« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/29

千葉景子、死刑を執行 ~ 霞が関の高笑いが聴こえる

昨日のエントリーをアップしてニュースを閲覧していたら、法相の千葉景子が死刑を執行したというニュースが目に飛び込んできた。
私は死刑廃止論者であるが、このニュースを見て怒りを感じるよりも、改めて霞が関による独裁体制のタガの締め直しがものすごい勢いで進行していることを実感して溜息をついた。
死刑の執行というのは独裁体制を維持していく上で欠かすことのできない権力行使であり、つまりは霞が関の意志である。だから官僚は死刑執行に非常にこだわる。
たとえ冤罪の可能性を指摘されても、自分たちは無謬であるという本来あり得ない前提に立っている彼らはそんな議論は眼中にはない。死刑が確定すれば、あとは執行することのみがミッションである。
もちろん、あくまで冤罪であることを主張した被告人が、長い努力の末に無実であることを証明できたケースもある。だが、これは霞が関にとってあくまでレアでイレギュラーなケースであって、だから彼らは決して反省しないし、頭を下げようともしない。ただひたすら、次の死刑執行に向けた段取りを行うだけである。

さてそこで千葉景子である。
民主党政権初の法務大臣の椅子に座ったこの女性は弁護士の資格を持ち、しかも死刑廃止論者であった。
小沢一郎との全面戦争を展開中の霞が関にとって、最初は麻生内閣で法務大臣だった森英介のように官僚の言われるがままに死刑を執行する(その結果、この男は冤罪の可能性がきわめて高い飯塚事件の久間三千年死刑囚を死刑台に送り込んだ)御しやすい人物ではないのではないかという不安もあったかもしれない。
しかし、ほどなくその不安は払しょくされたはずだ。なぜなら民主党の議員であるにもかかわらず、霞が関と小沢一郎の闘いがどういうコンテクストの中で行われているのか、まったく理解していなかったのだから。
要するに千葉景子は無能だったのある。
しかし、そんな千葉に対して官僚は一つだけ腹立たしくて気に食わないことがあった。それは千葉が死刑の執行にサインをしないことで、逆に言えば無能な千葉景子にとってそれだけが、後世に残る唯一の業績になるはずであった。
ところが、霞が関はその唯一の業績をも千葉から取り上げて、完全に自分たちに屈服させることに成功した。
それはまさに現在の菅政権の象徴と言える出来事だろう。
鳩山政権とは比べものにならないほど扱いやすい政権。
霞が関の高笑いが聴こえる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/28

菅政権 ~ いま起きているのは霞が関独裁のタガの締め直しである

さて、久しぶりに当ブログっぽいエントリーを書きたいと思う。

まず、これまで私がずっと強調してきたことをここで改めて再確認しておく。
それは日本は民主主義国家ではなく、高度に洗練された、世界でもっとも優れた独裁国であるということ。しかもこの体制は、北朝鮮の金日成、金正日と続く血縁による、誰が見ても「独裁国家だナ」と思うようなヤワなシステムではない。始末が悪いのは(=この体制の優れているところは)、日本の独裁体制が一見、民主主義の仮面を被っていることである。
独裁の主体は霞が関(官僚)で、これは戦前も戦後も変わらない。だが、敗戦という大失敗を教訓にした霞が関は、国民に適度な自由を与えることで民主主義国家を装うという新たな手法を編み出した。つまり、国民をブロイラーのように管理するよりも(普通の独裁国家はこちら)、牧場の牛のように広い場所で管理することで見かけ上の自由を与えたわけだ。
そしてこのシステムを構築する上で重要な役割を担ってきたのがマスコミであり、自民党に社会党を加えたいわゆる1955年体制である。
55年体制下では自民党と社会党がつねに対立し、あたかも民主主義国の政治が行われているかのようだったが、実はすべてはあらかじめ官僚が描いた絵図通りの予定調和の対立で、実は共産党までもがそのシステムに組み込まれていた。
にもかかわらずこの国が独裁国家だと国民が気がつかなかったのは、官僚のコントロールの下でマスコミが巧みに世論の誘導と洗脳を行ってきたからである。

ところが、まず55年体制の一角である社会党が崩れてしまい、と同時に自民党という組織の耐用年数も限界に近づいてきた。これまでは自民党内が派閥単位で総裁の座を争うことで、擬似的な政権交代が起きているといわれてきた。だが、もはやそんなことでは国民の目はだませなくなり、また自民党内の人材が世襲制によって完全に枯渇してしまったからである。
そこで、霞が関は日本にも本格的な政権交代を起こすことを決意した(もちろん「本格的に見えるだけ」だが)。
もとより来るべき日を想定していた官僚は、いつ「政権交代」が起きてもいいように、野党である民主党の議員もしっかりとコントロール下に置いていた。
ただし民主党内には一人だけ霞が関のコントロール外にいる厄介な政治家がいた。それが小沢一郎である。
田中角栄の直系である小沢は、かつて自民党政権の中枢にいたが、その経験の中で日本が霞が関独裁国家であることを見抜き強い危機感を持った。そうして小沢はこの独裁体制を壊すことを己の使命として自民党を出た。
その小沢にとっても昨年の衆議院選挙は、長年にわたって抱いていた自らの使命である「脱霞が関体制」を果たす千載一遇のチャンスであった。だから、小沢一郎は総理大臣になる決意をした。
しかし、霞が関もまたその小沢の意図を十分に見抜いている。そしてここから小沢一郎と霞が関の凄絶な闘いが始まった。霞が関は冤罪をでっち上げて小沢の秘書を逮捕。マスコミを使って小沢の政治生命の抹殺にかかる。一方、小沢も必死に抵抗して自らの影響力を残しつつ昨年の衆議院選挙へとなだれ込んだ。
結果は民主党の圧勝。
それは霞が関にとっても小沢にとっても望んだ通りの結果だった。
となると問題はこの後にできる政権を、霞が関と小沢のどちらがコントロールできるかにかかっている。
そうして誕生した鳩山政権。
鳩山由紀夫のスタンスは実に微妙だった。さすがに宇宙人と呼ばれるだけのことはある。
しかし、鳩山は小沢の意図を理解して政権運営をしようとしたのだと私は思う。だが、そうなると官僚は抵抗する。肝心な情報を官邸に上げず、あらかじめ霞が関に仕込まれた民主党議員(そのなかには大臣もいる)によって政権を揺さぶる。さらに再び小沢の秘書の冤罪をでっち上げる一方で普天間問題の大混乱を意図的に引き起こし、ついには鳩山内閣を総辞職に追い込んだ。

そうして次に誕生した菅政権は見るも無残な霞が関支配政権だった。
実は私も菅直人には多少なりとも期待していた。だから当ブログでもその旨のエントリーを書いたのだが、今となってはその見方の甘さを反省せざるを得ない。
菅政権は菅直人自身がどっぷりと官僚に洗脳された、まさに霞が関が望んだ政権だった。したがって、その使命は当然、独裁体制のタガの締め直ししかない。
だから私は断じてこの政権を許容できない。
では、どうすればいいのか。
個人的には依然として小沢一郎に期待しているが、小沢がいるいないに関わらずもっとも重要なことは、マスメディア、とくに新聞、テレビを叩き潰すことだと思う。なぜなら、この世論操作装置をこそが霞が関独裁の肝であるからだ。
そうして経営面から見るとすでにマスメディアの自壊は始まっており、それもかなりの部分まで進行している。
もちろん既得権益の持ち主というのは意外にしぶとい。だが、Webの登場によって虚業であったことがあらわになったマスメディアはいずれ必ず崩壊する。
だから私はまだ十分に希望はあると思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/07/26

参議院選挙 ~ ズッコケ軍団の奇跡 その8

7月10日土曜日、選挙戦最終日の候補者のスタートは8時に東京メトロ有楽町線の平和台駅前。そこから候補者の選挙カーに伴走車、さらに長瀬達也区議の軽ワゴンの3台が連なって行動することになった(もう一台の選挙カーは都内を走り回った)。
平和台での街頭演説が終わると長瀬車、伴走車、選挙カーの順で巣鴨を目指す。長瀬車に乗り込んだY氏と伴走車の助手席にいる私はトランシーバーで連絡を取り合う。伴走車を運転しているK君に向かって「なんか最後に来て選挙っつー感じになってきたな」と私。
ちなみにこの日は、ここ最近ほどの猛暑ではないが暑い日だった。

巣鴨に到着すると、まだ時間的には早い雰囲気もあったが商店街を練り歩き。その間に周辺のマンションに全力でチラシのポスティングをすると、この時点で大汗。最初からこんなに飛ばしていて最後まで体力がもつのだろうかと思う。
巣鴨を出発すると次は上野へ。アメ横の商店街を練り歩いてから上野松坂屋の前でスポット演説をして、次はほおずき市でごった返す浅草。場所取りをする他党の候補者カーもたくさん集結中。佐藤ゆかりが選挙カーの上から絶叫しておりました。
こちらは候補者ともどもクルマを早々に降りて、雷門から人人人の商店街を練り歩くと反応は良好。

Rimg00691

浅草ビューホテル前まで到着すると、ここから上野方面へ戻る途中のコンビニで若干の休憩。
普段だと遊説の途中では適度に休憩を入れて昼食の時間もそれなりにあるが、今回は休憩はなし。昼食もコンビニのトイレ休憩の途中でおにぎりを買ったりする程度。あとは移動中にそのおにぎりを食べながら全力で都内を駆け巡るという強行スケジュールである。
秋葉原でチラシ配りと演説をすると水天宮、門前仲町、月島へと車を流す。月島の高層マンション街で演説中は集合住宅にポスティングをしようと駆け巡るが、こういったところの新しい高層マンションはセキュリティも厳しいのであった。
その後、月島の商店街へ行ってみよとうと私が提案。「土曜日の月島商店街は人がいるかなー」と内心不安に思いつつもとりあえず行ってみると、そこはお祭りの真っ最中なのであった。早速、選挙カーから候補者と運動員がドヤドヤと降りて練り歩き開始!

