« 改革クラブが痛々しかった件 | トップページ | 「起訴相当」大歓迎!~いよいよ「マスメディア崩壊」の最終章が始まった »

2010/04/24

世論操作の従事者たち

昨日、やや遅めの昼食を、、、と思い、とあるラーメン屋にぶらりと入った。
すると店内に置かれたテレビでミヤネ屋という番組をやっていた。

私はテレビというのはほとんど見ないが、朝、出勤前は時間を確認するためにテレビをつけている。すると何気に見てしまうわけだが、朝のワイドショーというのはまあひどいレベルだ。
さすがにみのもんたの番組は見ないのだが、トクダネ!はよく見る。今年の初め、陸山会の政治資金“問題”でメディアが騒いでいた頃、トクダネ!では連日、訳知り顔の薄ら笑いを浮かべた田崎史朗を番組の冒頭から出演させて小沢バッシングを繰り広げていた。私はそれを見ては腹を立てて(だったら見なければいいのだが)、twitterで「田崎ムカつく」などとつぶやきながら出勤していたものだった。

しかし、、、
昨日、初めてミヤネ屋を見て、「トクダネ!の民主、小沢叩きなんて、この番組に比べれば他愛のないレベルだナ」と思ったものである。
いやーこれはすごい番組ですね。私はラーメンを待っている間、思わず、

「いまラーメン屋に入ったらミヤネヤとかゆー番組やっているけど、すごいねこれ。北朝鮮の国営放送のよーだ。」

とつぶやいてしまいました。
実は昨日は有給休暇を取得していて、家を出る前に妻が見ていたテレビ朝日のワイドショーを一緒に見ていたら民主党の高速道路の問題をやっていて、これに生方某という民主党の議員が出演していたのにも腰が抜けるほど驚いた(この時の驚きの対象は生方某に対してではなく、こういう人物をキャスティングしてくるテレビ朝日に対してだった)。が、ミヤネ屋はそんな番組も軽く超越して、民主党の高速道路問題ではパッシング一色。司会の宮根という人物からコメンテーターに至るまでが鳩山政権を罵倒している。
で、その次のコーナーでは舛添某が改革クラブへ合流する件についてもやっていたのだが、これについては「国民の人気ナンバーワン」「総理大臣になって欲しい人ナンバーワン」の舛添が改革クラブやらに合流するのはちょっと大丈夫?といったトーンである。つまり改革クラブについては否定的なのであるが、とにかく舛添の名前を言う前には必ず「国民的人気がある」というフレーズをつけている。
これはもうまさに独裁国家の国営放送が、徹底的に敵対する勢力のネガティブ情報を流して国民を洗脳するのと同じである。
で、ほとんどの人がご存じだろうが、この番組を制作しているのはゴミウリ読売テレビで、日本テレビ系列でネットされている。つまりゴミウリ読売というメディアの意志を体現しているわけだ。

ところで最近、ことあるごとに新聞社やテレビ局がやっている世論調査。その調査手法は無作為に抽出した固定電話の番号にかけるのが一般的らしい。今や携帯電話が主流になっている世の中で固定電話に、しかもおそらく昼間に電話をかけて出る人というのは、このミヤネ屋を見ているような人も多いだろう(視聴率は大したことはなくても、その時間帯の占有率は高いはず)。そういう層に向かって誘導尋問のような質問をすれば鳩山政権や民主党の支持率が下がる結果が出るのは当たり前の話で、その結果をテレビのニュースや新聞で大々的に報道して、世論操作の仕上げにかかる。
この手法は私でさえも、「完成された見事な仕組みだナ」と感心してしまう。
ただし、この仕組みによる世論操作、洗脳を完成させるためには一つの条件があった。それは国民が既存メディア以外に情報を得る手段がないということ。
この条件は長らくアプリオリに成立しており、そんな条件があることすら多くの人が忘れていた。
ところがブログやtwitterの登場により、その大前提が突如、消えてしまい、結果、メディア(=権力)の実態が可視化されてしまった。そうして姿を現したのは、「ジャーナリズム」とは対極の醜く、かつ滑稽な世論操作の従事者たちだった。
しかも彼らはまだ自分たちの素顔が白日のもとに晒されたことに気づいていない。

|

« 改革クラブが痛々しかった件 | トップページ | 「起訴相当」大歓迎!~いよいよ「マスメディア崩壊」の最終章が始まった »

コメント

同感ですね。うちのブログでも何度かエントリしましたが、テレビは支配構造と利権を隠蔽するための洗脳装置です。

投稿: Yukino | 2010/06/29 15:56

自分は「ミヤネ屋」とやらをわずかしか見たことがない(平日のこの時間帯では無理なので・・)のですが、その数回の印象は悪かったし、ネットなどで悪評判を見聞きしていましたので、先週の「日曜天国」のゲストコーナーは何だか素直に楽しめませんでした。自覚していますが、なんとも心が狭いです。。。

投稿: Linus | 2010/05/02 21:36

そのゴミウリグループ最大功労者にして刺客は辛坊治郎ではないでしょうか?この茶坊主、一貫して小沢・鳩山批判のプロパガンダであり連日連夜、東や西で露出中。ある関西の自身司会番組ではコラムニスト勝谷氏の記者クラブ批判に"たんなる私怨にすぎる"と本筋をそらし、金融関係?に勤務する実兄と共著でも民主党批判。小泉・竹中の郵政民営化が正しく亀井大臣は経済オンチとレッテル貼りとやら、なるほど見上げた忠誠心の『憂国の士』らしいです(-o-;そんなことで解説委員長は最近ことに政治家へ色気あるご様子で、いっそうのこと“立ち上がれ~”彼ら同志の元へ今すぐ飛び込んでくれないかなと思ってます。

投稿: リキロン | 2010/04/30 11:44

しかし自民党も大概には酷かったけど、民主党もかなりひどいですね(笑)

子供手当てどう思います・・韓国の人が養子縁組500人分の申請をしたって・・通るわけ無いけど・・最初は怒って笑って最後は寒くなりました

今度選挙はどうしよう?民主にも投票できないから何処へ私の貴重な一票を入れましょう・・・

投稿: 大和は国のまほろば | 2010/04/25 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世論操作の従事者たち:

» うんざり日本のスーパー便秘 @ 小沢一郎起訴 [木霊の宿る町]
過去ニ十五年ほどの日本にはうんざりさせられることが多かった。外交、内政、経済、教育に携わる方向感の狂ったエリートたち、それに寄り添うマスメディアの報道、その報道を鵜呑みにする大衆。日本全体がひきこもり状態になり、自家中毒をきたしている。いずれは下血にいたり、文字通り流血騒動が起きるかもしれない。民主党政権が発足したことによって状況が一気に変わると思うほど素朴なおのまではないが、それでも少しは良い方向に向かうと期待している。佐藤栄佐久著「知事抹殺」を基点に検察の歪んだ実相、それに寄り添うNHKを始めと... [続きを読む]

受信: 2010/04/28 02:26

« 改革クラブが痛々しかった件 | トップページ | 「起訴相当」大歓迎!~いよいよ「マスメディア崩壊」の最終章が始まった »