミを中心として通奏低音のように流れていました。
「学歴だけで人を判断してはいけない」──それはたしかにそうでしょう。人間の値打ちを学歴だけで計ることができないのは当たり前です。
 しかし、だからといって「知」に値打ちがないわけではありません。それどころか、知性は低いより高いほうがいいに決まっています。


引用その2

 これでは、外交という政治の一分野を考えただけでも、国の先行きが不安になります。首相や外相から外交官にいたるまで、外交を担う人材は、どの国もきわめて高度なエリート教育を受けてきた人間ばかりだからです。
 実際、あの北朝鮮でさえ、エリートには相当な教育を施しているでしょう。いや、人口が少なく、経済力も低い国だからこそ、エリートがしっかりしていなければ国がもたない。北朝鮮という国家を肯定するわけではありませんが、国そのものは惨憺たる状態であるにもかかわらず、イランにミサイルを売ったり、大陸間弾道ミサイルの打ち上げに成功してアメリカを威嚇したり、世界でもっとも精巧な偽ドル紙幣を作ったりしながら今日まで国家を維持しているのですから、エリートたちの知的レベルはきわめて高いはず。「悪知恵」も知恵のうちです。


引用その3

 世界の先進国を見渡すと、そういう国はあまり多くありません。ふつうの国では、最高のエリート教育を受けた人間が政治的リーダーになるのが一般的です
 典型的なのは、フランスでしょう。前大統領のサルコジ氏は「久しぶりに非エリートが大統領になった」と言われましたが、彼は大学出の弁護士でした。それでもエリート扱いされないのは、グランゼコール出身ではないためです。
 事実フランスでは、政治指導者も官僚も大半がグランゼコール出身です。保守系の政党はもちろん、左翼系の政党も、幹部はグランゼコール出身者ばかり。二〇一二年の選挙でサルコジを破って新大統領になったフランス社会党のフランソワ・オランド氏も、パリ政治学院(社会科学系のグランゼコール)の出身です。
 政治指導者が高い学歴を持っている点では、アメリカも例外ではありません。この二〇年ほど、アメリカでは単に「大学出」というだけでは大統領になれなくなっています。ビル・クリントン氏はエール大学のロースクール出身ですし、知性の点で揶揄されることの多いジョージ・ブッシュJr.氏も最終学歴はハーバード大学の大学院でした。現在のバラク・オバマ大統領も、ハーバード大学のロースクールを出ています。
 戦後の日本も、バブル経済が崩壊するまでは、総理大臣といえば東大法学部出身のエリートが中心でした。田中角栄氏のような例外もありますが、吉田茂、鳩山一郎、岸信介、佐藤栄作、中曽根康弘といった有力な総理大臣は、軒並み東大法学部です。一橋大(旧・東京商科大)出身の大平正芳首相でさえ、陰口を叩かれたぐらいです。
 ところがバブル崩壊時(一九九一~一九九二年)に政権の座にいた宮澤喜一氏を最後に、東大法学部出身の首相はいなくなりました。民主党で政権交代を実現した鳩山由紀夫氏は東大出ですが、法学部ではありません。理系の工学部出身ですから、少なくとも国会議員に転じた三〇代後半までは、政治指導者としての研鑽を積んできたとはいえないでしょう。つまり「失われた二〇年」のあいだ、日本には東大法学部出身の宰相が一人もいなかったのです。
 (中略)
 とはいえ私は、東大法学部出身の政治家がリーダーになればうまくいくと思っているわけではありません。同じ東大出の政治家でも、いまと昔では質的に大きな違いがあるからです。いまの「東大出」は、真のエリートではないと言ってもいいでしょう。
 というのも、一九九三年に退陣した宮澤喜一氏まで、総理大臣を務めた東大出の政治家は、みんな「東京帝国大学」の出身でした。戦後の学制改革で誕生した「新制東大」を出て首相になったのは、いまのところ鳩山由紀夫氏だけです。新制東大の法学部は、まだ一人も総理大臣を出していません。


まあ東大法学部出身者が総理大臣になればそれでいいというわけではない。しかし、一国のトップになる人物というのは、やはりそれなりに勉強をして、高い教養を身につけている必要は絶対にあるだろう。
発言や行動が一般庶民レベルでは困るし、そんなことでは他国のトップエリート相手に丁々発止などできるわけがない。