Rimg0075

ここらへんになってくると疲れよりも「選挙運動ができるのもあと数時間しかない」という気持ちの方が強くなる。
そして月島から銀座へ。ここは歩行者天国なので、もちろん練り歩き。するといろいろな候補者の姿が見える(ただし候補者が練り歩いているのは有田さんだけ)。
銀座4丁目交差点では某巨人のOBを応援する某都知事が街宣車の上から演説中だった。

「あっ、本物の都知事がいるよっ」

とは私。実はズッコケ軍団の一員であるI君はその名字から「都知事」と呼ばれているのであった。もっとも当陣営の都知事はもう一台の選挙カーに乗っていたので、この日、本物の都知事を見ることはなかったが、、、

銀座通りを練り歩くとそのまま有楽町へ。夕方になった有楽町の丸井前は国民新党が場所取りをしていたので演説できなかったが、それでもさらに有楽町から数寄屋橋方面をグルッと練り歩く(と、こう書いてみると、まあよくぞこれだけみんな歩いたものだ)。
さらに選挙カーで銀座を回った後は首都高速に乗って池袋へ一目散に走る。実は池袋西口で東京選挙区の小川敏夫候補の最後の演説会があり、そこで有田さんもスポット演説をすることになっていた。
ところが池袋の西口に入ると道が大混雑。そこで有田さんは急きょ選挙カーを下車して、歩いて民主党の選挙カーまで向かったのであった。

Rimg0082

この最後の演説会だけが「ああ、うちの候補は民主党なんだナ」と実感した唯一の機会であった(笑)。
もちろん、この時には相当数の人が集まっていたので小川陣営の人にまじってチラシ配り。そうして有田さんは10分ほど演説をすると、残り1時間弱のために選挙カーに乗り込んだ。
で、残ったわれわれはそのまま池袋で選挙活動終了時間の午後8時までチラシ配りをしたのだが、小川陣営に応援に駆けつけていた石井一代議士に居残り隊は挨拶をした。すると石井氏は、、、

「有田は大丈夫じゃ」

と言ったのだった。また私はその場にはいなかったが、やはり池袋に来ていた海江田万里代議士も「有田さんは大丈夫」と言ったのだという。

「しかし本当かね?」
「うーん、民主党の選対って結構、間違ったりしますからねえ、、、」
(※ぜんぜん関係ない話だが、石井一代議士のクルマのナンバーは「1411」なのだった)

そんな会話をしながらもチラシを配っていると、いよいよ8時に。これで一応、選挙活動は終了である。

「あー、終わっちゃった」
「お疲れさま~」
「でも、最後に駅立ちがあるけどネ」
「やりますよ!」

実はこの時点で私は肉体的にはかなりくたびれていた。足が棒になるという感覚はいつ以来のことか、、、
でも、気持ちは「まだまだこれから駅立ちをやっちゃる!」と高揚しているのであった。
そうして事務所に戻ると、他のクルマも続々と戻ってくる。そこでとりあえず用意されたお弁当を食べると、やっぱりみんな疲れているとはいえテンションは高い。
昨年の衆議院選挙の時には午後8時で選挙活動を終えたが、今回は残り数時間の延長戦がある。
この日は候補者とは別行動の2号車に乗った都知事ことI君は「オレもそっちに乗りたかった」とちょっと不満そう。
でもね、これから最後の駅立ちにみんなで一緒に行くデスヨ!
そうして食事が終わると大山組、東武練馬組、成増組に分かれて最後の駅立ちへと向かったのだった。
私は例の都知事ことI君、横浜から泊りで来ていたK子君、巨漢のK君、そして長瀬区議と一緒の成増組。

いやー、この最後の駅立ちは本当に疲れた。
けれど心地よい疲れでもあった。
成増の駅前は土曜日の夜とはいえ人通りも多く、みんながチラっと見ていく。なかには「なにやってんの?」という感じで見ていく人もいなくはない。でも、やっている方はそんな視線はまったく気にならない。なぜなら本当に最後の気力を振り絞って頑張ったから。
一方で「頑張ってね」と声をかけてくれる人もいる。参議院選挙の全国比例の仕組みを知ら人が声をかけてきたので説明をすると、「じゃあ名前を書かないといけないんだね。明日はそうするよ」と言ってくれる人もいる。そうやって駅立ちをしたからといって、いったい何票ぐらい増えたのかはわからない。それは神のみぞ知ることである。
だが、この選挙戦を通じて(とくに最終日)、そして最後の駅立ちの数時間して「石にかじりついてでも頑張る」ということの大切さを私は改めて学んだように思う。それは25年間、なんとなく会社員として過ごしてきて、いま50歳を目前にして失業者になった私にとって貴重な経験であったことは間違いない。
この選挙期間中、世の中はサッカーのワールドカップで沸いていた。前評判の悪かった日本代表は、一戦一戦勝つことでまとまっていったという。しかも勝てば世間の評価も変わるし自信にもなる。
ズッコケ軍団は確かにズッコケていた。でも最後に候補者とともに勝った。しかも民主党の比例区候補でトップという思いがけない勝利を味わったことは、ズッコケ軍団一人ひとりにとっても自信になったのではないかと思う。私はそのズッコケ軍団の一員に加われたことが心から嬉しかった。
そして、もちろんこんな機会を作ってくれた有田さんにも心から感謝する次第である。

Rimg0091

Rimg0093


投票日の夕方は昨年の衆議院選挙の投票日と同じく雨が降っていた。
「なんとなく昨年と同じっぽくてイヤだな」と思いながら事務所へ行くと、すでにTBSがカメラを設置しに来ているという。そしてほどなくNHKもやって来た。「どうなってるの?」と私がY氏に訊くと、

「期日前投票の出口調査で1位らしくて8時直後に当確を出すらしいんです」
「ええっ?マジ? でも衆議院選挙だって出口調査は勝ってるっていう話だったしなあ、、、」

だから私はなおも半信半疑だった。もちろんそう思っていたのは私だけでなく、「おそらく当選するにしても結果が出るのは深夜に及ぶのではないか、、、」とみんなが思っていた。だから、ズッコケ軍団は「ワールドカップの決勝を見ながら開票を待とうぜ!」などと言っていたのである。
ところが本当に8時が過ぎて開票速報が始まった直後に当確が出てしまう。これはもちろん嬉しかったが、反面、拍子抜けといった感じもなくはなかった。
昨年、有田さんの落選が決まった瞬間に泣き崩れたO君。彼は今回、有田さんが当選しても泣くのではないかと思っていたのだが、そのO君もあまりに早い当選確実に笑顔しかない。
しかし、それでも万歳の味は格別だった。実は有田さんは天皇制と結びつく万歳はやりたくないと言っていたのだが、最後は後援会長が有田さんを説得して万歳をすることに。でもそれで良かった。みんな心の底から嬉しくて万歳をしたのだから。

ところでこの開票を待つ会場は選挙事務所ではなかった。選挙事務所はあまりにも狭くて人が大勢入るようなスペースはない。そこで隣のビルの2階のレンタルホールを昨年同様に借りたのである。このビルがまた古い建物で、あまりドスンドスンやると1階に入っている洋食屋さんの天井から埃が落ちてクレームが来るという。

「だから、とにかく静かに歩くように」

と口を酸っぱくして言うY氏。しかしそこはズッコケ軍団。やっぱりなんだかんだでドスンとやってしまう。
するとしばらくして洋食屋さんのマスターが事務所へやって来たそうだ。
「いかん、クレームが来たか」と思いきや、このマスターはこう言ったそうである。

「当選おめでとうございます」

おわり

※ということで普通の失業者に戻った私は、今のところ次の職がまだ見つからないので、とりあえず「ドキュメント出版社」や「郵政省解体論ができるまで」を再開しつつ、これまでのように政治やメディア、広告のことをグダグダと書いていきます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

