« ブラック企業・東京電力の言い分を垂れ流すメディア | トップページ | ACTA強行採決 ~ 「奥さん、『VERY』を読んでる場合じゃないんですヨ」 »

2012/08/30

小室直樹のデモクラシー講座

小室直樹先生の未見の動画がYouTubeにアップされていた。
これが立川談志、桂三枝(現・桂文枝)とのからみだからそれだけでも面白いのだが、内容も大変に興味深い。
最初からご覧いただければそれでいいのだが、動画の下に少し書き起こしをしておきます。


《4分10秒あたりから》

談志「『先生いま何してらっしゃる?』って訊いたらね、日本がやればこの間の太平洋戦争に勝てたと、その思いがあってね、『そんなこと必要なんですか?』ってたら『キミ、必要じゃないか、すべてのことに対して、どうなしてこうなったかということを徹底的に調べるのは必要』とそれはそのとおりだと思う。『日本が勝ったらね、いいことないだろ』と言ったんですよ。軍人がえばるだけえばって。『それでいいんだと、えばるだけえばらせろと。そこで初めて立ち上がった時に日本のデモクラシーがあるんでね。それなくしてどこに日本のデモクラシーがあるか』って先生、さんざんっぱら言ってましたね」

小室「現在の日本ほどデモクラシーの誤解がはびこっている国はないですよ」

談志「簡単にいうと、どういう誤解が一番ですか?」

小室「どういう誤解といったって、一番日本人にとって理解ができないってのは、“政治家は公約を守らなくちゃならない”とこれがデモクラシーの第一歩ですけど、日本人に対してこれを理解させるくらい、困難なことはないですね

談志「ということは、公約は日本人は守らない人間なんですか?」

小室「そうなんです」

談志「守らない人間を守るもんだとしたところに無理があるということですね?」

小室「そうですそうですそうです。だからたとえば、青島が公約を守るって、あれだって守ると思ったらたちまちうやむや、守るのやめちゃいましたね。」

談志「あれが本来なんですか? 日本人の」

小室「だから、もしも政治家がですね、なんかの事情で公約が守れないということがわかったら、ただちに辞職しないといけない、本当は」

談志「そうすると、守らないだけの土壌がある、その土壌は直しようがないんですね」

小室「それがニッポン。というのはデモクラシーを理解してないから守らない」

談志「もともと守らないもんだというんだったら、あれは正当ですね。正当っていうより、ごく普通のことをやってるんですね」

小室「いや、だから、、、そうですね、“公約っていうのは守らなくていいもの”であれば。ということは日本人はデモクラシーの初歩の入門の手ほどきがぜんぜんわかってない、ぜんぜん理解できてない

談志「それを聞きたいんですよね。どうやっても日本人を分解すると、これは守らない性格のものなんだから、守ろうということをしちゃいけないんですか?」

小室「いや、だからそれだったならば、デモクラシーはやめましょうと」

談志「あ、そうか。デモクラシーってのは守ることなんですね」

小室根本は政治家が公約を守る。だからアメリカやイギリスでは、守れなくなったら、ただちに辞めなさいと、それだけはもう絶対ですよ

(中略)

小室「だからそれならデモクラシーをやめて独裁国家や専制国家にしましょうと。それだったらいいですよ」

談志「わいわい国家でいい、長屋国家でいいんですね」

小室「そうであるならば」

談志「デモクラシーにしないといけないんですか?」

小室「そんなことないですよ、それは世界中でデモクラシーでない国の方が圧倒的に多いですから」

談志「政治家が約束を守ることがデモクラシーなんですか? そうじゃないでしょ」

小室約束にもいろんな約束ありますけど、とくに絶対守らなくちゃならないのが公約。選挙の時の公約

三枝「それがデモクラシーの基本だと」

談志「それさえ守られていれば、デモクラシーが存在しているといいっていいわけですか?」

小室「そうですそうです。それを守っていれば」

↑で演説をしていいる人、この時点ではわりとデモクラシーを理解しているのかと思いきや、まったく理解していないただのスカタンだったわけですね(w。

それを「決める政治」だというのだから笑わせる。
メディアもこぞって消費税増税を支持したわけだが、この問題で問われたのは消費税増税の可否ではなく、デモクラシーマインドなのである。
野田がやっているのは「決める政治」ではなく、

「(国民を)キメる政治」

でしかない。

なおこの動画は、「いじめ問題」についても大事なことが語られており、(2)もあるので、是非、ご覧ください。

|

« ブラック企業・東京電力の言い分を垂れ流すメディア | トップページ | ACTA強行採決 ~ 「奥さん、『VERY』を読んでる場合じゃないんですヨ」 »

コメント

「山本美香殺人事件と憲法70条野豚内閣総辞職」

山本美香さん殺人事件を阿修羅を使って捜査しています。これまでの途中経過をごらんください。(長文陳謝)

(1)解放されたシリア人記者「死亡したカメラマンは自由シリア軍が殺害」
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/857.html