そこで現総理大臣の安倍晋三である。
この人は、成蹊小学校からエスカレーターで成蹊大学卒業だ。
安倍は1954年生まれだが、一般的にはこの世代は学習時間も多かったし、受験勉強もそれなりにやらなければ大学に入学できなかった世代である。旧制よりもレベルは低くなったかもしれないが、それなりの勉強はさせられている。
そういう時代に小学校からエスカレーターということは、一度も受験勉強をしたこともなく、大学を卒業したということだ(ゆとりの先取りですね)。
もちろん、成蹊大学は立派な学校だと思う。しかし、そのイメージは裕福な親があまり子どもを苦労させずにのんびりと大学まで卒業させてあげる学校というもので、猛烈に勉強するというイメージはない。

ちなみに私が卒業したのは成蹊と似たようなレベルで、付属は高校からしかなかった。
もし仮に世襲政治家がこの付属高校出身だったとして、総理大臣になりそうだとなったら、「そりゃ、めでたい」と思うより「ヤバイんじゃね? ニッポン」と思うだろう。

そして実際のところ、、、
安倍晋三の知的レベルはエリートのそれとはかけ離れているように見える。

総理大臣が立憲主義からの離脱を表明しても問題にならない国

安倍首相「有名な憲法学者」の名にポカン 「芦部信喜知らないって…」支持者もドン引き

安倍首相が芦部を知らない事の危うさ:早分かり決定版

演説を妨害されると「左翼の人達」とfacebookに書き込むその感性からは、およそ知性のカケラも見られない。

諸外国は日本の総理大臣になった人物を徹底的に研究するだろう(もちろ日本だってやっている)。
そうして分析すればするほど、「取るに足りない人物」という結論しか出てこないはずだ。

習近平を相手にじっくり話をしたオバマが、安倍晋三とはまともに会談もしないのも、案外と理由は単純で、安倍をトップエリートと認めていないということなのかもしれない。

もとより学歴で人間のすべてが決まるわけではない。
しかし、この人は同世代と比べても勉強をしない一方で、しかしなんの苦労もなく大学を卒業したというのでは、少なくとも日本のトップとして求められる資質をまったく持ちあわせていないことは事実だ。
そんな人物が「原発事故を乗り越えた」といって海外に原発を売り込み、憲法のことをよく知りもしないのに改憲を叫ぶ。
明日の選挙はそういう体制を継続するかしないかの選択であり、その結果が「継続」となれば、以後3年間、国政選挙はない可能性が高い。
その意味で今回の参議院選挙の結果は大変、重大であり、心して投票しなければならないと思う。

※最後に付け加えておくと、もし3年前の参議院選挙で当時総理大臣だった菅直人が消費税増税を言わなければ、おそらく民主党は普通に勝っていただろう。その場合、今回の選挙を経ても、なお参議院のねじれは続いていたことになる。それは、安倍政権の暴走に対する非常に有効な歯止めとなったはずだ。したがって、あの3年前の参議院選挙の結果をもたらした、菅直人、枝野幸男(当時幹事長)の責任もまたきわめて重い。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/07/08

2010年参議院選挙で民主党を大敗させた菅直人・枝野幸男の大罪

もう1本、facebook版「誰も通らない裏道」からの転載です。

********************

3年前の夏。勤めていた会社を早期退職した私は、とりあえず次の職を探す前に有田芳生さんの選挙を手伝いました。
そして、この選挙は民主党にとって非常に大事なものでした。
というのも、2009年の総選挙で圧勝した民主党でしたが、この勝利をさらに確実なものにして政策を実行するには、この参院選の勝利が必要だったからです。
それを誰よりもわかっていたのは小沢一郎でした。
だから、普天間問題で迷走した鳩山由紀夫と「政治とカネ」の問題でメディアに袋叩きにされた小沢は一緒に辞任したのだと思います。
すべては参議院選挙の勝利のために。
実際、菅政権の出だしの支持率は、非常に高いものでした。
したがって、普通に選挙をやっていれば、普通に勝てた選挙だったことは間違いありません。

ところが、、、
その選挙を普通でなくさせたのは菅直人本人でした。
この男は突如、消費税増税を口にし始めたのです。
財務大臣時代、すっかり財務官僚に洗脳されたことは明白で、「このままでは日本はギリシャのようになる」というデタラメを口走り始めました(ちなみに財務省は海外に対して「日本は財政危機ではない」と説明しています)。

これで民主党に再び吹き始めていた風がガラリと変わりました。
この時に選挙をやっていた身としては、まさに味方の総大将が後ろから鉄砲を撃ってきたわけで、以降、「何をやっているんだ、民主党は」という有権者の声に対してとにかく弁明から始めなければならなくなりました。
実際、ビラを配っていても、「菅直人はケシカラン」と怒っている人は山のようにいても、「小沢はケシカラン」という有権者は少なくとも私は一人も見かけませんでした。