参議院選挙 ~ ズッコケ軍団の奇跡 その7

今回の選挙で印象に残ったシーンの一つは7月8日の横浜、川崎遊説だった。
この日の有田さんは午前中、横浜の磯子区近辺を回り、午後は中華街の練り歩き→横浜駅→川崎駅というルートをたどった(私は中華街から参加)。
そして最後の川崎では夕方から横田滋さんも応援演説に来てくれることになっていた。そこで場所取りもかねて伴走車が先に川崎へ行くと、なんと菅直人が民主党候補(千葉景子ではなくもう一人の方)の応援に来ることになっていて場所取りもしているという。
しかし、こちらも横田さんが来るという予定を変えるわけにはいかないので、結局、菅直人の後にこちらの演説会をやることになった。で、それまでの間は民主党の人たちと呉越同舟でビラ配り。
それにしても川崎駅の変貌ぶりというのは、30年前まで神奈川県民(横浜市)だった人間には驚きである。
かつて自分の通う高校が川崎球場で横浜商業(Y校)と対戦することになった。その年のY校は宮城を擁して甲子園へ行くのだが、親友がエースだったこともあって同級生の女の子を誘って応援に行ったのだが、まあ川崎といえば当時は暗いイメージがあった(川崎の方がお読みになっていたらスミマセン。昔の話です)。
ところが、まず駅がきれいになっており、しかももの凄い乗降客である。われわれは基本的に菅直人の演説する東口とは反対側の西口でビラ配りをしていたのだが反応もいい。そして下りのエスカレーターの降り口のところで最初は私、そして後半はI君が有田さんのポスターを3枚貼った標記を掲げて立っていたのだが、かなり高い注目度である(隣では「菅直人来る」という看板を持った民主党の人がいた)。
この日は有田事務所もボランティアを総動員。とにかく群衆の中で必死のビラ配りを数時間したのだった。
そうして菅直人の演説が終了したあと、東口方面のコンコースに場所を移して横田さんと有田さんの演説会。
私は横田さんにお目にかかったのは二度目だったが、本当にテレビで見るままの実直な人だ。
なにしろ最初は通り過ぎる人たちも横田さんのことには気がつかない。しかも横田さんの声も聴こえづらいという状況だったのだが、その実直な喋りを続けるうちに人々の足が止まり、ほどなく横田さんの周りに人垣ができたのであった。
その後、有田さんが演説をして演説会は終了したのだが、まだ選挙運動終了の20時までには時間がある。すると横田さんはズッコケ軍団の一員であるI君の運動員腕章をもらってそれを自分の身につけて、有田さんのビラを配り始めたのであった。これには驚いた。暑い中、しかもご高齢でもある。にもかかわらず横田さんは自分の存在が相手に気づかれなくても実直にビラを配る。その姿勢にはただただ頭が下がる思いであった。
一方、I君はというと、、、

「ボク、横田さんに運動員腕章を渡しちゃったからビラを配れないンです、、、」
「アホか!クルマに戻ればたくさんあるんだから、そんなこと気にせず配らんかい!」

ま、ズッコケ軍団は妙なところがマジメなのである。
この日は選挙戦の最終盤。運動員の疲れもピークではあるのだが、終りが見えてきているだけにテンションも高くなる。そうして選挙が始まった時には「17日間って長いナ」と思っていたはずなのに、メンバーの心の中には「あと数日で終わっちゃうの?」という一抹の寂しさも去来し始めるのであった。

さて、翌9日の金曜日は私は事務所いた。そうして夜、遊説隊が帰ってきた後に最後の選対会議が行われ、翌日(最終日)の行動予定が確認された。ルートとして巣鴨、浅草、上野方面から銀座、池袋というコースになるのだが、そこそこ道に詳しいということで私も伴走車に乗ることになった。
そうして最後の一日が始まった。

つづく
(あと一回で終わります)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/22

参議院選挙 ~ ズッコケ軍団の奇跡 その6

さて、選挙戦が進むにつれ、みんなで一生懸命に証紙を貼ったチラシが少しくあまりそうな情勢になってきた。要は配り切るだけの人手が足りないのである。
そこで新聞に折込を入れようということになり、早速、長瀬区議が紹介してくれた広告代理店の営業マンがやって来たので私も同席した(一応、私も先日までは広告営業をやっていたので)。
話を聞くと料金はチラシ1部について定価は3円30銭だという(ただしその後、証紙が貼ってあるので厚紙扱いになるからプラス50銭と言われた)。
そして、営業マンは東京23区別の各新聞社の専売所とその専売所でのチラシの扱い枚数が入った一覧表を見せてくれた。たとえばある専売所ではその枚数が4,000となっているが、別にその専売所に4,000枚を絶対に入れなければならないということではなく、細かく専売所ごとに数を指定していくことは可能だという。
こちらとしては板橋区を中心に折込を入れようと思っていたので、まずは板橋区全域の朝日、読売、毎日、東京(日経と産経は外した)、そして余裕があれば練馬区内で効果のありそうな地域の専売所を選ぼうということになった。

さて、そこで浮上したのが「押し紙」の問題だ。
押し紙とは各新聞社が専売所に実際の配達部数以上にノルマとして搬入する部数のことで、つまり配られない新聞である。
たとえば読売新聞は1,000万部を超える発行部数と言われているが、その中には押し紙分も含まれているという。これは他社も同様で、要は実際の配達部数はベールに包まれているのだ。
では、なぜ新聞社は配達部数を公表しないかというと、この数字を明らかにした場合、発行部数との間に相当のギャップが出てくるため、広告料金に大きな影響が出てくる可能性が高いからだろう。
また専売所にしても、折込チラシは前述のとおり1部単位で料金が発生しているため、実は見かけ上の配達部数が多ければ多いほど儲かることになる(チラシは専売所の利益になる)。
しかし、配られない新聞があるということは、配られないチラシもあるということではないのか? その数が許容範囲内であれば仕方がないが、大量にあるというのではたまったものではない。こちらも命懸けで選挙をやっているわけで、大量のチラシが有権者の目に触れられることなく闇に葬られるということがあってはならない。
しかも料金はその分まで請求されるというのならば、これは詐欺だろう。

この点についてやって来た営業マンに質問をすると今一つ要領を得なかったので、私も個人的にいくつかの広告代理店にヒアリングをしてみた。すると、、、

「専売所の一覧表に書かれている数字で、実際に配られているのは8割ぐらい」

という答えが返ってきたのである。しかも「もっと少ないケースもある」という。

ちなみに↓は7月3日のエントリーのコメント欄で「押し紙被害者」さんから紹介していただいたブログである。

・山陽新聞の情報

こちらのブログには↓のようなエントリーもある。

・折込定数のトリック

こうなると、一覧表通りに枚数を指定するわけにはいかない。
ということで、各専売所に対する枚数はすべて一覧表の八掛けとすることにした(ただし東京新聞だけは数が少ないので押し紙率が低いのではないかと推測して表記の数通りにしたが、この判断も正しかったかどうかはわからない)。で、このようにすると枚数に余裕が出てくるので、その分を練馬区や、さらに予定外の豊島区の一部専売所にも回したのであった。

それにしても、、、
この押し紙問題というのは深刻であり、根本的な解明が必要だろう。社会正義やジャーナリズムの使命を声高に叫ぶ集団が詐欺商法をしているのだとしたら、それこそ大問題である。
ま、新聞社側にしてもやましいことがなければサッサと公表すればいいのだが、実際は昨年、この問題を記事化した週刊新潮に対して、対象となった読売新聞は訴訟を起こしている。

私は思うのだが、今、官房機密費授受問題で頑張っている上杉隆(7月31日の「久米宏 ラジオなんですけど」にこの問題でゲスト出演)、あるいは神保哲生、岩上安身といったメディアの既得権益と闘っている人たちが、この押し紙問題に触れたらどうなるか。おそらくテレビ、ラジオ、そして新聞社系週刊誌など少なからぬ媒体から干されるのではないだろうか。なにしろ新聞とテレビは同一資本が支配しているのだから、、、
ちなみに私が朝日新聞東京本社のツイッターアカウントに

「@asahi_tokyo 新聞社はなぜ各専売所の配達部数を公表しないのですか?それを公表しないと広告チラシを入れる数をクライアントはきちんと決められないと思うのですが。」

とつぶやいてみたところ、結果はガン無視のどスルーだった。
こうなるとムカつくので、この押し紙問題については個人的にもう少し調べてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/07/21

参議院選挙 ~ ズッコケ軍団の奇跡 その5

有田さんは強い候補者だった。それは間違いない。
だが、強いだけで選挙は勝てない。実際、「強い」と言われた候補者が落選することなど、選挙では日常茶飯のことである。
しかし今回、有田さんは勝ち抜いた。
その最大の勝因は有田さん自身、そして選対全体が昨年の衆議院選挙での惜敗、そして私は参加していないが前回の参議院選挙での落選を教訓にして闘ったからだと思う。

実際、昨年の衆議院選挙と今回の参議院選挙とでは、有田さんも相当変わったように私には見えた。
有田さんは統一教会やオウム真理教と闘ってきたジャーナリストであって、それが最大の「売り」である。だが、一方でそのジャーナリストとしての自負、プライドがこれまでの選挙活動の中においてはマイナスになることもあったように思う。それは、おそらく有田さん自身のなかに「そこまでやらなきゃいけないのか」とか「そんなことはしたくない」という気持ちがあったからだろう。
もちろんそれが「有田らしさ」であるとも言える。が、選挙というのはやはり有権者の中に自ら入っていかなければならないわけで、個人的な印象では、昨年の衆議院選挙の、それもスタート時点では、まだ有田さんはそこの部分の踏ん切りがついていなかったように思う。
しかし今回は違った。たとえば商店街や歩行者天国を練り歩いていて、有田さんのずっと後ろでスタッフが配ったチラシを受け取ってくれた有権者がいれば、ちゃんとそこまで戻って握手をする。たとえチラシを受け取ってくれなそうな人でも声をかけてチラシを渡そうとする(実はチラシ配りというのは、ずーっとやっているとなんとなく受け取ってくれそうな人とくれなそうな人の区別がついてくる。だから受け取ってくれそうな人にだけ渡そうとすることもできるのだが、それは明らかな手抜きである)。
店舗の中で手を振っている人がいれば、店の中に入っていってチラシを渡して握手をする。ついでにその周りにいる人にも声をかけてチラシを渡す。たとえ人気がないところでもきちんと演説をする、、、
それは人によっては当たり前のことなのだろうが、その当たり前のことを今回の有田さんは普通にやっていた。こうなれば、元々知名度のある候補者だけに有権者の反応もどんどん良くなる。

