« ニコニコ動画 ~ 【中野剛志】TPPで日本が滅ぶ(超人大陸2011.02.07) | トップページ | 【緊急】 民主党会派を離脱した16人を断固支持する! »

2011/02/15

惨憺たる政治とメディア ~ それでも私が楽観的な理由

先週から、仕事モードに入っていたため、あまり自分のブログの動向をチェックしていなかったところ、2月9日に急にアクセスが伸びていたので、「なにごとが起きたのか、、、」と調べてみたら、佐々木俊尚氏がtwitterで当ブログのエントリーを流していただいていたことが判明した。
このブログを立ち上げた当初は、まだtwitterは「来て」おらず、したがってアクセスが伸びる時というのは、有名な方のブログからのリンクが多かったのだが、一昨年の末あたりからtwitterからのトラフィックが増えた。特に佐々木氏のような方にtweetしていただいた時にはそれが顕著だったのであるが、それでも最初はわりと瞬間風速でドカンとアクセスが上がると元に戻るという感じだった。
ところが、ココログにtwitterの投稿ボタンがついたあたりから、そのtweetの持続力、伝播力が上がったように思う。つまり、「佐々木氏のような方がtweetしてくださる→それでブログを見ていただいた方がさらにtwitterのボタンをクリックして自分のアカウントでtweetしてくださる」という循環である。
確かに、このところ私自身も面白いブログを読むと、このボタンをよくクリックしている。これまでは面白いブログがあると、タイトルやアドレスをコピペしていたが、ほぼクリック一発でtwitterに投稿できるのだから、これは便利だ。
そうして、ソーシャルメディアの威力はますます増していく、、、

それにしても、最近のマスメディアの劣化というのは本当に凄まじい。
およそ、彼らが流すニュースの中で信じるに足るのはスポーツの結果だけなのではないか?と思うほどである。
ま、これは今に始まったわけではなく、したがって国民は長きにわたって権力と結びついたメディアにいいように洗脳されてきたわけだが、その様相がソーシャルメディアの登場によって大きく変わり始めた。
その第一段階となったのがブログなわけだが、次にtwitterが登場し、ソーシャルメディアの破壊力がさらに増した(facebookはただいま勉強中)。
何しろ、マスメディアがおかしなニュースを流せば、即座にこれがtwitterのタイムラインで俎上に上がり、そして批判や情報の訂正、修正がリアルタイムで行なわれていく。
新聞社が運営するサイトでは、毎日、深夜に社説やコラムが更新されるが、そこにおかしなことが書いてあると、新聞が宅配されるよりもはるかに前にその社説の問題点がtwitterで流れる次第である。
小沢一郎の「政治とカネ」にしてもTPP問題にしても、マスメディアの報道ぶりはメチャクチャだが、一方で小沢がこれだけ叩かれても依然として政治的な影響力を保てるのは、この報道を信じていない人が確実に増えているからだろう。つまり、ソーシャルメディアの力が増すことで、小沢一郎の政治生命は伸びているわけで、同様にTPPに疑問を持つ人が増えている。

私は見ていなかったが、一昨日のTBSテレビ「サンデーモーニング」で、毎日新聞の主筆なる人物が「(民主党は小沢一郎を)除名処分にすればいいんですよ。やましいことだらけなんですよ」と言ったそうだ。もし本当にやましいことだらけならば、新聞記者はそれを取材して書けばいいだけの話。ところがそれをせずに、ただ「小沢は悪いヤツ」というレッテルを貼ることで印象操作をしようとする。それで、かつては簡単に世論を誘導できたのだろうが、もはやその手は通じない。
案の定、twitter上では、この“主筆”に対する批判がドンドコ流れて、そしてリツイートされていった。

そして、私はこういう現象を見ていると、「確かに今の政治は自民党政権時代以上に悪いし、メディアもさらに劣化している。それをブログやtwitterで批判する人たちの意見にはまったくもって同意するけれども、しかしこの状況はソーシャルメディアの力によって少しずつ改善されていることは間違いないナ、世の中は少しずつだけどいい方向へ向かっているナ」と思うのである。
もちろん、この先も既得権益者による巻き返しは続く。それは間違いないが、しかしオープン化、フラット化の流れは、この高度に発達した独裁国家・日本においても止めようがない。そのプロセスの中で、マスメディアはいよいよもって視聴者や読者の信用を失い、やがて崩壊していくだろう、、、
ってあまりにも楽観的すぎる?

ということで、本日のエントリーの最後に面白いものをご紹介。
週刊誌の広告営業をやっていると、日常的に広告代理店からこんなメールが来るのです。

******
タイトル:記事チェックに関するお願い

各位

お世話になっております。

一斉メールで失礼いたします。

いつも○○グループの関連記事チェックにご協力いただき、
ありがとうございます。

ご存知の通り、昨今、○○グループ各社はネガティブな
問題が山積…という状況が続いています。

そこで改めて、今の段階で特に雑誌記事となる可能性のある
内容(ワード)をお伝えさせていただきます。

(中略)

記事を発見された場合は、必ずご連絡ください。

よろしくお願いします。
******

******
タイトル:○○社より【週刊誌にて記事掲載の確認のお願い】


お世話になっております。

○○社より記事チェックのお願いです。

先日より、××さんの件で報道されておりますが、
○○社が××さんをCМに起用している関係で、
今後発売の週刊誌にて、その関連の記事掲載が載るかどうか、
ご確認いただきたいと思っております。

○○社名の掲載有無に関わらず、××さんの記事掲載が
あるようでしたら、ご連絡下さい。

お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。
******


※冒頭に「仕事モード」と書いたが、「お前は会社を辞めた後、いったい何の仕事をしているのか?」という疑問を抱かれた方もいるかもしれない。
実は昨年の秋口から、少しく電子書籍に関わっている。制作サイドに近い部分での関わりだが、最近、自作した自分の名刺には「電子書籍エディター」と入れてみた。ま、フリーランスの肩書というのは、どうとでも書けますので(笑)。
で、この電子書籍については、近々、仕事をしてみて感じたこと、その将来性などを書いてみようと思っている(というような書き方をして、まったく書いていないことが多数あるが、、、)。

|

« ニコニコ動画 ~ 【中野剛志】TPPで日本が滅ぶ(超人大陸2011.02.07) | トップページ | 【緊急】 民主党会派を離脱した16人を断固支持する! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惨憺たる政治とメディア ~ それでも私が楽観的な理由:

« ニコニコ動画 ~ 【中野剛志】TPPで日本が滅ぶ(超人大陸2011.02.07) | トップページ | 【緊急】 民主党会派を離脱した16人を断固支持する! »