« 小沢一郎強制起訴で号外を出す朝日新聞のいかがわしさ | トップページ | クイズ「この原稿はどこの新聞社?」 ~ 小沢一郎強制起訴に関する社会部記者の署名記事 »

2010/10/05

ついに本音を丸出しにした社説 ~ 戦争加担者というDNAを持つ朝日新聞の正体

本日、2010年10月5日付の朝日新聞社説「小沢氏起訴へ―自ら議員辞職の決断を」を読んだ。
朝日新聞がついに本音を丸出しにして、その正体を露わにしたものとして、これは後世に残るであろう。
ふり返ればこの会社には戦争加担者としての歴史がある。そのDNAは見事なまでに今に受け継がれている。

******
小沢氏起訴へ―自ら議員辞職の決断を

 小沢一郎・元民主党代表は今こそ、自ら議員辞職を決断すべきである。
 小沢氏の資金管理団体の土地取引事件で、東京第五検察審査会は、小沢氏を政治資金規正法違反の罪で起訴すべきだと議決した。
 この20年近く、常に政治変動の中心にいた小沢氏は、近い将来、検察官役を務める弁護士によって起訴され、法廷で有罪・無罪を争うことになる。
 審査会は議決の要旨で、秘書に任せており一切かかわっていないとする小沢氏の説明について、「到底信用することができない」と述べた。
 疑惑発覚後、世の中の疑問に正面から答えようとせず、知らぬ存ぜぬで正面突破しようとした小沢氏の思惑は、まさに「世の中」の代表である審査員によって退けられたといえよう。

 今回の議決は、検察が不起訴とした事件について国民は裁判所の判断を仰ぐ「権利」があると書くなど、制度の趣旨に照らして首をかしげる部分も見受けられる。だが、検察官から起訴に踏み切る際の基準について説明を受けたうえで、その基準に照らしても不起訴処分はうなずけないと結論づけた。その判断を重く受け止めたい。
 いったんは検察が不起訴とした事件であり、公判がどのように推移するかは予断を許さない。
 小沢氏は先月の民主党代表選の際、強制起訴されても「離党したり、(議員)辞職したりする必要はない」と語った。確かに有罪が確定しない限り、「推定無罪」の原則が働く。
 しかし、そのことと、政治的な責任とはまったく別問題である。
 小沢氏は党幹事長だった6月、当時の鳩山由紀夫首相とともに、政治とカネの問題の責任を取り「ダブル辞任」した。刑事責任の有無は別にして、「クリーンな政治を取り戻す」(鳩山氏)ためには、それが避けられないという判断だったはずである。
 わずか3カ月後に代表選に出馬し、民意の厳しい批判にさらされたのは、政治責任に対する小沢氏のいい加減な姿勢が問われたからにほかならない。
 小沢氏が今回、けじめをつけなければ、政権交代に「新しい政治」を期待した有権者を再び裏切ることになる。
 離党したとしても「数の力」で党外から影響力をふるうなら同じことだ。

 小沢氏の師、田中角栄元首相はロッキード事件で逮捕され離党した後も、「闇将軍」として大きな権力をふるった。師の轍(てつ)を踏んではならない。
 小沢氏は政治改革の主唱者の一人でありつつ、「古い政治」の典型的な体現者でもあるという二面性を持つ。ただ、民主党を鍛え、政権交代を実現させた功労者であることは間違いない。
 であればこそ、その業績の歴史的意義をこれ以上損なわないためにも、ここは身を引くべきである。
******

読めば読むほど吐き気をもよおす文章である。
それにしても、ここで述べられている「世の中」というのは何なのか? 
第二次世界大戦中、多くの日本国民は朝日新聞をはじめとするメディアのバラ撒くウソによって「日本は勝つ」と信じ込まされていた。日本が負けるわけがないというのが「世の中」だったわけだ。
そうして軍と一体化して国民を鼓舞して朝日は部数を伸ばしていった。
いま、朝日がアプリオリに肯定する「世の中」とは、まさに戦時中のそれと同じである。

今回の検察審査会に申し立てをした「審査申立人(氏名)甲」は、マスメディア=マスゴミは一切報じないが、在特会の桜井誠なる人物である。そんなことはネット上では常識だ。
そしてまた、小沢一郎にかけられた疑惑がまったくもって犯罪性がないこともまたネットでは常識である。
にもかかわらず、「世の中」が「到底信用することができない」という判断を「重く受け止める」のだという。
それは、戦時中に冷静な分析をした上で「日本は負ける」といった人物に対して、「そんなことは到底信用できない世の中の意見」をもとに断罪するのと同じことであろう。