一方、スタッフも日に日にまとまっていった。
候補者と一緒に大阪、北海道、九州へ遠征した面々とは、場合によっては数日間まったく顔を合わせないこともあったけれども、東京へ戻ってきた彼らを見ると結束力が高まっているし、たくましくなっていく。
とはいえ、もちろんそこはズッコケ軍団。ハードスケジュールの中で全国を飛び回りながら、遠征先で食べすぎてお腹がポコリンと飛び出してしまうスタッフもいるのであったが、、、
また、選挙カーには乗らない内勤組も公選はがきを書いたり、標記(候補者がいなくても、この「標記」があればチラシ配りをできる)を持ってチラシ配りへ出かけたりと、少ないスタッフの中で頑張った。
で、まあしかし、やっぱりこちらもズッコケ気味なところはある。
事務所へ時々やって来るK山君は、いいところのご子息なのだがあまり役に立たないタイプ(笑)。彼の心にはなぜか「ルーピーTシャツ」というフレーズが刺さったらしく、事務所へ来ると「ルーピー」を連呼している。結果、「ルーピーちゃん」というあだ名がついてしまった。
ある時、このK山君を中心に数人のチラシ配り隊が結成され大山駅前へ出動することに。

「ついてはK山君はチラシは配らないで標記だけ持っていればいいからネ」

とは事務所のY氏。

「じゃ、行ってきて。そんなに無理する必要はないけど、頑張れルーピーズ!」

かくして結成されたルーピーズはワサワサと事務所を出て大山駅前へ出動していくのであった。

さて、こうして結束を高めつつもどこかズッコケ気味な選挙事務所を強力に支えてくれたうちの一人がその2でも書いた小沢一郎政治塾出身で板橋区を地盤とする長瀬達也区議である。私はこの長瀬区議の活動ぶりを見ていて、小沢一郎の教えというのは大したものだと思った。
なにしろこの長瀬区議、タフである。彼は自分の選挙区以外の横浜、川崎方面の遊説(長瀬区議が横浜出身だったこともあったが)、そして最終日の都内遊説にも同行してくれたのだが、移動時は自分の軽のワゴンを運転している(このクルマの中に選挙道具が入っている)。そうして有田さんが商店街などを練り歩く時にはずーっとメガホンのマイクを持って喋り続ける。スポットで有田さんが演説をする時にも、前節で有田さんを紹介。
チラシ配りをしている時も、マイクで喋る、自分で配ると八面六臂の活躍。スタッフにイチャモンをつけてくる人があれば体を張って阻止して交番へ連れていく。
その活動量は驚異的で、しかも手を抜かない。
選挙戦最終日、私はこの長瀬区議を含む5人で日付が変わるまで成増駅で駅立ちをした。電車を降りてくる人や通りがかった人に向かって「お帰りなさーい」「お疲れさまでーす」「明日は投票日でーす」などとやるのである。この時点で朝から動き回っているから全員クタクタではある。
だが、これを前回やらなかったという反省もあるから、私も必死に頑張った。
で、実は事務所からは「選挙カーを移動しなければならないので23時半で終了していい」と言われていたのだが、長瀬区議は「私は0時までやるんだと思ってました」という。そして私もそのつもりだった。だから私は「じゃあ0時まで頑張ろうじゃないか! 30分足らずで悔いを残してもしょうがないし、石にかじりついてでも頑張るというのはギリギリまで手を抜かずにやることだ」とみんなに提案した。さらに「ま、帰りたい人は23時半で帰ってもいいけどさ、別に責めないよ」と付け加えたのだか、それで「じゃあ帰ります」というヤツはもちろん一人もいない。
とはいえ、ホントにみんなクタクタだし時間の過ぎるのが遅く感じる。すると残り1時間ぐらいの時点で長瀬区議は「あと1時間ちょっとしかできないなんて、私は残念ですぅー」とのたまったのであった。
しかも私を含めたズッコケ軍団は挨拶も少しずつダレ気味になっているのに、この区議さんを見るときちんと頭を下げている。私はあわててそれを見習ったものだった。
この最終日の前日、私はこちらのブログで2007年の参議院選挙の時に小沢一郎が出した檄文を読んだ。だから最終日は自分自身もとことん頑張ろうと思っていたのだが、長瀬区議を見ていると「ああ、これが小沢一郎の教えなんだナ」と改めて感銘に近い思いを抱かずにはいられなかった。

そうして私は思った。
よく小沢一郎の選挙手法を批判する人がいる。しかし小沢一郎は実は当たり前のことを言っているだけなのではないか、と。
たとえば成功した企業経営者が書いた本を読めば、みんな小沢一郎と同じことを言っている。商売とは地道に努力をして顧客の信頼を得る以外に方法はなく、たまさか何かの拍子に風が吹いて自社の売り物が人気商品になったとしても、そんなものは長続きしない。たとえ一人の客であっても、その人を大切にすれば徐々に口コミが広がっていく。一見、ムダな努力に見えても決してその努力はムダではない。
その日々の地道な努力の積み重ねを強調する小沢一郎に対して、訳知り顔のメディア人は「古いタイプの政治家」「泥臭い政治家」というレッテル貼りに必死だ。
では、なぜメディア人は小沢一郎をここまで嫌い、しかも恐れるのか。
私が至った結論は、広告という圧倒的に濡れ手に粟の虚業と既得権をベースに暴利をむさぼってきたメディア人にとって、地道な努力の大切さを説く小沢一郎というのは理解の範疇外であって、しかも自分たちとは真逆の体質の持ち主なだけに、忌避すべき得体の知れぬ存在なのではないかということだった。

話を戻すと、今回の有田選対はズッコケ軍団ではあったが、しかし全員が結束して最後まで頑張り抜いたという意味で、まさしく小沢一郎の教えを実践していたのだと思う。その結果が民主党比例区で谷亮子を抜いてのトップ当選だった。少なくとも私はそう思うのである。

さて、次回はこの選挙期間中に私が抱いた重大な疑問。
新聞社の押し紙と折込チラシについて書こうと思う。

つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/19

参議院選挙 ~ ズッコケ軍団の奇跡 その4

有田さんの前回と前々回の選挙は新党日本からの立候補であった。
私は前回の衆議院選挙から手伝っているわけだが、この時も新党日本公認、民主党推薦。ということで少数政党の悲哀を十分に味わった。
なにしろ組織がない。しかも民主党は推薦してくれてはいるが、かといって一枚岩ではない。今回同様、都議や区議は手伝ってくたれたが、民主党幹部の応援が入るわけでもない。激戦区と言われた練馬、豊島など近隣の選挙区には連日幹部の応援が入るが板橋区だけはすり抜けていく。そうしたなかで前回の選挙期間中に応援に入ってくれた民主党幹部は菅直人だけだった。
それに比べれば今回は民主党公認。党本部からも連日のように指令が来て、民主党の組織がフルに動く選挙ができるのかと思いきや、これまで書いてきた通りの状況で前回と何も変わらない。つまり、、、

放置プレイ ORZ

「公認は出したんだから、後は自分で票を取ってきなさいや」ということである。
もちろんすべての候補がそういうわけではない。谷亮子の事務所には小沢一郎の秘書軍団が入って陣頭指揮をとっていたらしいが、こちらは民主党から来るものといえばと「民主党幹部がこんな発言をしました。各候補は読んでおいてください」とゆー内容のファックスが時々ペチョンと送られてくるだけ。
後は記憶に残るところでは、選挙戦の最終盤に「民主プレス」(だったかな)とやらの号外が来たことぐらい。ちなみにその内容は菅直人の増税発言に関する弁解で「消費税を増税するときには必ず国民に信を問います」云々と書かれたものだった。これは一応、事務所にはおいてあったが、こんな火に油をそそぐようなペーパーを積極的に配ろうという人は、もちろん皆無だった。

えー、ここではっりき申し上げておきますが、今回の参議院選挙の敗因は菅直人の消費税増税発言以外にはありません!(※注 以下は私の個人的な感想、見解であって有田さんの見解とはまったくない)。
twitterでも何度かつぶやいたけれども、「菅直人はけしからん!」という人は本当に多かった。
だって民主党は「長年続いた既得権益まみれの自民党政権では、行政のムダを省くことはできない。だから政権交代をしてしがらみのない民主党が国民の生活が第一という視点から徹底的に既得権益に切り込む。この間は消費税増税はしない」といって前回の衆議院選挙で圧倒的な勝利を収めたのだから。
ところが総理大臣が官僚に取り込まれた菅直人に代わったとたん「やっぱり増税が必要だ」と言い出した。これでは国民が「話が違うじゃないか」と怒るのが当然で、だから小沢一郎は「国民との約束を守るべきだ」と主張したわけだ。ところがこの当たり前の小沢の主張に対して与党の幹事長が「大衆迎合」と決めつけたのだから、空いた口がふさがらない。
いったい、菅直人にしても枝野幸男にしても、消費税問題がどれだけ参議院選挙の立候補者に影響を与えたか本当にわかっているのか。なにしろ民主党以外の候補者はこの問題で徹底的に攻めてくる。ま、それもまたデタラメな論法なのだが、ことここに至ると国民は民主党に対して不信感を持ってしまっているから、野党の言うことを「もっともだ」と思ってしまう。しかもそれをメディアが増幅する。
にもかかわらず選挙後も菅、枝野とも続投。しかも敗因は「政治とカネ」の問題であって「小沢一郎は万死に値する」などと言う連中までいるのだから、民主党現執行部に対する私の支持率は限りなく下がっている。