そうして選挙結果はご存知のように大敗。自民(最近は「じたみ」というそうですが)の復活を許してしまいました。
その意味で、この時の菅・枝野(幹事長)という執行部の責任は本当に重大でした。
ところが、この二人は選挙後も居座り、メディアもこれを容認します。
この年の秋には民主党の総裁選があり、菅・小沢の対決となりました。小沢の演説には迫力があり、また聴衆も明らかに小沢支持に見えましたが、マスメディアは菅支持にまわり、結果、菅が再選されました。

ちなみに、この投票日。なんと検察審査会で小沢の強制起訴の議決がなされています。つまり、もし小沢が再選されたらすぐにこの件を持ちだして袋叩きにする準備ができていたわけです。
そして、この強制起訴については、素人の検察審査員に対して地検特捜部の検事が、虚偽の捜査報告書を提出していたことが明らかになっています。
就中、この検察審査会をリードした補助弁護士は公正中立どころか元検察官で、しかも脛に傷を持つ訳あり弁護士、さらには小沢一郎の小石川高校時代の同級生(同じクラス)だったことが明らかになっています。
もう一つ付け加えるならば、この弁護士を推薦した東京弁護士会は、会長個人の判断でこの弁護士を選んでいます。
まさに底知れぬ闇といってもいいでしょう。

話を元に戻すと、こうして菅が総理を続けた結果、国民の政権交代への期待は完全に崩壊したわけです。
私は菅や枝野、そして野田、前原、、、といった連中の何が最大の罪かと言えば、この点にあると思います。
現在の民主党は、もはや再び再生することは難しいでしょう。
なぜなら、この党の信用が崩壊したからです。
組織にとって何よりも重要なのは「信用」です。それが崩壊したのだから、つまり民主党は今風の言い方をすればブラック政党になってしまったわけです。

もし、3年前の参議院選挙で民主党が普通に勝っていれば、たとえ今回の選挙で自民が勝っても「ねじれ」は続いていたことになります。
それは現政権が行おうとしている憲法改正、原発再稼働、TPP、デタラメな経済政策に対してかなり有効な歯止めとなったはずです。

そう考えると、鳩山後に政権を担った民主党の面々、なかでも菅と野田の罪は本当に重大で、歴史に銘記されるべきものだと思います。

********************

関連リンク
・誰も通らない裏道(2010/07/13)
参議院選挙 ~ ズッコケ軍団の奇跡 その1

| | コメント (9) | トラックバック (0)

史上最大の人災・福島第一原発事故の最大の責任者である安倍晋三は、歴史の評価に耐えられない

以下はfacebook版「誰も通らない裏道」に書いたものの転載です。

********************

1044190_649135271780695_1726404055_

今回の参議院選挙の争点は経済とねじれの解消であり、選挙結果は自民の圧勝だとマスメディアが流布しています。
アベノミクスを礼賛する言説は山のようにありますが、福島第一原発事故における安倍晋三の責任について追及する論調はメディアには一切ありません。

おそらく参議院選は自民が勝って、霞ヶ関を中心とした既得権益グループ(そのなかにはマスコミも当然入ります)による独裁が完全に息を吹き返すのでしょう。
彼らにとっては、まさに我が世の春の到来です(東京電力社長が、新潟県知事に対して慇懃無礼な態度を見せるのも、参院選後の政局を見越してのことでしょう)。

しかし、福島第一原発の破局事故という人類史上最大の人災は、どんなことがあっても収束しません。そして、それをどんなに隠そうとしても、事態のさらなる悪化は顕在化していきます。
したがって、どんなに自民が勝とうとも、いずれ福島第一の重荷がボディーブローのように政権を揺るがすものと私は推測しています。

そもそも、この人災の最大の責任者である安倍晋三が、原発を再稼働させたり、原発を輸出したりするというのは、到底、歴史の評価に耐えうるものではありません。

-------------------
Q(吉井英勝):海外では二重のバックアップ電源を喪失した事故もあるが日本は大丈夫なのか
(安倍晋三):海外とは原発の構造が違う。日本の原発で同様の事態が発生するとは考えられない
Q(吉井英勝):冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
Q(吉井英勝):冷却に失敗し各燃料棒が焼損した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
Q(吉井英勝):原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測や復旧シナリオは考えてあるのか
(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない

2006年、共産党・吉井英勝衆議院議員(当時)の質問主意書に対する答弁より
-------------------

********************

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »