« 郷原信郎 〜 「不信任案可決なら解散」が最悪のメッセージ | トップページ | 内閣不信任案は「アングル」か? »

2011/06/02

不信任案採決 〜 菅直人を支持する議員に覚悟はあるか?

内閣不信任案が本日午後、採決される。
可決されるかどうかは非常に微妙な情勢らしい(あくまでメディアの報道によるとだが)。

ちょっと馬鹿げた空想だが、もし自分が衆議院議員だったらどうするだろうと考えてみた。
まず明らかなことは、菅直人を支持する理由がないということ。
なぜ参議院選挙、統一地方選挙であれだけの惨敗を喫して菅直人が総理でいられるか。それは一にかかって東日本大震災と東京電力福島第一原発の大事故があったからだ。
つまり、この男は国全体を襲った不幸を千載一遇のチャンスとして政権に居座っているのである。
しかもその結果、事態はどんどん悪化するという二次災害が起きている。
であれば、この人物を信任することはできない。

しかしながら、では不信任をした後にどういう政権を作るのか?
おそらく小沢一郎には深い読み筋があるのだろうが、素人にはこれがとてもわからない。
小沢が原発問題について、真っ当かつ十分な危機感を持っていることは確実だが、そもそも原発を推進してきたのは、内閣不信任案を提出した旧与党勢力、わけても自民党だ。その自民党が政権に復帰していいのかというのもまた問題になる。
ということで、もし自分が投票する立場だったらそれなりに悩むだろう。

しかし、やはり信任はあり得ない。
今回の内閣不信任案の投票行動は、間違いなく歴史の審判を受けることになる。
その時に正しい行動をしたか否かは厳しく問われることになるし、そもそも次の衆議院選挙においても大きな判断材料になる。
菅直人を信任する議員にその覚悟はあるか?

|

« 郷原信郎 〜 「不信任案可決なら解散」が最悪のメッセージ | トップページ | 内閣不信任案は「アングル」か? »

コメント

3.11で菅首相であったおかげで東京が、日本が守られたとおもう。

①「3月11日の深夜の時点で、なぜベントは実行されなかったのか? あそこで格納容器の減圧が行われて冷却水が入っていれば水素爆発はなかった。菅首相の指示をなぜ東電は無視したのか? 」という池澤夏樹氏の指摘はまったくその通り。菅首相は原発現地に乗り込み、ベントの約束をしない武藤副社長では埒が明かず吉田所長に約束させて帰った。

海水注入も命令からずいぶんたって実施されている。

②東電は会社の利益を守り、原子炉を廃炉にする決定をすることはありえなかった。首相はは国民の安全を守る義務を東電と戦って果たしている。 海水注入がいったん停止されたことを自民党総裁が50分間国会で質問していたが、これは菅首相をやめさせたい東電トップ周辺が安倍元首相にリークした情報に基づくゆすりであった。 国民に公開しない情報を恣意的にリークしたこと、海水注入をとめることがよくないにもかかわらず主張せずに政府に従い?生半可な指示を現場に出したこと、注入を継続した所長を処分しようとしたこと、全部犯罪だと思う。 このことをはっきり国民に知らせないマスコミも同罪。

③2011年3月14日は、東電の清水正孝社長は、「現場から撤退したい」と政府に5回も電話で伝えている。 これに対し、菅直人首相は翌15日早朝、東電本店に乗り込んで「撤退は許されない。60歳以上の人間は現場に行って、自分たちでやる覚悟を持て」とまくし立てた。一部報道では、菅首相は、撤退するなら東電の存続は認めないと激怒した。官邸はこの日、東電本店に統合対策本部を設置している。その後東電社員は原発を逃げ出すことなく、命がけで収束に向けて働いてくださっている。

福島第1には広島原発4000発分の放射性物質があり、菅首相の厳しい対応がなければ、東電社員は原発を離れ、もちろん制御不能となり、今頃は東京も人のいない場所になっていたかもしれない。

原発事故がどもような経過をたどったかを自分で確かめもせず、原発対応が悪いといって党利党略、党内の自分の利益だけで不信任決議の賛成しようとした議員はまったく信用できない。

投稿: natureflow | 2011/06/14 14:40

自民党さん、禁断の一国会二不信任案やっちゃいな。
退陣表明で否決を得た後辞めない発言の特殊な事情があるんだから、国民は理解するさ。
日本は戦後日本国憲法に変わったんだ。
遠慮は要らない。
(間違いをただすのに遠慮しちゃいけないよ)
大日本帝国憲法なんか捨ててしまいな。

でも、これっきりですよ。

投稿: まる出し馬鹿 | 2011/06/06 07:19

菅直人氏は責任をもって福島原発制御(冷
温停止)→廃炉を図るべし。それまで国政を
執れ。総理の地位が有力者によって左右さ
れる謂われは憲法上になし。鳩山との約束
なんかホゴにせよ。そもそもこんな時、不
信任案をだした勢力、それに同調した裏切
り者が悪党だ。非国民(北鮮の手先ども)
との約束など気にかける必要はない。原発
制御で初めて災害復興に本腰が入れられる。

投稿: 高場静香 | 2011/06/04 07:56

>「俺は辞めるつもりはない」

あほ菅の考えは墓穴だらけだな。

一度不信任案を嘘泣きで否決しただけで来年まで総理でいられるつもりで居やがる。

馬鹿なお花畑だ。

考えてもみるがいい、小沢氏がコアな新進党メンバー20人ほどで離党して新党結成して会期延長に反対すれば野党とともに国会審議ボイコットすれば民主党は会期延長できなくなる。
自動的に国会終了して新たに臨時国会を召集しなければならない。

今国会の会期延長が通らなければいったん会期末閉会せざるをえず、次期国会冒頭で再度不信任案が提出できるんだぜw

臨時国会の冒頭で再び旧新進党から内閣不信任案が提出され、国会法に従いすべての法案審議に先駆けてその場で即採決されなければならないことになる。

今度はもう嘘泣きも通用しないだろうねw

そしてその採決で菅犯罪者首相の共犯者でありつづけたい犯罪者国会議員がどれだけいるのか、主権者国民の目にはっきりとしめされるだろうw

投稿: 通りがけ | 2011/06/03 16:31

霞ヶ関悪党猿回しの飼育猿国会議員どもが開く猿芝居茶番国会不信任案否決など何の関係もない。

放射能汚染テロ実行犯罪者の棲家は首相官邸や霞ヶ関や電力会社ではなく牢である。

ただそれだけのこと。

投稿: 通りがけ | 2011/06/03 10:24

お世話様です。
という訳で今回はこのお題で。

・しぶとさはゴキブリ並の菅直人
さて、不信任決議は否決されましたが、失礼ながら菅直人は2度も東日本大震災に助けられました。地震がなければとっくにこの男は総理の座から降りていたのになんという強運、いや、しぶとさだろうか。しかし自分がその立場だったら初めから否決の立場をとっていただろう。あの男は内閣総辞職なんかしないだろうし、被災状況からしたら選挙どころじゃない。一番疑問符が付いたのは原口一博の様に前日はあれほど息巻いて賛成の立場だったのに、今日になって否決というパターン。だったら亀井静香や田中康夫の様にしっかりと民主党を批判して菅直人に退陣願うという事をしなければダメである。小沢一郎も岩手県選出の議員だけにあの状況で解散総選挙をしたらどういう事になるのか分かっている。棄権というのは、最大限の抵抗。菅直人を辞任させるという目的はある程度達成したことは予想されていた事。小沢一郎が決して無理強いをして決議をさせなかったのは「来るもの拒まず、去るもの追わず」の精神があるからである。

申し訳ないが、渡部恒三が若手の名前を挙げていたが、どれも内閣なんぞ任せられない面々の名前だ。野田や枝野、玄葉、前原の名前を出している時点で終わっている。それとすぐに除籍を発表した岡田克也の非情さを垣間見た一日でもあった。困ったときだけの小沢頼みで後は追い出しに掛かるとは虫が良すぎる。

いずれにしても「闘争」は既に始まっている。ますます読めなくなってきている。


投稿: 阿部 裕 | 2011/06/02 23:21

菅は自分で仮免許=無免許公道運転という犯行政治を行ったと自白した犯罪者であるから、直ちに逮捕して懲戒免職し菅犯罪者内閣の決定した政策をすべて廃棄しなければならんね。

犯罪者総理には茶番国会による不信任あほ採決ではなく司直による逮捕起訴懲戒免職が相当である。

投稿: | 2011/06/02 21:04

「菅霞ヶ関小泉マスゴミ隷米癒着談合共謀憲法破壊テロ実行内閣に与する国会 」

菅総理の憲法破壊テロ政治手法は口蹄疫の畜産農家の私有財産である和牛を国家権力で強制的に大量虐殺した警察ファッショ暴走危機管理を行ったときから明らかな犯罪者政治手法である。
憲法破壊テロリストだからつねにその政治(自分で仮免許=無免許政治だったと自白したがw)は主権者国民の基本的人権を官憲の暴力で破壊するものばかりであり、それゆえに口蹄疫非常事態で国政選挙などできない、宮崎県の国民が非常事態の行動規制下で正常な投票行動ができない憲法違反の参院選を決行したのである。

そのような犯罪者が参院選大敗後も首相の座に居座り続けているのを国会は拱手傍観して憲法破壊テロ政治を手助けしてきた。ことに野党が誰も不信任案を出さなかったのは菅総理の憲法破壊テロ政治手法はもともと小泉自公連立政権の時に自分たちが始めた憲法破壊テロ政治手法だからである。菅総理と小泉自民党の共犯は明らかだ。

今度の東北大震災と福島原発事故放射能高度汚染重過失犯罪の危機管理においても、最初から菅総理の憲法破壊テロ犯罪政治による被災者国民への基本的人権侵害政策という棄民政策しか出していない。2ヶ月以上経過した今に至るまでずっと菅内閣の危機管理の中で被災者は憲法の基本的人権の行使すべてを国家権力で弾圧禁止され、まるで人間として扱われていないのである。
原発事故対策以前に、天災の被災者に対する菅霞ヶ関癒着談合内閣の憲法破壊テロ被災地対策の犯罪性を見れば、この犯罪者総理が不信任可決されれば被災地の選挙不能という憲法違反状態など無視して解散総選挙という訴追逃れを打ってくるのは明白である。

国会もすべて菅霞ヶ関憲法破壊テロリスト内閣の共犯者だから、菅が解散といえばいそいそとKYな総選挙に血道をあげるんだろうね、被災者ほったらかしで。

国民がどう審判するか楽しみだ。私は原発事故犯罪がらみで政府関係者から大量の逮捕者が出て総選挙がぶっつぶれるだろうことを期待せずに観測している。

投稿: 通りがけ | 2011/06/02 13:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不信任案採決 〜 菅直人を支持する議員に覚悟はあるか?:

« 郷原信郎 〜 「不信任案可決なら解散」が最悪のメッセージ | トップページ | 内閣不信任案は「アングル」か? »