しかもタチが悪いのは、朝日自身が「公判がどのように推移するか予断を許さない」、つまり公判維持が難しいことは知っていることである。
にもかかわらず、そのことと政治的な責任とはまったく別問題だと決めつける。
驚くべき上から目線、まるで自らが神のごとき裁きである。
小沢一郎が党幹事長を辞任したのは「政治とカネ」の問題ではなく、「政治とカネというウソをバラ撒くマスゴミ」が問題だったからだ。このデマゴーグが参議院選挙に与える影響を鑑みて小沢と鳩山は辞任した。
その後、小沢が民主党代表選に出馬したときに金科玉条のごとく「民意」という「世の中」を振りかざして「厳しい」小沢を批判したのマスゴミであるが、にもかかわらず一方で驚くほど多くの人の小沢待望論が顕在化した。街頭演説に集まった多くの人々から湧き上がる小沢コールの映像はマスゴミでは放送されなかったが、一般市民によるUSTREAMの中継でハッキリと映し出された。
党員、サポーター票の「結果」は大差であったが、実際の票差は6:4である。あれだけマスゴミが全力を挙げて「世の中」を捏造したにもかかわらず。
であれば、むしろ民主党代表選で顕在化したのは、政権交代による「新しい政治」を小沢一郎に託したいという気持ちが民意の底流にあるという事実だ。
にもかかわらず、朝日新聞は小沢の議員辞職という政治的抹殺を社説に掲げた。
私に言わせれば、これはこの国の独裁権力者であり既得権益の権化である霞が関の意志である。その霞が関の意志を自らの主張に掲げる朝日新聞は、かつて軍とともに戦争に加担した朝日新聞の体質そのものだ。
第二次大戦敗戦という国益の大損失に加担し、今また既得権益者の存続という国益の大損失に加担する朝日はそろそろ新聞経営から身を引くべきである。

|

« 小沢一郎強制起訴で号外を出す朝日新聞のいかがわしさ | トップページ | クイズ「この原稿はどこの新聞社?」 ~ 小沢一郎強制起訴に関する社会部記者の署名記事 »

コメント

久しぶりに投稿します。
名古屋の「議会リコール」活動の応援をしてて、昨年の「市長選」以降3回ほど名古屋へ行きましたが、解散署名は後半に俳優の「菅原文太」氏も応援にきて”激”を飛ばしたほど。「闘うなら、負けたらイカン!」「男は、泣いたらイカン!」と。
映像を見てて、高齢(77歳)だから静かながら『仁義なき戦い』のような迫力ありました。

「通りすがり」さんの言うように、<小沢氏は直ちに離党し新党を立ち上げ内閣不信任案を提出>すべき、と僕も同感です。
でなければ、ドンキホーテのように孤軍奮闘する「河村たかし」の政治家(男)としての”気概”の方に、僕の心情は傾きます。河村、小沢と、両者を声援してる文太氏も同じ気持ちでしょう。前矢祭町長の根本良一氏も、心は同じと思います。

政治家人生の最終局面で、小沢氏は”何のために、誰のために政治があるのか”を、代表選での訴えを今度は満身創痍になろうとも行動で示してくれる、と信じています。河村氏とともに、文太氏とともに、根本氏とともに・・・「日本ベスト党」(仮称)を作れ!!

投稿: 田村 秋生 | 2010/10/05 14:09

号外はスクープ時点で出すものであり、9月14日に強制起訴が決まっていたのならその日に出すのが号外。3週間遅れで出すこと自体新聞社の存在意義を自ら否定している。直ちにNHKはじめ全新聞社を解体すべきである。

小沢氏は直ちに離党し新党を立ち上げ内閣不信任案を提出して自分が作り出した亡国内閣の息の根を止めてもらいたい。それが奇形司法を殲滅する唯一の方策である。

強制起訴裁判は安田好弘弁護士に弁護をすべて任せればきっちり奇形司法を叩き潰してくれるだろう。

国のために総選挙が必要である。真の政治家なら総選挙を恐れるはずがない。選挙を戦ってこその政治家なのだから。名古屋市議会のように市民の署名で強制的に選挙ができない国会では選挙を行えるのは管首相でも野党でもない小沢氏ただひとりである。小沢氏が遅疑逡巡無く粛々と決断せられんことをのぞむ。

投稿: 通りがけ | 2010/10/05 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに本音を丸出しにした社説 ~ 戦争加担者というDNAを持つ朝日新聞の正体:

» さあ、法廷闘争だ! [くろねこの短語]
 いやはや、昨日は午後にちょいと出かけて、そのまま飲みにいっちまったので、検察審 [続きを読む]

受信: 2010/10/05 10:48

« 小沢一郎強制起訴で号外を出す朝日新聞のいかがわしさ | トップページ | クイズ「この原稿はどこの新聞社?」 ~ 小沢一郎強制起訴に関する社会部記者の署名記事 »