« 『検察崩壊 失われた正義』とクーデターに加担したメディアの責任 | トップページ | 本日、「9.11小出さんと温泉だら飲みオフ」開催
当ブログ主も参加します! »

2012/09/07

もし、細野豪志が総理になるなら、試されるのは日本人自身である(追記あり)
+お知らせ

細野豪志の民主党代表選出馬が取り沙汰されている。
現時点では朝日が「見送る方向」と書き、読売は「出馬の意向」と書いていおり、どうなるかは予断を許さない。
ただ、次期総選挙で惨敗必至と言われ政党としては(とくに候補者)、とにかく選挙に有利な代表を選びたいという意識があるのは当然で、となれば野田<細野ということになるのだろう。

少し前、テレビかラジオのニュースで、アナウンサーがさらりと、まるでもうそれが既定事実であるかのごとく「国民的人気の高い細野氏が、、、」と言っていた。
私は瞬間的に「その根拠はなんなんだよ」と思ったが、普通にこのニュースを聴いている視聴者は、「細野=国民的な人気」という何の根拠もない情報を「そんなものかな」と刷り込まれることになるわけで、実に巧みな印象操作である。

しかし、では政治家としての野田と細野は何が違うのか?
福島第一原発の破局事故は収束したと、閻魔大王も腰を抜かすウソをつき、福島、及びのその周辺地域の人びとのことなど一つも顧みずに原子力ムラのパペットと化しているという点については何も違わない。
野田は原子力規制委員会の人事を国会の承認なしに自らの一任で決めるらしい。
民主主義もヘッタクレもない、なりふり構わぬ原子力ムラに対する忠誠ぶりだが、細野とてこのスタンスに変わりはない。

そうしたなかで私が怖いなと思うのは、細野が民主党代表→総理大臣→総選挙勝利となったケースだ。
霞が関や原子力ムラにとって、現状、野田民主党ほど使いやすい政権はない。しかし、次の選挙結果がどうなるかわからない。
そうしたなかで、メディアが風を吹かせて細野総理で民主党中心の政権を継続させれば「細野の政策が承認された」ということになる。
これは恐ろしい事態だと思う。

木下黄太氏は本日更新のブログの冒頭で「細野環境相⇒細野民主党代表⇒細野総理になるのなら、この国は行きつくところまで行ったということになる。」と書いている。

私もまったく同感だが、さらに言えば、細野が総理大臣になった場合、試さられるのは有権者である国民自身だろう(橋下のケースもすでにそうだが)。
次の総選挙は福島第一原発の破局事故後、初めて行われるものだけに、霞が関や原子力ムラは死に物狂いの勝負を仕掛けてくるはずだ。当然、メディアもその意向に沿った「風」を吹かすだろう。
その「空気」に惑わされることなく、きちんと真贋を見抜くことができるか。
まさに日本人が試される局面だが、個人的には甚だ悲観的にならざるを得ない。なぜなら、日本人というのは、世界一、言論操作に弱いから。

※田中康夫「にっぽん改国」(9月6日付)
(下線強調部分はブログ主)
********************
「チェルノブイリ事故後、ウクライナでは健康影響を巡る訴訟が多発し、補償費用が国家予算を圧迫した。そうなった時の最終的な被害者は国民だ。日本という国が崩壊しないように導きたい」。
8月26日付「毎日新聞」掲載の、山下俊一日本甲状腺学会理事長の“呆言”です。「国民の安全を保証する」よりも「行政の面子を優先する」トンデモ“誤用”学者です。
「放射能の影響はニコニコ笑ってる人には来ません。クヨクヨしてる人に来ます。これは明確な動物実験で判っています」と「3・11」直後に講演した彼は、福島県放射線健康リスク管理アドバイザーとして県内の子供の甲状腺検査を「差配」しているのです。8月30日、その御仁が副学長を務める福島県立医科大学で開催された「私的懇談会」終了後に細野豪志環境大臣は、来年度から福島県民を対象に「ゲノム=全遺伝子情報」解析調査に着手、と語りました。
翌31日、県内の子供からDNAを採取し、「通常と異なる塩基配列や遺伝子の異常を見付ける」経費を来年度予算の概算要求に盛り込み、「被曝が人間の遺伝子に与える影響について調べる」と環境省は発表します。
平均年齢10歳の県内の子供の3割以上に甲状腺異常=嚢胞が発見されているにも拘(かかわ)らず、「政府としてしっかりと(福島に)向き合っていく。遺伝子の調査は直ぐに不安の解消には繋がらないかも知れないが、人間の根源的な遺伝子を調べる事で将来への予防になる」と胸を張る細野“二股番長”は即刻、霞が関から程近い虎の門病院で、オツムの思考回路をX線CT検査すべきです。
喩(たと)えたなら、洪水の危険性が高い地域にも拘らず、即時実施可能な住民避難も堤防補強も家屋移転も敢えて怠り、数十年後に完成予定のダム建設に向け多額の調査費を計上するが如き。実に本末転倒です。彼も又、「国民の安全を確保する」よりも「業界の利権を優先する」トンデモ“二股大臣”なのでした。
静岡県三島市が選挙区にも拘らず、福島と並んで原発銀座の福井で後援会「福井・豪志の会」が発足、と9月2日付「福井新聞」に意味深な記事が掲載されました。「将来、党代表選に出馬する際には応援する態勢を作りたい」と「設立総会には企業の役員、市議、発起人の後援会関係者ら約120人が出席」しています。電力業界のディープ・スロートが以前、「物心両面で支援したくなる人物だ」と僕に囁いたのを想い出しました。
********************

<<<追記>>>
その後、細野は民主党代表選出馬を見送るというニュースが流れた。
本人的には伸るか反るかの大勝負を今回は避けつつ、しかし将来の総理候補としての価値は十分に上がったのでそれで十分ということだと推察する。
いずれにしろ、どこかでまた細野待望論が出てくる可能性は十分にある。


──── ! お 知 ら せ ! ────

来る9月11日の夜、複数のブロガー、ライター、ジャーナリストが、京都大学の小出裕章先生を囲んでひと晩、話を聞くという会が催されます。
この模様はUSTREAMで生中継され、またアーカイブもされる予定です。

参加予定者は

ざまあみやがれい!さん
日々坦々さん
@動画さん
たむごんさん
ジャック・どんどんさん
おーちゃんさん
本間龍さん
小野原雅夫さん
鹿島潤さん

といったメンバーで、当ブログ主も参加いたします。
詳細は順次、お知らせいたしますが、お時間があれば、是非、ご覧ください。

|

« 『検察崩壊 失われた正義』とクーデターに加担したメディアの責任 | トップページ | 本日、「9.11小出さんと温泉だら飲みオフ」開催
当ブログ主も参加します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/55598832

この記事へのトラックバック一覧です: もし、細野豪志が総理になるなら、試されるのは日本人自身である(追記あり)
+お知らせ
:

« 『検察崩壊 失われた正義』とクーデターに加担したメディアの責任 | トップページ | 本日、「9.11小出さんと温泉だら飲みオフ」開催
当ブログ主も参加します! »