« 小沢関連~佐藤優「千葉景子法務大臣は検察を適切に指導せよ」 | トップページ | 小沢関連~郷原信郎「不可解な特捜の強制捜査」 »

2010/01/14

検察の思惑を推測する

それにしても今朝の新聞を見て呆れるのは、昨日行われた小沢一郎の元秘書である大久保隆規氏の公判に関する記事扱いの極端なまでの小ささである。
なにしろ各社とも1面、2面、社会面は強制捜査の件で埋め尽くされているが、大久保公判の記事を探すのは大変だ(朝日→社会面24行。読売→社会面52行。日経→社会面42行)。
また、今朝のとくダネ!では、強制捜査をトップで報じ、「検察の狙いはどこにあるのか?」という大々的なプロパガンダ放送を得々と垂れ流していたが、大久保公判についてはこの時間に触れることはなく、次のニュースへと移った(その後、やったのかもしれないが)。
しかして、いわゆる「西松建設の巨額偽装献金事件」は、わずか10か月前にマスゴミがさんざん大騒ぎをしたあげく、ついには当時、民主党の代表で次期総理大臣は間違いないと言われた小沢一郎を辞任にまで追い込んだ案件である。
その公判の模様を片隅においやって強制捜査だけを大々的に報じるというのは、つまりはこの公判についてはできるだけ人目に触れられたくないということだろう。
現に、この大久保公判は検察にとってはかばかしくない。が、放っておけばこのニュースが夕方の時間帯に流れてしまう、、、というところで強制捜査に入ったのではないのか? 私にはそうとしか思えない。
それにしても、大久保秘書の逮捕、起訴がこれだけ微妙なものだったのだから、まともなジャーナリストならば検察の現在やっていることに疑いの目を向けるのが普通だろう。だが、ことここに至っても一方的に検察のリークを垂れ流すということは、つまりグルだということだ。

そしてもう一つ、昨日も書いたが、やはり三井環氏の出所というのが、今回、地検を強制捜検に駆り立てた原因なのではないだろうか。
なにしろ↓のブログを見ると、三井氏は出所したら検察改革に取り組むのだそうだ。

・地声人語日記
国策逮捕された三井環氏(元大阪高検公安部長)が1月18日に出所 検察改革に取り組む

これは検察にとって震え上がる事態である。
この三井氏出所の衝撃を少しでも和らげるために、世の中を小沢報道一色に染め抜いておきたいというのが検察首脳の思惑なのではないかと私は推測している。

|

« 小沢関連~佐藤優「千葉景子法務大臣は検察を適切に指導せよ」 | トップページ | 小沢関連~郷原信郎「不可解な特捜の強制捜査」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/47292061

この記事へのトラックバック一覧です: 検察の思惑を推測する:

« 小沢関連~佐藤優「千葉景子法務大臣は検察を適切に指導せよ」 | トップページ | 小沢関連~郷原信郎「不可解な特捜の強制捜査」 »