ま、こんな話を書き始めると終わらないので話を進めると、、、

こうした民主党逆風の中、しかも組織的にも全国比例立候補者の中で最弱と言える候補者が、なぜ結果的に民主党内でトップ当選できたのか?
それは基本的に有田さんが強い候補者だったからだと思う。
選挙前後のテレビ番組では、いわゆるタレント候補にばかり話題が集中していたが、ワイドショーに12年間出演してきた有田さんの知名度というのはハンパではない。とくにオバちゃん層に対して圧倒的な浸透力がある。
商店街を練り歩いても、歩行者天国を練り歩いても、とにかくオバちゃんが十年来の知り合いといった感じて「あらー有田さーん!」と近寄ってくる。そうして握手をしてチラシを受け取ると、キャーキャーいって記念撮影をすることも少なくない。もう有田さんはオバちゃんのアイドルなのである(^_^;)。
私が有田さんの乗っていない、もう一台の選挙カーで街に出てチラシ配りをしていた時のこと。選挙カーを見て「あっ、有田さんだ!」と近寄ってきたオバちゃんが、いざ有田さんがいないのを知るとガッカリしている(ただしなぜか私の顔を見て「有田さん?」というオバちゃんが何人かいたのだが、これは私としてはなはだしく心外で、だってワタシもう少し髪の毛あるでしょーが!と思ったものである)。
また有田さんと一緒に埼玉県南部を回った時のこと。大宮を選挙カーで走っていると、とあるビルから突如オバちゃんの大群が出てくるところに遭遇した。するとそのオバちゃんが大げさでなく、選挙カーに向かって全員キャーキャーと手を振るのである。それはすごい光景だった(笑)。
で、こういう光景を見るにつけ、「選挙に勝つ最大のポイントは、有田さんが参議院選挙に立候補していることを認知させること。とくにオバちゃんにそれを知らせること」だと私は思った。
その点で有利だったのが「ア行効果」だろう。有田さんは名字が「ア行」でしかも民主党の候補者名簿のトップに名前が出ている。もともと、この名簿トップの効果は大きいと言われていたのだが(民主党の石井一氏も有田さんの出版記念パーティでそのことを言っていた)、私は半信半疑だった。だが、選挙に行ったオバちゃんが民主党の名簿を見てそのトップに「有田芳生」と書いてあれば、「あっ、有田さんだ、じゃあ名前を書こう」となったのだと思う。
実際、有田さんは期日前投票の出口調査でトップで、比較的早い段階で有田さん自身には「いい線をいっている」という情報がもたらされていたそうだが、それはこの名簿とオバちゃんの関係があったからだと私は見ている。

とはいえ、「後から考えてみればそうだったかな?」ということなど、選挙をやっている最中は何もわからない。
だから、ズッコケ軍団は必死になって候補者と一緒に走り回るのであった。

つづく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/16

参議院選挙 ~ ズッコケ軍団の奇跡 その3

話は前後するが、公示日の数日前から、有田さんの中傷ビラが最初は板橋区内、さらには全国の各地域でまかれるといった事態が起きた。
やったのは統一教会。
さすが霊感商法の統一教会と闘う有田芳生!
実は、それまでは「オウム真理教と闘い、拉致問題にも取り組む。元祖とことん現場主義」をキャッチフレーズにしていたのだが、あちらさんがそーゆーことをしてくるなら、、、ということで以来、このキャッチフレーズの冒頭に「霊感商法の統一教会」というフレーズもしっかり入れて街宣車を走らせるようになった。
一方、あちらさんはというと、6月22日の夕方にはついに大山の駅頭で有田さんの中傷演説までやる始末である。
なにしろこちらの事務所は大山駅から徒歩数分であるから、早速、カメラを持参して見に行くと、横断幕を掲げて一人が演説しており、結構な人数がチラシ配りをしている。なかには女性もいるが、これがまた絵に描いたようにちょっと地味目で真面目そうな人ばかりで、私は「ああ昔も今もこういうタイプの女性が引っ掛かってしまうんだなあ」と思ったものだ。
で、私がこの演説をデジカメで撮影していると、あちらさんもしっかりと私の方にカメラを向けてビデオを撮影をしているのであった(^_^;)。もちろん、こちらもデジカメは動画モードだが、ついでだからUSTREAMでも中継してみた。その録画ファイルが↓。

しかも駅前だけでなく、近隣の住宅にチラシを配っている部隊もあるようだ。
大した組織力である。
だから、、、ズッコケ軍団の会話はこんなになってしまう。

「しかしまあ、このチラシ全国で配ってるんだろ。統一教会ってまだ結構な人数がいるんだな。すごい組織力だな」
「ですね。こんなことにムダなエネルギーを使うより、その組織力をうちの事務所に欲しい、、、(-_-;)」
「まったくだ(^_^;)」

統一教会の中傷は選挙公示前に一応、終結した(それでも立派な選挙妨害だ)。
ところが、選挙が始まると次に登場したのが「やまと新聞社」という初耳の新聞社である。

http://www.yamatopress.com/arita.html
(リンクは張りたくないので、コピペしてください)

要はスローガンの入ったポロシャツは公選法違反なのではないかというイチャモンなのだが、最初にこのページを見ると、内容よりもまず爆笑してしまった。というのもズッコケ軍団の面々の後ろ姿が思いっきり写っていたからである。巨漢のK君、そしてI君にO君。「ををっ、みんな頑張ってるじゃないの、、、」
でまあ、こちらのページを見ると、どこの陣営もおそろいのポロシャツを着ているし、他にも厳密に言えば公選法違反という陣営もある。
そもそも、キャッチフレーズの入ったポロシャツを着たぐらいで公選法違反なんてアホのような話である(これも稿を改めて書くが、選挙活動を公選法によってがんじがらめに規制するよりも、ジャーナリズムと詐称して官房機密費授受疑惑のある連中を含むメディアが垂れ流す「ニュース」の方がよほど有害で、規制の対象とすべきである)。
だから私は内心はこのポロシャツを着続けてもいいんじゃないかと思ったが(せっかく作ったんだし)、まあしかし一応、これ以上目をつけられてイチャモンをつけられるのもなんだから、、、ということで、このポロシャツを着るのは以後やめることになったのだった。
ちなみに、この後に続く選挙期間中、まあいろいろな候補者陣営に会いましたね。たとえばこちら↓。

Img_6807

公選法云々よりもこの暑さの中で着ぐるみやらかぶりモノはつらかったでしょうなあ。
他にも某元プロ野球選手の陣営は運動員が「24」と入ったTシャツを着ていたし、某コーヒーチェーンの創業者の陣営はキャッチフレーズの入ったおそろいのエプロンを着用、またとあるタレント陣営も選挙カーにキャッチフレーズを入れ、さらにTシャツにもそれを入れていた、、、とまあ数え上げればキリがない。
しかしまあ、ズッコケ軍団はそうと決めたら清く正しく進むのであった。

※やまと新聞社については、こちらのブログをご参照ください。他にも関連のエントリーがたくさんあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

参議院選挙 ~ ズッコケ軍団の奇跡 その2

選挙後、テレビのワイドショーで放送された、当選した某候補の密着取材を見た妻は、帰宅した私の顔を見るなり「あの人の事務所は学生のボランティアがあとからあとから入って来て人手にぜんぜん困らなかったんだってさ」と言った。私が「普通の事務所はそんなもんらしいよ。蓮舫の事務所なんかもすごいらしい。当選の万歳の時に後ろにズラッと並んでいたのは全部、学生のボランティアなんだってさ」と答えた。すると妻は、

「まあ有田事務所も学生ボランティアがまったくいなかったわけじゃなかったから良かったじゃん。H君一人だったけど(^_^;)」

と言ったのだった、、、

えー、念のために申し上げておきますと、スタッフ全員がズッコケていたわけではありません。
浅野克彦都議はズッコケ軍団を支えてくれるお目付け役だったし、前回の衆議院選挙に続いて板橋区の民主党区議団のメンバーである尾名高勝区議田中やすのり区議、そして小沢一郎政治塾出身の長瀬達也区議も全面パックアップしてくれた。
とくに長瀬達也区議についてはいずれ稿を改めて書くが、「小沢一郎政治塾出身というのは大したものだ」と思わずにはいられなかった。
また民主党で兵庫県選出の高橋昭一代議士の政策秘書のH氏も選挙期間中、毎日事務所に詰めてくれていたが、「なるほどプロがやる選挙というのはこういうものなんだナ」と勉強させられた(このH氏の証紙を貼るスピードの速さには仰天した)。

今回の参議院選挙の公示日は6月24日。
その日の晩、浅野都議も加わっての選対会議が開かれた。
一体全体、全国比例というアホのように広い選挙区でどのように闘うのか。
これについて冒頭、候補者である有田さん自身から、「昨年夏、11万票を得た板橋区を大事にしたい」という発言があった。確かに組織のまったくない陣営にとって、心のよりどころは負けたとはいえ昨年夏の衆議院選挙での票である。しかも昨年の衆議院選から引き続き事務所は板橋区大山におかれている。だとしたらそこを固めるのはいたって現実的だ。
もちろん、それだけでは選挙にならないので、この板橋区を中心に東京、埼玉、千葉、さらには北海道、関西などを攻めることになった(最終的には福岡にも入った)。
いま考えても、この選択は正しかったと思う(というかこれしかなかった)。
今回、いわゆるタレント候補と言われる人たちは一部をのぞいて苦戦したけれども、その最大の理由は、いくら知名度があっても組織がない限り、どこをどう回っていいのかわからなかったのだと思う。
しかし、有田陣営は限られた人数の中でも時間があれば大山を中心に東武東上線沿線でチラシ配りをして、さらに都心に足を延ばすという手法をとった。
とはいえ、選挙カー2台。うち候補者が乗るクルマには伴走車をつけて3台のクルマを走らせると、事務所に残る人数は少なく、これがいま選挙を闘っている事務所なのか?という感じになる。
ちなみに私は事務所にいる方が多く、したがって証紙貼りやら公選ハガキのあて名入力などをすることが多かったが、妻たち同様、「ホントにこれでダイジョウブなんだろうか、、、」と思ったものである。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/13

