« 民主党代表選関連 ~ 二見伸明「マスコミは日本をどうする気か ── 日本を救えるのは誰だ」 | トップページ | 民主党代表選 ~ 候補者討論会で見せたマスメディアの底知れぬいかがわしさ »

2010/09/02

民主党代表選 ~ 苛烈さを増すメディアの大本営発表

人間、追い込まれると本性が出るとはよく言われる。小沢一郎が民主党代表選に立候補を表明して以降の菅直人を見ていると、私はこの人物を長い間ずいぶんと過大評価していたんだナとつくづく思う。
それにしても昨日の共同会見での菅直人には呆れてしまった。それは小沢一郎を口撃する論理がマスメディアとまったく同じだからである。とくに「政治とカネ」なる問題に対して検察の暴走という視点がまったくない点に、それは顕著に現れていた。

私が政権交代で期待したのは、当ブログでは何度も書いているように霞が関独裁政治からの脱却である。小沢一郎にはその視点が今も確実にあり、菅直人にはない。どころか、もはや菅は完全に「あちら側」の人間になっている。
その菅直人を支持している蓮舫は、出演したテレビ番組で「(事業仕分けをやって)もっとお金が出てくるかと思ったら意外になかった」というようなことを言っていた。たったあの程度のことをやっただけで早くもそのように結論付けるのであれば、それは返って支配者である官僚の思うツボであって、そもそもこの事業仕分けという「パフォーマンス」の絵図を描いていたのは官僚ではないかとさえ思えてくる。

私が信頼するジャーナリストの田中良紹は、「表向きには絶対に言わないけれども、小沢、鳩山、菅の3人に限って言えば対立などしていないくて、ただ民主党の中を二つの勢力に分けて、かつての自民党のように擬似政権交代をする構図を作っているだけなのではないか」という見方をしている。
実は私も菅政権ができるまではその可能性が高いと思っていた。しかし、政権を安定させるための最後にして必要不可欠だったピースである参議院選挙での大惨敗、過半数割れという事態に至って、やはり菅直人はいつの頃からかはわからないが(財務大臣の頃からである可能性が高いが、ひょっとしたらずっとそれ以前からかもしれない)、霞が関に完全に取り込まれたのだと思う。

さて、そうして迎えた代表選。
昨年の衆議院選挙、そして参議院選挙であれだけ民主党を攻撃していたマスメディアの連中は、どこもかしこも菅直人を持ち上げることに必死である。テレビをつけるとどのチャンネルを見ても同じような顔ぶれが、これでもかと小沢一郎を貶める印象操作に必死だ。
読売新聞の主筆なる肩書を持つ渡辺恒雄は「週刊誌はイエロージャーナリズム」と言って憚らない差別主義者だが、もはや新聞、テレビの報道こそがイエロージャーナリズムそのものである。

昨晩、私はNHKのニュース9という番組を見ていた。菅直人も出演したこの番組中、共同記者会見でのビデオを流す際、NHKは露骨な「編集」をした。それは普天間問題についての部分。記者会見では、菅がこの問題について「日米合意を白紙に戻すようなことはできない」というと、小沢が「ちょっと待って」といって「自分は白紙に戻すというようなことは言っていない」と反論している。ところがNHKでは小沢の発言を先に流し、その後に菅の発言を流した。つまり時系列を入れ替えたのである。これこそが「編集」という名の「作為」であり、世論操作のテクニックだ。
永六輔は、「自分はある時期から基本的に生放送以外は出ないようにしている。なぜなら、VTRは編集できるから。編集によって自分の言ったことがまったく逆に使われることもある」と言っているが、NHKの行為はまさにその典型である。私はこの映像を見てすぐにtwitterで、

*****
NHK、完全に順番を変えたね。普天間問題については「白紙に戻すようなことはできない」と先に言ったのは菅のはず。その後、小沢が「ちょっと」といって「そんなことは言っていない」と反論した。だけどNHKの流した順番は小沢→菅だった。これが編集による作為。
posted at 21:14:16
*****

とつぶやいたのだが、この事実をきちんと指摘しているブログエントリーがすでにあるので是非、参照していただきたい。

・植草一秀の『知られざる真実』
NHKニュース9が再び代表選悪質偏向報道

・世に噛む日々
維新の功労者に自己をなぞらえる僭越さがあまりに痛すぎる菅首相

そして今朝のこと。私はとくダネ!という番組を見ていたのだが、そのなかで「妻、ガールズ、主婦…女性の目で見た代表選」というVTRを流していた。一般女性がどのように民主党代表選を見ているかということなわけだが、以下はその画面のキャプチャーである(目線を入れました)。

1_2

2_2

3

これはいったい何なのだろうか?
民主党代表選というのは公職選挙法が適用されるわけではない。だが、仮にも次の総理大臣を決める選挙である。どんなに自分たちが小沢一郎に総理大臣になって欲しくないとはいっても、最低限のモラルが必要だと私は思うのだが、そのような意識はこちらの放送局にはまったくないようである。
であれば、これこそがイエロージャーナリズムであり、マスゴミと呼ばれるのも致し方ないことだ。
とはいえこのようなことすらまだ序の口で、これからさらにマスゴミの捏造は激しさを増すはずだ。それはまさしく正しい意味での大本営発表である。それに対抗するために、とにかくメディアを徹底的に監視し、おかしなことを見たらすぐにそれをネット上に流していくしかない。

*****
そして、一九七九年五月。
ニカラグアで奇妙な歌が大流行した。
地下放送で流れたその歌は、軽快なフォークソングのリズムに乗って、しゃれたコーラスで、銃の扱い方や、手近な材料で火炎瓶を作る方法を覚えやすく歌うのだった。
文字が読めても読めなくても関係はなかった。マニュアルを読む必要もなく、ラジオを聴けば歌が流れ、誰でも口ずさみ、気がつくと、誰でもが、自宅で火炎瓶を作る方法を覚えていた。
そして、七月、ゲリラ軍が最終攻勢をかけたとき、普通の民間人だった多くの人々が、敷石を剥がしたバリケードの後ろから、ゲリラ討伐に向かおうとする政府軍の兵士に、自家製の火炎瓶を投げつけ始めた。
この瞬間、革命の行く末は決定したのだった。

八木啓代著 「喝采がお待ちかね」より
*****

|

« 民主党代表選関連 ~ 二見伸明「マスコミは日本をどうする気か ── 日本を救えるのは誰だ」 | トップページ | 民主党代表選 ~ 候補者討論会で見せたマスメディアの底知れぬいかがわしさ »

コメント

何はともあれ、あと一歩のところで踏みとどまった感じである。われわれが最高に期待する人間がこの段階で消耗されるのはきついが、小澤氏の年齢から考えて天の采配なのかもしれない。最後の決戦は政治家ではなく国民次第だとの論説、確かに受け取りました。

投稿: イトセカツヒコ | 2010/09/04 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選 ~ 苛烈さを増すメディアの大本営発表:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010/09/02 16:42

« 民主党代表選関連 ~ 二見伸明「マスコミは日本をどうする気か ── 日本を救えるのは誰だ」 | トップページ | 民主党代表選 ~ 候補者討論会で見せたマスメディアの底知れぬいかがわしさ »