05. 2012年8月29日 12:21:50 : p9B89YgNYw
アルカイダなどにとっては欧米の記者は憎悪の対象でしかない
普通に殺されるのが当たり前
よほどの利用価値が無い限り殺すだろう

06. 2012年8月29日 12:59:47 : rWn9PLlcps
山本美香氏は日本人だがその取材フィルム(未発表)にシリア自由軍とCIAのつながりを証拠づける映像があったために(同行の佐藤某は美香記者監視の密命をうけたCIAスパイでありこいつがそれをCIAに通報した)CIAジャッカルシリア自由軍兵士によって機関銃で謀殺された。未発表取材映像は謀殺後とっくに処分されて死人に口なしの完全犯罪を達成したつもりだろう>バカCIA

07. 2012年8月29日 13:29:34 : rWn9PLlcps
>>05はCIA電通が企んだとおりのプロパガンダコメントを書き込んでいるが、電通のお仲間工作員くんかね?

08. 2012年8月29日 16:12:46 : qnuagDz2wU
武士階級が崇高で
商人関係が下賤だとの思想ははいただけないね。

09. 2012年8月29日 22:18:21 : 7tnqL1jpEs
あほみたいに反体制派に付いていくジャーナリスト
反体制派は行ってみればアナーキスト
曾ての植民地戦争の占領下のアナーキストなら英雄かも知れんが、これはただ反体制派と云うだけのやつらだ、そこを分かってないのか敢えてぶちまけているのか日本の中東ジャーナリストは??

10. 2012年8月29日 22:51:29 : Wr5cvCffrE
>6
なるほど、山本さんは「証拠隠滅」及び「口封じ」のために反政府軍に殺されたんですね。
殺しておいて、利用までするとは・・・
人間のクズですね

11. 2012年8月29日 23:02:44 : rWn9PLlcps
>08
わざと間違えるなよwざーとらしいミスリーディングはユダ金政府の手先工作員の常套手段だぜw

商人は農民工人がつくったものを売り買いしているだけで自分では何にも作っていない。だから下賤なのさ。

士農工商の士とは上杉鷹山のような正しい政治を行うものを言う。現代で言えば本当の意味での選良すなわち首相になる資格を持つ国会議員のことだ。現在日本に選良は一人も居ないがねw

12. 2012年8月29日 23:15:10 : rWn9PLlcps
まあ08のようなユダ金の手先がうじゃうじゃおった明治新政府が武士道階級を怖れて断髪令を出し刀狩りをして四民平等を文明開化の象徴に謳いあげたプロパガンダも、ユダ金死の商人が日本国内で活動しやすくするためだったんだから、いまも工作員がそこらじゅううじゃうじゃ湧いてもちっとも驚かないがねw
峠三吉が見破った「人間で無い人間と呼ぶに価しない私利私欲権力欲の亡者ども」こそが、昔天皇いまアメリカなんだからなw
(加筆:昔フリーメーソンいまイルミナティ)

13. 2012年8月29日 23:35:42 : rWn9PLlcps
≫10
もともと特A級戦犯麻薬王里見はじめが乗っ取った電通の資金援助でシリア政府軍の残虐行為(もちろんユダ金CIAの捏造だが)を報道させるために戦場に派遣された山本美香氏は、何も知らないまま自分の仲間だと信じていた反政府軍のジャッカルによって後ろから何発も銃弾を撃ちこまれて絶命した。
山本氏最期のビデオが編集されたものであることはすでに明らかになっているだろ。

>山本美香さんは日本でマスコミに採り上げてシリアに誘い込み、至近距離で首に一発の計画的謀殺でしょう。
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/842.html

14. 2012年8月30日 00:17:13 : Wr5cvCffrE
山本さんは気の毒だが結果的に生贄にされてしまったようだ
それにしても、いつから「反政府軍」が「自由シリア軍」になったんだろう。
軍事介入を予定している某国が「反政府軍に味方して参戦」では表記上、印象が悪いからかな?
某国は「○○の自由作戦」とか、いまだに「自由」を使うのが大好きらしいが、チャンチャラおかしいとはこのことだ。

15. 2012年8月30日 01:19:23 : rWn9PLlcps
>>14
そのとおりだ。

反イスラエルのイスラム圏ではつねに反政府勢力を自由解放軍に偽装する死の商人ユダ金CIAジャッカルは、日本国内では地位協定治外法権で米軍軍服を着て日本国領土領海領空をすべて勝手気ままに闊歩して虐殺略奪をほしいままにしている。

地位協定を破棄してジャッカルを日本から追い払うことは極く簡単である。国会で地位協定破棄動議を可決するだけでよい。動議から投開票終了まで30分程度で足りる。それだけの極小のてまひまだけで日本は江戸時代以前の品格ある独立を回復でき、ユダ金が311以来妨害し続けている福一石棺桶化を世界最高の民間技術を得手に帆あげて結集することで一年以内に達成できるのである。