参議院選挙 ~ ズッコケ軍団の奇跡 その1

昨年の衆議院選挙は個人的に非常に悔いが残る闘いだった。
それはこちらのエントリーにも書いたが、「本当に人事を尽くしたか?」と問われた時、自分の中で自信を持って「イエス」と答えられなかったからだ。
とくに私が印象に残っているのは選挙戦の最終日の夜。選挙戦を終えて帰宅の途につくと、相手陣営は大山駅前で運動員が最後のお願いをしていた(最終日は20時で街宣車のマイクを止めなければならないが、クルマ自体は走らすことができるし、駅前等で「お帰りなさい!」と声をかけるのは違法ではない)。
それを見た時に、「うちはやらなくて良かったのかな」という思いが心をかすめた。
とはいえ、選挙期間中のあまりの反応の良さを思い返すと、その時点では「だから負ける」という気はしなかった。
その結果が最高惜敗率での落選。
以来、心の中に「やるべきことをすべてやったら結果は違っていたのではないだろうか。自分たちは甘かったのではないだろうか」という悔いがずっと残っていた。
ところが1年を経ずしてリベンジのチャンスがやって来た。だから最初に心に決めたのは、「今回は絶対に悔いの残る闘いにしない!」ということだった。

とはいえ、、、
前回は衆議院選挙、しかし今回は参議院の全国比例区である。
衆議院選挙はわかりやすい敵(相手候補)がいて、選挙エリアも板橋区(東京11区)とはっきりしていた。
ところが今回の選挙エリアは全国なのだから、いったいぜんたいどこをどのように回ればいいのかさっぱりわからない。もう雲をつかむような話である。
しかも選挙制度もわかりにくい。全国比例区は政党名でも個人名でも投票ができるが、比例区の名簿には順位がついておらず、当選は得票した個人票によって決まる。つまり、敵はむしろ民主党の名簿登載者ということになるのだが、この仕組みについて知っている人がそもそも少ない。
そうしたなかで「有田芳生」という名前を有権者に書いてもらわなくてはならないわけだが、実際のところは有田さんが参議院選挙に立候補しているということ自体をどれだけの人が知っているかも疑問であった。
しかも昨年の衆議院選挙、そして前回の参議院選挙では新党日本からの立候補だったのに対して今回は民主党。もし前2回の選挙、とくに衆議院選挙で民主党から立候補していれば確実に勝てたはずである一方、今回の選挙では民主党自体が逆風にさらされている。
もう、ないない尽くしとはこのことだ。
にもかかわらず民主党の選対本部長である石井一氏は「30万票取れ!」と言ったという。これを聞いた時、私は内心、

(゚Д゚)ハア?

と思った。
ちなみに前回の参議院選挙での有田さんの得票は159,814票、衆議院選挙は板橋区内だけで113,998票であったがこれは1対1の闘いの結果であり参考にならない。してみると、30万票というのは想像を絶する途方もない数字であった。
しかも有田事務所はスタッフの数が圧倒的に少ない。どのぐらい少ないかというと、区議選でももう少しスタッフがいるだろうというほど少ないのである。
今回、テレビの開票番組中にいろいろな陣営を見たが、まあどこもかしこもものすごい数のスタッフがいる。ところが有田事務所は前回の衆議院選挙はもうちょっといたかな?というぐらいに少ない。
では少数精鋭かというと、それがそういうわけでもない。集まったスタッフは若者にしても私にしてもどことなく問題ありげな(何しろ私なんぞは50を目前にした失業者である)、他の候補者陣営に行ったらそれこそつまみ出されてしまいそうなズッコケた面々ばかりである。

ご存じのとおり、選挙というのは人海戦術という側面がいたって強い。とくに選挙戦開始直後はポスターやチラシに選管の証紙を一枚一枚貼らなければならないのだが、これが数十万枚ある。もちろんこういう作業については支援してくれるグループもあるのだが、それにしてもスタッフの絶対数が少ない。
そこで私はこれまで選挙などというものにはまったく関心のなかった妻にも「事務所に来ないか」と言ってみた。すると彼女は友だちを一人誘ってやって来たのだが、当初は一日限りのつもりだったらしい。
ところが、、、
山のように積まれたポスターとチラシ、それを前にしてシコシコと証紙を貼っている人数のあまりの少なさに、「ホントにこれでダイジョウブなの? 選挙って期間限定でしょ?」と思い、二人とも愕然としたらしい。
しかもこういう地道な作業をやると彼女たちは速いが、スタッフは何しろズッコケ気味である。こうなると彼女たちの心の中に「いくらなんでもこのままこの人たちを放っておくわけにはいかない」という気持ちが芽生えてしまい、結果、一日限定どころか証紙が貼り終わるまでずっと事務所にやって来ることになる。
そんななかで17日間の選挙が始まった。

つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/07/12

当選確実直後の挨拶

当選確実が出た直後の挨拶です。
iPhoneアプリのTwitCasting Liveで中継したものを録画したものですが、私のiPhoneは初期型の3Gなので画質が悪いことを最初にお断りしておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

3度目の正直

書きたいことは山ほどあるのですが、本日、所用でこれから外出しなければなりません。
とはいえ、今日からまた普通の失業者になるので、今回の選挙の総括も含めてこれから当ブログの更新を再開します。

Rimg0088

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/07/08

7月5日~7月7日

選挙も最終盤に入ると、さすがにバタバタする。
まして当方の陣営はまったく組織がない。そんななかで全国比例を闘うのだからドタバタである。
ネット選挙を解禁しなかった民主党に恨みが残る。

一方で公職選挙法に基づく選挙を徹底するとなると、まあなんともくだらない規制がいくつもあり、そういう規制を乗り越えていくには組織があればあるほど有利である。それは結局のところ既得権益者な有利な仕組みということなのだろう。

そして腹が立つのがメディアである。立候補者が公選法によって縛られているのをいいことに、メディアでは「報道」と称して露骨な世論誘導をやっている。世論調査しかり。各社とも「自分たちの願望というバイアス」をかけた調査結果を垂れ流す。
ジャーナリズムを規制するのはもちろん問題だが、長年にわたって官房機密費を受け取って時の政権の御用をつとめてきたジャーナリズムを詐称する連中に対しては何らかの規制をすべきだと思うのである。

とはいえ選挙戦もあとわずか。
これが終了したら、結果を総括しつつ、再び「ドキュメント出版社」や「郵政省解体論ができるまで」を更新していこうと思う。

*****
7月7日
七夕に狂気の沙汰 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100707-OYT1T00543.htm
posted at 21:53:09

今日はすでに出動。明日はもっと早くて始発に乗らなきゃいかん。
posted at 07:16:06
*****

*****
7月6日
@lolita108 東上線はいい空気ですよね。大山の駅前には夕方になると缶ビール飲んでるおっちゃんがいますけど、下町っぽくて好きです。なんか大阪の商店街みたい。
posted at 22:04:36

電車の中で缶ビールを飲んでいる自分は完全に人間のクズ状態。
posted at 21:46:41

おっ、東武練馬だ。ビールタイムだ(w
posted at 21:40:53

さて、今日は面白いこともあったんだけど、なにしろ選挙期間中なので書けない。覚えていたら選挙後に。
posted at 21:33:58

また東上線に乗る前に缶ビールを買ってしまた。東武練馬を過ぎて人が少なくなったら飲もうっと。
posted at 21:32:22

政権が変わっても原子力に対するスタンス、木で鼻をくくった態度はまったく変わらない。 http://chikyutomo.greenwebs.net/?p=1001
posted at 14:01:43

あさりの密猟にア然とかゆー番組をやっとるが、こんなクソ番組を垂れ流してるほうがア然。テレビはストレートニュースだけを淡々と流してればよろし。何もやることがなければ放送なんて休止しろ。そのほうがよっぽどエコ。
posted at 12:30:37

やくみつるなんて、すっかりメディアに取り込まれてご満悦って感じだな。
posted at 12:23:37

テロ朝が気持ちよさそーに貴乃花をぶっ叩きちう。
posted at 12:17:25

選挙戦各陣営の些細な違反(そもそもくだらない規制によるものが多い)に目くじらを立てるよりも、露骨な世論誘導を行うメディアこそ規制すべき。「投票前三日に創価学会による集団催眠を受けたことがある 」〜 世に噛む日日 http://bit.ly/9uHxQ3
posted at 11:22:39

完全に土木利権ですね。RT @sedzir 六ヶ所工場だけでも一つの原発が一年に出す放射能を1日でクリア。実は国(官・政・産軍団)は第二工場を計画してる狂気。
posted at 10:40:06

自分たちを権威だと思っているんでしょうね(失笑)RT @syuntajai: @kappaman ある意味、テレビのワイドショーって検察化していませんか。
posted at 09:11:05

直前のツイートは毒ダネ!を今見ていて思ったこと。
posted at 09:01:08

テレビのワイドショーってのは、人様のミスや失敗についてはどんなに些細なことでも執拗にあげつらうけど、自分たちに向けられた批判についてはどんなに大きな問題でもドスルーする。
posted at 09:00:30

