« YouTubeより転載 ~ 中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない! | トップページ | 速報 ~ 東京第一検察審査会に申し立てをしてきました »

2011/01/11

前田恒彦の「特別公務員職権濫用罪」 ~ そして舞台は今日から検察審査会へ

昨年、11月1日に私も告発人に名前を連ねて最高検に提出した、前田恒彦に対する「特別公務員職権濫用罪」での告発は、12月24日に1枚の「処分通知書」(不起訴通知)という紙きれが告発人代表に届いたことで終結した。

検察というのは、自分たちがストーリーを作り上げてでっち上げた事件については、マスメディアを総動員してリーク情報を垂れ流すが、一方、自分たちに都合の悪い告発については、これまた総力をあげてマスメディアに対して縛りをかける。
もっとも去勢されきったマスメディアは、そんなことはもとより以心伝心。時によっては大好きな「謎の市民団体による告発」も、その刃が自分たちと一心同体の権力に向かうのであれば完全無視するのは朝飯前。
最終的に告発が不起訴になるということを、ちょろりんと書く程度である。

ま、しかしわれわれ市民の側も最初からそんなことは予測していたことである。
であれば、この告発は粛々と次なるステージへと移行するだけのことだ。
そして、もちろんそのステージとは「検察審査会」への審査申し立て。

いやー楽しいですね。
法律の専門家は起訴できないという判断を下したけれども、一般市民としては「それはおかしいんじゃね?」と多くの人が思っていることでしょう。
是非、その市民感情に基づいて検察審査会で審査していただきたいものです。
確か二度、「起訴相当」の議決が出ると、「強制起訴」されるんでしたね。
そして、もし前田サンが強制起訴されたら、これはもちろん前田個人ではなく、検察組織全体に波及する問題となることが確定しますネ。

もっとも、この国の検察審査会の仕組みというのは大変に不透明なので、どんなに恣意的な手段を使ってでも「強制起訴」を阻止しようとしてくるかもしれません。
そのためにも、検察審査会の透明性を求め、かつ市民による徹底的な監視が必要であります。
是非、次なるステージにおいても、ご協力&拡散のほど、よろしくお願い申し上げる次第です。

・健全な法治国家のために声を上げる市民の会
 サイトは → こちら
 twitterのアカウントは → こちら

・くろねこの短語
本日、検察審査会に特別公務員職権濫用罪適用の審査申立書を提出します。

・新・リストラなう日記 たぬきちの首
前田元検事の件を検察審査会に申し立てることにしました

|

« YouTubeより転載 ~ 中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない! | トップページ | 速報 ~ 東京第一検察審査会に申し立てをしてきました »

コメント

今さっき配達された東京新聞夕刊8面に記事が出ています。もうご存じでしょうけれど…。

投稿: ishii | 2011/01/11 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前田恒彦の「特別公務員職権濫用罪」 ~ そして舞台は今日から検察審査会へ:

« YouTubeより転載 ~ 中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない! | トップページ | 速報 ~ 東京第一検察審査会に申し立てをしてきました »