16. 2012年8月30日 02:16:13 : rWn9PLlcps
>>13によりこれが戦場の流れ弾による偶発的な死亡では無く、山本美香氏個人を特定の標的にした銃による暗殺即ち計画殺人である証拠が示された。
直ちに日本国は暗殺実行犯を逮捕するために殺人課のベテラン刑事をシリアに緊急派遣せねばならない。

ベテラン刑事ならば刑事コロンボでなくとも殺人事件の第一容疑者が事件の第一通報者であるという犯人捜査の鉄則を熟知しているはずだから容易に犯人逮捕に到達することであろう。

17. 2012年8月30日 08:43:40 : QHWsBqdT7c
自由のために戦うことを先祖にさかのぼっても一度もない日本の百姓が恥ずかしくもなくほえてるな。日本人がシリア人だったら平穏なんだけどね。
山本さんだけ陰謀?そんなの理解できないね。
プレスセンターの砲撃で政府に都合の悪いジャナリストの末路を予言してるがこの動画のマスゴミの施設は綺麗だね。一目で体制側とわかるわ。www
国民の虐殺を統治の一手段とする政府がこんな内乱状態で綺麗なことするわけないことぐらい小学生でも判る。まづ気の小さい人は政府側についとこう。
ところで山本さんの右手の骨が見えてた。自由シリア軍が抵抗せず一目散に逃げてたら山本さんがこんなに撃ち込こまれなかったんだろう。一応、自由シリア軍かばってくれてありがとう。

18. 2012年8月30日 09:33:00 : rWn9PLlcps
>>17
図星をつかれてあわくって出てきたかwでも元々低脳だからコメントの中身がすっかすかだぜ、電通犬あっち行けー工作員w

まーついでに教えてやるが戦を好まないが戦をしても地上最強なのは日本人だ.
自由のために戦う?
日本人はムー大陸沈没後の地上で唯一自由な個人が協力して厳しい自然環境と戦い調和しながら営々と生きてきた同時代地上最高の常民の国である。

今米軍が最新軍事技術で世界最強を誇っているがその実体は日本の自衛隊員の優れた操縦技術に全部おんぶにだっこの張り子の虎なんだぜ、シラネーのかあほ犬w

(2)山本美香さんは日本でマスコミに採り上げてシリアに誘い込み、至近距離で首に一発の計画的謀殺でしょう。
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/842.html

26. 2012年8月29日 22:38:07 : Wr5cvCffrE
「誰が撃ったのか」なんて議論するだけ時間のムダ
日本はどうするかが問題
もちろん、何もしないのがベスト
「シリアに自衛隊を送る」なんてバカはやらないように

27. 2012年8月30日 00:17:31 : rWn9PLlcps
山本氏が死ぬ直前までその手で撮っていたビデオなら当然本人が倒れた後も回っていたはずであり、9発の銃弾が撃ちこまれたのなら銃声も9発以上録音されていなければおかしい。あのビデオの突然の終わり方は本人が死んでいる以上明らかに殺人現場にいた他者の手によってマスゴミ報道前に編集が加えられたという事実を証明している。編集したのは殺人犯本人か共犯者しかあり得ない。あのビデオを山本氏殺害直後に編集する機会があったのはそばに居た犯人だけだからね。

28. 2012年8月30日 00:32:49 : rWn9PLlcps
また、遺体の腕の銃創を見ると兵士が戦場で通常使う小口径の弾丸による傷では無い。アメリカのギャングやSWATなどプロの殺人者が好んで使う大口径の拳銃(44マグナムとか45S&W)による肉が削げ飛んだ破壊力の大きな銃創である。
よって、これが職業暗殺者による第一級殺人であることが遺体の銃創写真から証明された。

29. 2012年8月30日 01:42:08 : rWn9PLlcps
>>26
>「誰が撃ったのか」なんて議論するだけ時間のムダ
むだなのは議論すること。議論して時間をむだにせずただちに捜査官を派遣して厳重な犯人捜査を行うべし。
>日本はどうするかが問題
必要なのは日本人が殺されたのだから日本国として殺人犯を逮捕することであり、報復することではない。

>もちろん、何もしないのがベスト
刑事を派遣して殺人犯を逮捕検挙する。これがベスト

>「シリアに自衛隊を送る」なんてバカはやらないように
シリアが戦闘地域であることが確定した以上、憲法に従って直ちにシリアに派遣した自衛隊を帰国させて戦闘地域から離脱させねばならない。これは総理の職責そのものであり、自衛隊に帰還命令を出さなければ総理が憲法違反をはたらいたことになる。憲法で選ばれた総理が憲法違反を行えばただちに国家反逆罪同等の統治システム破壊テロ実行犯となる。即逮捕投獄決定であり、憲法70条の規定により即日内閣総辞職となる。

投稿: 通りがけ | 2012/08/30 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/55538831

この記事へのトラックバック一覧です: 小室直樹のデモクラシー講座:

« ブラック企業・東京電力の言い分を垂れ流すメディア | トップページ | ACTA強行採決 ~ 「奥さん、『VERY』を読んでる場合じゃないんですヨ」 »