おはようございます。しかしマスゴミは大相撲の問題がホントに好きですな。こういうふうに集中豪雨的に一つの
問題をやっている時には、別の都合の悪い何かを隠ぺいしていると私は思っております。それにしても、テレビ局、新聞社の連中なんかみんなカネ賭けてギャンブルやってるだろうが。
posted at 08:24:45
*****

*****
7月5日
植草氏の少し前のエントリー。枝野のクソ馬鹿は刮目して読め!そして消えてくれ‼「小沢氏を大衆迎合と非難する枝野氏の大衆蔑視 」〜 植草一秀の『知られざる真実』 http://bit.ly/amyLd7
posted at 22:07:42

民主党執行部は目ん玉をよーくこすってこのエントリーを読め!とくに枝野のクソ馬鹿は‼「【参院選】悩ましい日本の政治構造 - Infoseek 内憂外患 」〜 田中良紹の「国会探検」 http://bit.ly/aDRw8k
posted at 22:01:37

テロ朝、消費税アップの洗脳番組開始?選挙ってほんとにいろいろとくだらない規制があるんだけど、そんなことやるよりこーゆー番組を規制しろよ‼
posted at 21:04:03
大山駅前は屋根のあるハッピーロードの出口のところに人がいっぱい。
posted at 20:43:09

さっきテレビ朝日で電事連のCMを流してた。デタラメな内容だったけど、テレ朝にとってはいまどき定価に近い広告料金を払ってくれる最上級の客ということだわな。
posted at 12:20:34

「「財源はいくらでもある!消費税増税は反対! 緊急国民財政会議」ご報告(その1) 」〜 Like a rolling bean (new) 出来事録 http://bit.ly/9oSuNx
posted at 10:39:40
*****

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/05

お知らせと若干のつぶやき

昨日、一昨日は大したtweetもしていないので掲載はしません。
選挙活動も今週いっぱいで終了。書きたいことはたくさんあるのだが、それは来週以降に。

なお、押し紙と折込チラシの関係については、もうすこしきちんと調べなければならないと考えております。
twitterで@asahi_tokyoに

「@asahi_tokyo 東京23区内に折込チラシを入れたいのですが、押し紙の問題があります。チラシをムダにしたくないので各区の専売所の実際の配達部数を教えてください。そちらでわからない場合はどこで訊けばいいのかを教えてください。よろしくお願いいたします。」

と質問したところDMで、

「お問い合わせいただき、ありがとうございます。折込につきましては、朝日オリコミ(03-3544-7621)にお尋ねいただけますでしょうか。本日は土曜日ですので、担当者が不在かもしれません。週明けにでもお問い合わせいただければ幸いです。よろしくお願いします。」

という、大変丁重、かつ木で鼻をくくったような返事がきた。
@asahi_tokyoというのは「朝日新聞東京本社の報道局・編成局のアカウント」だが、この会社は自社に向けられた疑問についてはスルーする体質のようだ。
そういえば、以前に官房機密費の問題について質問をしたときにも、何の根拠もなく「そういうことはあり得ません」という返事が来たものである。
そうして少々、疲れ気味の私は昨日、帰りの電車の中でこんなふうにつぶやいた。

「今の日本を本気で変えようというのなら、政治をどうこうするより、既存メディアを全部潰すほうが手っ取り早くて効果的だと思うヨ。これ選挙を手伝っている人間の本日現在の感想。」

まあしかし、実際のところ、既得権益にしがみつくメディアほどしぶといものはない。ここ最近、それをまざまざと見せつけられている気がするのは私だけではないと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/03

7月2日のtweet

知り合いで新聞に折込チラシを入れたいという人がいた。ついては広告代理店と話をするから一緒に立ち会ってくれないかというので同席した。
エリアは東京23区。代理店が持ってきた紙には各区ごとに全紙の専売所とその搬入数が書かれている。
この専売所は細かく指定していくことができるという。
しかしながら押し紙という問題が頭をよぎる。そこで、この代理店が帰ったあと、知り合いのいくつかの代理店に押し紙について訊いてみた。
するとあっさりと、「押し紙の問題はあって、実際に配られるのは搬入数の8掛けぐらい」と教えてくれた。
たとえば、ある区のAエリアの専売所の搬入数は5000部としても、実際に配られのは4000部前後だという。
だとすると、そこに5000部の折込チラシを送っても1000部はムダになるわけだ。しかし、料金は5000部分請求される。まったくの詐欺である。
もちろん、折込チラシに慣れているスーパーや自動車のディーラーは、押し紙の問題も考慮して各専売所に送るチラシの枚数を決めるのだろうが、そういうことをまったく知らない客はそのまま5000部送ってしまうだろう。
そうして配られなかったチラシはどうなるのか? こっそり廃棄されるのか? 是非、知りたいところである(どなたか事情をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください)。
が、なによりも広告を出す方は、できるだけ効果が高まるように必死でカネを出すのに、そもそも配られないチラシが大量に出るというのは商道徳上ありえないことで、繰り返して言うが完全な詐欺行為である。
そしてこういう商売をしている連中が、やれ政治とカネやら大相撲の賭博やらを追及しているというのだから、もはや呆れてものも言えない。新聞社は一刻も早く各専売所における配達部数を出すべきである。
ちなみに、私がこの件について昨日つぶやくとmentionをいただいた。それを以下に紹介する。

「いろんな意味で、私は完全に詐欺が常態化した分野だと思ってます。で、実態は八掛けどころではないでしょう。」

「まさに。過去何十年にも渡って、平然と続けられた詐欺商法が、ここに来てにっちもさっちもいかなくなったわけですが、それでも自らの機密費疑惑には触れもせず、相撲界への集団リンチに明け暮れるところを見ると、もはや完全にホープレスだと思います。」

*****
オシムのつぶやきを見ながらワールドカップを観戦
posted at 23:27:29

「ガンバレ、二人区と比例区の小沢擁立候補者たち! 」〜 世に噛む日日 http://bit.ly/cmotUP
posted at 21:49:17

今日、菅直人のコメントが掲載されたチラシを見たが、そこには「政治とカネや普天間問題の混乱でご迷惑かけた」というようなことが書いてあって呆れた。「不知恩の徒・枝野幹事長が有権者を「バカな大衆」と見下したことは、忘れない 」〜 世に噛む日日 http://bit.ly/d91btV
posted at 21:46:47

今日はチラシ配りのコツを一つつかんだ気がする。
posted at 19:59:54

専売所に入れる部数ではなく配達部数をきちんと公表しないと、広告を出す方はたまったもんじゃない。せっかくお金を出してチラシを入れても配達されずにこっそり廃棄されたんじゃ話しにならない!
posted at 14:58:17

@tmaeno 折込チラシは、これ完全な詐欺ですね。こんなデタラメな商売やっている連中が政治とカネやら賭博やらを追及していること自体が神聖喜劇。
posted at 14:53:04

@ShimpeiHMMT 止まってました。もう二度と動かすな!
posted at 14:51:36
嗚呼、今週も「主に泣いてます」が面白い
posted at 10:46:42

@BondiBlues エリア限定はやめて欲しいですね。でも実際は難しいのかも。ただそうなると、録音ファイルのネット上での受け渡しなど違法行為も広がっていきますね。
posted at 10:42:31

今日の日経は武智幸徳の原稿がいい。社会面の代表帰国の記事に出てきた一般のファンの名前にプチ反応。三崎奈美さん(23)。 ついでに言っとくと、ワシントン支局長の大石格は相変わらずクソだな。
posted at 10:36:35

折込チラシみついて調べる必要があったので、馴染みの広告代理店に電話していろいろと質問してみた。押し紙について訊くと「実際に配られるのは専売所に入る部数表の8掛けぐらい」とのこと。嘘の部数表で広告を売るのは詐欺じゃねーの?
posted at 10:31:10

狩野舞子がビーチバレーに行ったら大変だろうなあ、、、
posted at 09:47:29

昨日、先週放送の「久米宏ラジオなんですけど」を聴いたけど、インターネットのストリーミング放送をして、全世界のリスナーに生電話をしていた。ラジオのあり方もネット時代は根本的に変わることを実感。
posted at 09:47:04

RT @GJ_j24: RT @47news: もんじゅでポンプ一時停止 排水の配管に異物か http://bit.ly/aPiDhw #nuclearjp
posted at 09:44:41

出かける前にひとこと。もんじゅを止めろ!
posted at 09:44:27
*****

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/02

7月1日のtweet

昨日の昼前、フジテレビを見ていたら静岡選挙区の情勢を流していた。ここは民主党2人の候補者を出している。そして2人目の候補は小沢一郎が擁立した女性である。
そして、これによって民主が分裂しているというのだが、もはや手あかにまみれた小沢バッシングの刷り込みを相も変わらずやっている。
TBSもしかり。こちらの方はフジテレビに比べると、もともとはマシだったんじゃないか、、、というイメージがあるから(単なるイメージでしかないが)、その凋落ぶりがかえって際立つ。しかも、頼みの綱のラジオもおかしくなっている。
そんななかで依然として光っているのが「久米宏 ラジオなんですけど」。
昨晩は久しぶりに、ウォーキングをしながら先週末のスペシャルウィークの録音を聴いたが、この日はインターネットでストリーミング放送をして(前の週もやっていた)、世界中からメールを募り、そのうちの何人かのリスナーに生電話をするという企画。ラジオのありようがネットによって根本的に変わっていくことを実感する放送であった。

