« ドキュメント出版社 その1 | トップページ | 有田芳生 ~ 参議院選挙に向けて »

2010/06/04

霞が関との闘いの正念場 に登場する菅直人に期待する

菅直人が総理大臣になる。
かつて厚生大臣時代に薬害エイズ問題に取り組んだ時は、いつかこの人が総理大臣になって欲しいものだと思ったものだった。しかし、その後の政治状況のなかで菅直人が総理大臣になる日は遠のいていった。
その間、私はだんだんと菅直人ってどうなんだろう、やっぱり他の政治家と一緒でダメなのではないか、、、と少しく疑問に思うようになった。
その疑問が晴れたのは、昨年夏の衆議院選で有田芳生さんの応援に入ってくれた菅直人を間近に見た時だった。
彼は公示前公示後の2回、東京11区に入ってくれたのだが、最初の時は有田さんと菅直人が事務所内で少々雑談する時間があった。
私は編集をやっている時代に少しだけ政治家とは付き合いがあったし、議員会館の中をうろついたこともあったのだが、与党、野党にかかわらず、実際に接してみると政治家というものに違和感があった。その雰囲気は私の能力ではなかなか言葉にはできないのだが、一般市民とは何か根本的に違う雰囲気を身にまとっていた。したがって、たとえ野党が政権をとったとしても(現実的にはその可能性は皆無だったが)政治が大きく変わるようには思えなかった。
ところが、間近で見た菅直人にはそういう違和感がなく、むしろこれまで見た政治家には感じたことがない、「やっぱりこの人は市川房枝の流れを汲んだ人なんだナ、市民運動出身という原点があるんだナ」という雰囲気が濃厚にあった。
以来、私は菅直人を見直して、民主党が政権をとったからには一度は総理大臣をやって欲しいと思ってきた。

ただ、現在の政治状況は相当に難しい。このエントリーで書いたように、いま霞が関と民主党政権の闘いのいよいよもって正念場にさしかかっていると思う。それだけに、引き続き菅直人に対しても既得権益者たちはマスメディアを最大限に使って総攻撃を仕掛けてくることは間違いない。
私は菅直人なら乗り切れるとは思うが、一方で彼は民主党の最後の切り札だとも思っているので、ここで菅直人が潰れた場合は霞が関独裁の勝利に終わる可能性が高い。
だから私としては小沢総理で霞が関壊滅→菅総理で日本再生という順番でいって欲しかった。が、ことここにいたっては菅直人で霞が関壊滅&日本再生をやってもらわなければならない。
私は小沢一郎という政治家を今でも必要だと思っているし、これからも菅直人を支えて欲しいと思っているが、小沢のただひとつの弱点は、彼もまた世襲議員だということだ。実力があればそれは関係ないともいえるが、鳩山を含めてこれほどまでに世襲議員の総理大臣が続いた今、自分の意志で政治家を目指し、ゼロから自分の力で階段を一つ一つ上り、ここまでたどり着いた政治家はそれだけで光り輝いている。
歴代の総理大臣をさかのぼってみると、森喜朗だって父親は町長とはいえ政治家だった。この森を世襲と同列に扱うと、世襲でない総理大臣は村山富市にまでさかのぼる。が、村山にしても労働組合出身、つまり組織内候補なわけで、本当の徒手空拳ではない。と、こう考えていくと菅直人の存在は本当に貴重だ。
そして菅直人は政治家を志した時から自分が総理大臣になったら何をするか、どうやって官僚と接するかを考え続けてきたと思う。
私が思い出すのはテリー伊藤著「お笑い大蔵省極秘情報」(1996年初版)の中での傲慢な大蔵官僚連中の発言である。いまこの本が手元にないので記憶で書くのだが、テリーから「大臣としてイヤなタイプは誰か?」と聞かれた大蔵官僚は「これは今の時流に乗ってしまうので、あまり言いたくはないが菅直人」と答えたと記憶している。そうして、薬害エイズ問題での菅直人の官僚に対する接し方を渋々誉めていた。
霞が関との最終決戦の正念場に菅直人が登場したのは歴史的必然なのかもしれない。

|

« ドキュメント出版社 その1 | トップページ | 有田芳生 ~ 参議院選挙に向けて »

