« 「起訴相当」大歓迎!~いよいよ「マスメディア崩壊」の最終章が始まった | トップページ | 拝啓 @asahi_tokyo 様 »

2010/05/09

オクサレ様と鳩山由紀夫

普天間基地移設問題で鳩山政権は窮地に陥っているらしい。
「らしい」と書いたのは、私が熱心なメディアウォッチャーではなく、したがって新聞もテレビのニュースもほとんど見ないからで、情報を得るのはもっぱら自分が信頼しているブロガーやtwitterからなのだが、どうもここへ来て右からも左からも、与党からも野党からも鳩山由紀夫という人は評判が悪いようだ。

確かにこのポッポ総理、宇宙人と呼ばれるだけあってつかみどころがない。
普天間基地問題について言えば、あまり深く考えることなく安直に「最低でも県外」と言ったことは間違いなさそうだ。
つまり、極めて軽い気持ちで藪をつついてみたのだと思う(意図的につついたのだとしたら大したものだ)。ところが、そこから顔を出してきたのは蛇どころではない、まるで「千と千尋の神隠し」に出てくるオクサレ様だった。
米軍基地問題を抱える地域以外の日本人はほとんどまともに考えてこなかった基地問題、そもそも日米安保、あるいは日米同盟とは何なのかという問題、そしてそれに付随するドロドロした「日米利権」、そういう利権と結託した腐りきったマスメディア、、、とこれらが渾然一体となった現在の普天間問題は、まさにオクサレ様そのものだった。
ポッポとしては軽い気持ちで藪をつついたつもりが、出てきたこのオクサレ様を見てビックリ仰天しているのが現在の状況だと思う。
そうして私は「政権交代が実現して、しかもこの優柔不断な鳩山という人が総理大臣になって本当に良かったナ、これは時代の必然だったんだろうナ」と思うのである。
もちろん、この問題を解決することができなかったら、鳩山由紀夫は政治家として失格だ。だが、自らも認める「愚か」さゆえ、オクサレ様が姿を現してしまった。軽い気持ちで藪をつつかなければ、こんなことにはならず、表向きはもう少し安定して政権を運営することができただろうが、ひょんなことから封印が解かれてしまったのである。
しかし、、、
一方でこの複合的な問題を一つ一つきちんと解決して乗り越えないかぎり、実は本当の意味でのポスト霞が関独裁時代は来ない。
だとしたら、鳩山由紀夫だけでなく民主党、いや与党のすべての面々が、「千と千尋の神隠し」の主人公・千尋のごとくヘドロまみれになりながらも、この問題を正しい解に導かなければならない。それができなければ、鳩山連立政権は自民党政権と何も変わらないことになる。せっかくオクサレ様を誘き出したのに(私はそこまでの部分はとても評価している)、そのオクサレ様にやられてしまっては話にならないのである。

ではそれは可能なのか?
チャンスは十分にあると思う。
その一つの理由は当ブログでも繰り返し主張しているように、ブログやtwitter、USTREAMというネットメディアが登場したことで、マスメディアによって繰り返し流されるデマゴーグが即座に修正されること。もちろん、それでも既存メディアの媒体力というのはバカにならないが、ここへ来て意外とも思える所から援軍が登場した。
それが野中弘務によって明かされた官房機密費のジャーナリストへの配布という問題だ。
マスメディアに毎日登場してはデマゴーグを撒き散らかして世論操作に加担する御用評論家、御用ジャーナリストの面々。この連中、なんのことはない、直接、カネをもらってたんですね。
独裁権力、既得権益を何としても維持して、美味しい汁を吸いたい連中が、マスメディアという装置を使って世論操作をする、その際にメディアに登場する連中には官房機密費からギャラを払う、、、
言われてみれば「そんなことだったんだろうナ」とは思うけれども、しかしここまであからさまにやっていたことを官房長官経験者が証言しているのだから、この事実は重いなどというレベルのものではない。
すぐさまその評論家の実名を公表するべきである。
が、あれだけ小沢一郎に対して「政治とカネ」の説明責任を喚き立てていた連中が、自らに降りかかってきたカネの問題については完全スルーのガン無視である。
一方で、毎日新聞は岸井成格(※)なる人物を主筆にしたそうだ。
もはや潰れかけた新聞社が誰を主筆にしようが知ったことではないが、しかして自らもテレビに出て政局を得々と語り、政治とカネの問題を追及するのならば、この岸井には是非ともきちんと政治評論家と官房機密費というカネの問題を主筆という立場で徹底的に究明して欲しいものである。

※岸井に関する当ブログのエントリー
・小沢関連~小沢秘書逮捕と見るに堪えない「原稿」

・岸井成格の「説明責任」

・ウソをついたことを自分でバラてしまった岸井成格

|

« 「起訴相当」大歓迎!~いよいよ「マスメディア崩壊」の最終章が始まった | トップページ | 拝啓 @asahi_tokyo 様 »

コメント

普天間基地問題の本質は戦後65年にも及ぶ自民党政権の対米従属外交が沖縄への米軍基地集中と治外法権的米軍優先、基地施設区域の無期限自由使用を容認し沖縄県民の基本的人権を否定して来た事にある。日本国憲法、日米安保条約、地位協定の矛盾点、致命的欠陥を放置し沖縄県民の犠牲の上で経済的発展、歪んだ日米関係の下での利権構造維持を計って来た政官業癒着の結果である。

鳩山政権は昨年9月の政権交代後も自民党長期独裁政権で実質的な官僚統治機構を構築し国民に選ばれた政治家の権限を制約して官僚の既得権限を維持しようとする各省庁の人事刷新に切り込まず(内部で社長と呼ばれる)事務次官支配を容認した事で経験の浅い閣僚、政務三役は政治主導を掲げながら官僚の提示する誤った情報に翻弄されて実質的な主導権を失っている。

鳩山総理がここで乾坤一擲の勝負に出て対等な日米関係を前提に米軍基地施設区域の無期限自由使用に終止符を打ち、辺野古移設を使用期限付きの暫定基地と位置付け将来的な海兵隊及び陸軍グリーンベレーを含む米軍地上部隊の全面撤退と訓練施設の返還で米国と合意出来るならば最低でも県外との公約は実現可能である。

投稿: isao-pw大城 勲 | 2010/05/11 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オクサレ様と鳩山由紀夫:

« 「起訴相当」大歓迎!~いよいよ「マスメディア崩壊」の最終章が始まった | トップページ | 拝啓 @asahi_tokyo 様 »