話はまったく変わるが、会社を辞めてひと月がたった。
最初の一週間は広告営業をしている夢をよく見たし会社の仲間も登場したのだが、いつしかそれもなくなった。
そうして私は未だ身の振り先が決まらないわけだが、それでも人生は続く。

*****
マクドナルドでパソコンに向かってひたすら地道な作業ちう
posted at 17:34:56

「なぜ新聞による世論操作は、インターネットよりもいまだに有効なのか? 」〜 Aobadai Life http://bit.ly/9yW4s8
posted at 14:24:37

「小沢一郎が衆院選政権公約を修正した党執行部批判したことに対し、トロイの木馬勢力が反論してんだってさ。枝野に至っては「大衆迎合」だと民主党に投票した有権者を見下しだ 」〜 憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へ http://bit.ly/c0A6OS
posted at 14:19:48

考えてみると会社を辞めてひと月がたっていた。
posted at 12:41:15

フジテレビもTBSもどうしようもない番組ばかり垂れ流してるな。
posted at 12:00:50

昨日、ふじみ野から大宮へ移動中、「西武ライオンズ様」というバスとすれ違ったので2軍の移動かなと思っていたら、どうやら1軍だったらしい。
posted at 11:58:43

サッカーマガジン増刊号に掲載されている松井、駒野、阿部の決勝T後の写真がいい。
posted at 10:59:38

@sugaki おはようございます!
posted at 10:00:13

行きがかり上、民主党の候補を応援しているけど、どんどん民主党から心が離れていく。しかし、それでもいいのです。なぜなら参議院比例区は党名ではなく候補者の名前を書く選挙だから。
posted at 09:57:09

おはようございます! もんじゅを止めましょう!
posted at 09:55:12
*****

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/07/01

6月29日と30日のtweet

日本代表のワールドカップが終了した。
私は無神論者であるが、しかし日本代表のサッカーを見ていると、サッカーの神様はいるのかナ?と思う。
思えばドーハの悲劇。あの瞬間は信じられなかったが、いま考えるとあれこそが日本のサッカーの進歩のきっかけになったのだと思う。あの時、サッカーの神様は「日本はまだまだ甘い。こんなことではワールドカップへ行かせるわけにはいかない」と考えたのだと思う。
そして4年後にジョホールパルで勝つわけだが、フランス大会の予選は、ドーハの悲劇を経験してなお、ワールドカップへ行くのはこれほどまでに辛く苦しいものなのかということを味わった。だから最後に歓喜があった。
そして日韓ワールドカップではベスト16進出。しかし最後は煮え切らない試合をして、次のドイツ大会では再び3連敗というどん底を味わった。
今回、個人的な予想では3連敗だと思っていた。だが、日本代表はこの4年間、真っ当に努力して前進していた。だから予選リーグを突破することができた。それは偶然でもなんでもなく、サッカーの神様が下した正当な評価なのだろう。しかしてベスト8になることを許してはくれなかった。それもまたサッカーの神様が下した評価である。
だったらここからまた前進すればいい。
ただハードルはワールドカップ進出を悲願としていたころから比べれば、はるかに上がっている。
私はいずれワールドカップの出場を逃す時もくるのではないかと思っている。だが、それも含めて試練なのであって、ワールドカップがある限り、この道は続いていく。
そうして見ている方は、このあまりにも濃ゆい試練の道に麻薬のようにとりつかれていく。
日本代表でいえばオフト監督以前は野球とラグビーしか見ていなかった私も相当重症の麻薬患者になりつつある。

※レッズファンの私としては、今大会の阿部勇樹の働きは特筆ものだ思う。そして長谷部も素晴らしかった。一応、トゥーリオも。そして最後に中村憲剛が出てきたことが嬉しかった。私はレッズファンからは叱られてしまうだろうが、中村憲剛のファンなのである。

******
遅くなってしまったけれど、毎日のおつとめ。もんじゅを止めろ!
posted at 21:54:55

尊敬するブロガーが立ち上げた新たなブログ。そのせつなさに胸がつまる。そしてコメント欄にも。「雨の日の衝撃」~試されるとき http://eiji10.seesaa.net/article/154793204.html
posted at 21:52:05

「「こんな民主党なんて、惨敗すればいいんだ」とつい思ってしまう自分を持て余している 」〜 世に噛む日日 http://bit.ly/aYNeNy
posted at 21:17:16

さすがあの岸井が主筆だけのことはあるクソ記事。「小沢一郎氏が意欲を示して何が悪いのだ 」〜 世に噛む日日 http://bit.ly/b4n4gA
posted at 21:11:02

といっても私が運転しているわけではなく、助手席で手を振っているだけだが、、、
posted at 19:09:46

ただいま給油中。あと一時間弱がんばろー!
posted at 19:07:19

蕨駅西口なう。駅前にあった公衆トイレがウォシュレットだった。
posted at 16:54:36

今日はこれから12時間、クルマに乗り続け。眠いなんていってらんない。
posted at 07:44:57

これもまた日本サッカーの進歩の一過程。神様はまだベスト8への進出を許してくれなかった。だったら再び前進すればいい。
posted at 01:55:29

そうして期末試験前の中3男子は勉強しないで、テレビの前でiPod touchを振っている(ブブゼラアプリを鳴らしている)。これでいいのか?これがワールドカップなのか?
posted at 00:56:11

ワタシ、レッズファンなんだけど中村憲剛は好きなんです。頑張れケンゴ!
posted at 00:54:10

絶対、勝つ!
posted at 00:53:16

中村憲剛、頑張れ!
posted at 00:37:49

恐ろしいほど高い視聴率の番組中に流れるCMに果していかほどの効果があるのか?電通はこの枠のROIをクライアントごとにきちんとだすべきだな。
posted at 00:02:44

勝負はかかっているものが大きければ大きいほどおもしろい。それを味わうのは麻薬のようなもの。ワールドカップは世界最大の麻薬。
posted at 23:52:54

息子がいま買ってきたJリーグチップスのカードで本田圭佑が出た!
posted at 22:42:59

モイ! TwitCastingでライブ配信しています - http://moi.st/3eabf
posted at 21:28:13

@japan2aladdin ですよね。
posted at 21:26:29

いまの雷はすごかた。なんでみんな外を歩けるの?
posted at 21:24:36

ちぇっ RT @sansaku 噂ですかあ。RT @Kirokuro まだ噂レベルみたいです。 QT @isami_ichifuji: メ シ ウ マ 状 態 RT @Kirokuro: 祝!太田総理打ち切り!!
posted at 21:23:55

志木もすごいです。頭上でゴロゴロ RT @hako_za 朝霞界隈、雷スゴスギル・・・・コワイ・・・・。
posted at 21:21:59

ふざけんな!RT @47news 原発運転再開、秋以降にも 中国電力の山下社長 http://bit.ly/9YSW1c
posted at 21:21:01

おっかなくて駅から出られない、、、
posted at 21:17:48

ひえーっ、ワタシ、雷は嫌いなんですよ
posted at 21:06:51

検察の犯罪偽造 RT @japan225 文書偽造、元厚労局長の公判結審 http://bit.ly/b2Zn3x 弁護側が最終弁論で「大阪地検特捜部は客観的証拠を無視してストーリーに沿った調書を作成し、冤罪を生んだ」と厳しく非難した。判決は9月に言い渡される見通し。(共同)
posted at 20:48:36

抜群に動きのいい区会議員は小沢一郎政治塾出身。さすがだ!
posted at 20:37:01

広告をセールスする人が気の毒だ RT @igi3: RT @bt_haya: ネタかと思った RT @fatsin: 「GINGER」が文芸誌に進出 姉妹誌「ジンジャーエール」創刊 http://bit.ly/9zau92 #fashion
posted at 19:29:23

TBSクソだ RT @tokunagamichio: TBSニュース、小沢氏が消費税10%に反対していることについて、「かつて小沢氏はガソリン暫定税率廃止も撤回させた経緯があり、また小沢氏による権力の二重構造では…」と、TBSの小沢氏に対する偏向報道には悪意がある。
posted at 19:24:21

日経夕刊の阿刀田寛の原稿もいい。そして空気をまったく読めないTBSのテレビ欄は夕刊も朝刊と一緒。
posted at 17:15:30

RT @biwawa: 前原、あたしんちのテレビに出るな。
posted at 11:47:02

しかし日経ってスポーツ面以外は見るべきものがないな。
posted at 10:57:44

阿刀田寛の原稿、絶好調だな。筆が滑り過ぎの感もあるけど、南米チームの奥深さも十分に伝わってくる。
posted at 10:33:09

後で読むRT @shike: RT @opaken: これは良記事だ! Business Media 誠:岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは (1/7) http://bit.ly/bLEGaX
posted at 09:52:17

やっぱTBSは終わってる RT @ginco_silver: 最後ムード演出して視聴率稼ぎなんだろうね RT @120co: ひどいw RT @uno_o TBS的には「今日で終了」なんですね! http://twitpic.com/20u4fc
posted at 09:51:37

今日は日本サッカーにとってとてつもなく大事な日なんだから、国民が安心して試合に専念できるように、もんじゅを止めろ!
posted at 09:49:19

ということで、今日はレッズのTシャツを着て出かけます。背番号はもちろん22(阿部勇樹)!
posted at 09:48:15

おはようございます。これから出かけますが、また日経を買ってしまいそう。こんなことなら今月だけ購読しておけば良かった、、、
posted at 09:46:24

RT @monogatarizm: RT @Kotaro: このワールドカップの見方は面白いw on Twitpic http://twitpic.com/20m209
posted at 09:45:03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »