« 郵便不正事件の証拠改竄 ~ 古舘伊知郎のコメントに開いた口がふさがらない | トップページ | 郵便不正事件の証拠改竄 ~ 郷原信郎×魚住昭「主任検事逮捕!証拠改竄! 特捜神話の崩壊」 »

2010/09/22

郵便不正事件の証拠改竄 ~ 事件発覚のタイミングと検察、メディアの共通点

どうやら大阪地検特捜部の幹部は、事前に前田恒彦が証拠改竄をしていた事実を知っていたらしい(と言いつつ、これもまた検察からのリーク情報ではあるのだが)。

そうしてみると、今回の問題が急浮上したタイミングというのは絶妙である。
民主党代表選で小沢一郎が敗れ、鈴木宗男も実刑が確定。そして昨日は防衛省汚職事件で実刑が確定した元防衛省事務次官の守屋武昌が収監されている。
これらのことよりも前に今回の「スクープ記事」が出ていたら、検察としても相当に事態が複雑になったであろうことは容易に推察できる。
してみると、この「スクープ」がもし検察内の良識派による朝日への内部告発だとしても、相当にタイミングを見計らって情報を流しているという感は拭えない。

それにしても案の定ではあるが、メディアはこの前田という検事が昨年、西松建設の問題で逮捕された大久保秘書を取り調べたことについては言及したとしても、ではこの大久保公判がどういう経緯を辿っているかについてはまったく触れない。

・拙ブログ
西松事件の訴因変更こそ大事件ではないのか?

つまり、この大久保秘書の「西松事件」についても、検察は立ち往生していたわけである。
ところが、その後、この件は石川議員の公判ともどもまったく報道されなくなってしまった。
したがって、今後、メディアがこのことをきちんと報道するのか、たとえ報道したとしても前田個人の問題に矮小化していないかをしっかりと監視する必要がある。

もう一つ今回の証拠改竄事件で改めて思ったのは、検察とメディアの両者というのは単に気脈を通じているだけでなく、その手法においても酷似しているということだ。これもまた拙ブログを参照していただければ幸いだが、検察が最初に事件の構図を描き、それにしたがって証拠をつなげていくのと、メディアが最初にタイトルをたてて、そにしたがって事実をつなげて番組を作ったり記事を書いたりするのとは驚くほど似ている。
検察とメディアはそういう共通点があることで、持ちつ持たれつの体質をますます強めていったのだろう。

・拙ブログ
問題は最初にタイトルをたてること

|

« 郵便不正事件の証拠改竄 ~ 古舘伊知郎のコメントに開いた口がふさがらない | トップページ | 郵便不正事件の証拠改竄 ~ 郷原信郎×魚住昭「主任検事逮捕!証拠改竄! 特捜神話の崩壊」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵便不正事件の証拠改竄 ~ 事件発覚のタイミングと検察、メディアの共通点:

» 【冤罪】特騒部を解体し、犬察を本来あるべき行政組織に戻さなければならない!【また公文書偽造】 [ステイメンの雑記帖 ]
 所謂「障害者割引郵便悪用事件」において、事件に全く無関係であった村木厚子氏に「犯罪者」の汚名を着せようとして、物証となりうる電子データを改竄した挙げ句、 犬察組織を守るためスケープゴートにされた「大莫迦痴犬毒草部のエース」こと前田恒彦容疑者 であるが、一連の行為が当時の大莫迦痴犬首脳部が今年2月時点で把握していた疑いが濃厚となり、 大坪弘道前特捜部長(現京都地検次席検事)と佐賀元明前特捜部副部長(現神戸地検特別刑事部長)が最高犬察庁の事情聴取 を受けたようである。  犬察当局としては、組織防衛の為... [続きを読む]

受信: 2010/09/24 01:32

« 郵便不正事件の証拠改竄 ~ 古舘伊知郎のコメントに開いた口がふさがらない | トップページ | 郵便不正事件の証拠改竄 ~ 郷原信郎×魚住昭「主任検事逮捕!証拠改竄! 特捜神話の崩壊」 »