コメント

ユーチューブで「佐藤優 官僚のクーデター」と検索するば、佐藤優さんが昨日民主党代表選直前に出演したラジオ番組「くにまるワイド」がアップされています。

番組を聞くと、菅直人が「小沢さんには静かにしていてもらいたい」と言った言葉が「無知蒙昧な国民は黙ってろ」という意味だと分かりました。

霞ヶ関官僚は責任を取らない。マスコミ官僚も責任を取らない。その官僚機構に菅直人が取り込まれている実態が分かります。

既得権益という既成事実こそが最大の「匿名性」なのだということが分かります。

最大の匿名性はネットの匿名ではありません。最大の無責任な匿名性は「既得権」という官僚支配だということが分かります。霞ヶ関もマスコミも「組織」という匿名性に隠れて責任をとらない。匿名官僚が国民を支配してきた。そしてこれからますます「責任を取らなくても出世できる官僚権力」が日本を覆う。


貴兄が務めていた会社も似たような文化と掟に支配されていたのだと察します。

私も同業種の同世代です。南北朝時代の楠木正成のように偽王朝に異議申し立てをして南朝の後醍醐天皇を支えて闘った「悪党」です。貴兄を陰ながら応援します。

投稿: 修験道 | 2010/06/05 07:16

僕は60年安保直後の組合運動でほぼ10年やってきて挫折、小泉時代にそれまでの政治的沈黙を破って「田中康夫」「小沢一郎」支持を公言したばかりに最も古い友人(日共)に縁を切られました。
僕の基本的政治性(反帝・反スタ)は、何も変わってないのに!(ただ友人とは20歳の頃、互いに”敵対関係”になったことを知り、何年か会わない時がありましたが、再会後は(暗黙の裡に)対立する政治的会話は避けていた。)人間の感情は一言で変わり、「時とともに」今まで作り上げてきたもの(物)を一挙に壊してしまうという動物です。

「菅」さんについて、僕は組合時代は組織内推薦候補だったこともありシンパシーを持って「自称:菅派」でしたし、その後僕の最も良い飲み友達だった仲間が「菅」さんの赤坂見附の個人事務所(「さきがけ」時代)に「自治労」から派遣されてたこともあってある工事をやってあげたりしましたが、そんな時友人が「何でそんなに”大臣”に為りたがるんだろうな」「恐らく、美味しいことがあるんじゃないの」という会話をしたのを憶えています。
”民・自合併”で菅・小沢両氏ががっちり握手したのをキッカケで、僕はほとんど関心なかった小沢一郎という政治家に興味もち小泉政権への怒りが湧いてきて、それまで自営業以外の政治的な発言を封じていたのを解いたのでした。
ともあれ、僕の中での「菅」さんの”偶像”が時間と共に翳ってきてましたが、最後のハンマーの一撃は昨日の「出馬会見」での”キレイ”発言です。その意味は、僕には”小沢氏排除”にしか聞こえませんでしたから、、、「では、菅さんはこの間の鳩山・小沢バッシング報道等に対して、どんな攻撃に出たの? 検察(官僚)組織の冤罪・裏金問題にどう刃向かったの? 仮に”同士”を大切にするなら、もはや政権党になっていて然も民主党の”産みの親”的存在の「リーダー」たる資格とプライドはあなたには無かったの?」と僕は問います。

それよりも今月19日(土)、我がネット仲間の「官軍」さんが名古屋に講師で呼んだ福島・矢祭前町長:根本良一氏のような人間的(政治的)営為の方が、僕にはどんなに励みとこの国の”希望”に繋がることか!!と、、、紹介もなく突然に!山間の小さな町を(講師依頼で)訪れた丸坊主の男を、温かく無償の接待!もしてくれた前町長と町職員との逢瀬の一部始終を本人から聞いて、どんなに頭の下がる思いだったことか。(本当に久しぶりに、こんな人たちばかりが居れば、絶対に”自死3万人超”は防げるのに!と、これこそ「博愛」精神に触れた嬉しさでした。)
根本氏の『矢祭町政改革』24年の退任の最後の挨拶文には、高杉晋作の「辞世の句」で結んでいました。
「おもしろき こともなき世を おもしろく」「すみなすものは 心なりけり」

※詳細の集会プログラムができたら、宣伝させてください。

投稿: 田村 秋生 | 2010/06/04 16:12

樽床伸二は声がうるさい 短気のようだ 民主党にはマイナス
山際澄夫を思い出した いやだな~

投稿: ズレてない | 2010/06/04 11:38

 4日の文化放送「くにまるワイド ごぜんさま~」で佐藤優さんが
「菅さんはすでに官僚に取り込まれているのでは?」
というような発言をしていました。
 やはり真の権力者たる官僚・メディアを打破できるのは、
小沢さんしかいないのではないかと考えさせられています。

投稿: | 2010/06/04 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/48538310

この記事へのトラックバック一覧です: 霞が関との闘いの正念場 に登場する菅直人に期待する:

« ドキュメント出版社 その1 | トップページ | 有田芳生 ~ 参議院選挙に向けて »