« 普天間関連リンク | トップページ | 要するに小沢一郎はマスゴミ記者のあまりのバカぶりに対して怒っている »

2009/12/14

今も続いている既得権益者のあぶりだし

3・3小沢秘書逮捕を「あぶりだし」と命名したのは田中良紹だった。
なるほどこれは言い得て妙で、メディア、検察、そして当時の与党がどのようにつながっているか、そしてこの連中が当時野党だった民主党内のどのあたりに触手を伸ばしていたかを、まさにあぶりだしていた。
そして政権交代が実現し、いまメディアによれば普天間問題で鳩山政権はふらついて、日米関係に重大な影響が出ていることになっている。
私も最初は「なんだかフラフラしているナ、、、」と思った。しかし、最近、この鳩山政権の対応は間違っていないのではないかと思っている。
なぜなら、この状況が生じなければ、実は普天間移設問題は埋め立てのための土砂利権と密接な関係があること、日米同盟をメシの種にしている連中が日米双方にいることなどが表沙汰になることはなかったと思うからだ。
つまり、「あぶりだし」はいまも現在進行形で続いているということである。
もし、鳩山由紀夫という人がそこまで読んで政権を運営しているのだとしたら、これは実はなかなか強かなのではないかと思う。
そして、この「あぶりだし」の結果、日米同盟の危機を叫ぶ連中ほど、実はイコール既得権益まみれであることが浮かび上がる。もはや普通にマスゴミという呼称が定着してしまったメディアはますます信用を失い、既得権益者による世論誘導装置としての機能を失っていく。流れとしてはそういう方向なのではないかと思う。

以下は「田中良紹の『国会探検』」の本日分のエントリー。冒頭を引用したあと、リンクを張っておく。

******
 アメリカのいつもの恫喝に怯んで「日米関係は危険水域だ」と叫ぶ人たちがいる。これを見てアメリカは「百年以上も昔から日本は何も変わっていない。日本には恫喝が一番だ」と思っているに違いない。ペリー来航の時から日本人の中には恫喝されると及び腰になるDNAがある。
******
詳細は↓
恫喝に怯むDNA

もうひとつ書きたいことを追加。
天皇と外国要人の会見のルールを今回やぶったのは天皇の政治利用ではないかと宮内庁長官が発言し、それをメディアも大々的に垂れ流して「懸念を表明」している。これこそ天皇の政治利用ではないかと私は思う。
以下、メディアに関するリンクをいくつか。

Aobadai Life
マスコミの情報操作はこんなに簡単である
死に物狂いの世論操作

日本がアブナイ!
小沢訪中は、20年以上前からの草の根交流活動なのにね

憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へ
初めて知った天皇会見の1ヶ月ルール。そんな宮内庁の役人が勝手に決めた裏ルールからちょいと外れただけで、天皇の政治利用だと民主党攻撃に喚くアホのアベシンゾーや産經新聞などこそ天皇利用してんじゃないのか

|

« 普天間関連リンク | トップページ | 要するに小沢一郎はマスゴミ記者のあまりのバカぶりに対して怒っている »

コメント

他のブログでも質問しているのですが、
そもそも「1ヶ月ルール」って国家元首級の会談を断る理由として、外交儀礼上許されるでしょうか?

天皇の健康状態が非常に悪い事態ぐらいしか通用しないのでは?

そうでなければ、小沢氏の言うとおり、国内の優先度の低いイベントをキャンセルしてでも、対応する重要イベントだと思います。


「政治利用」批判も、崖っぷちの人達(マスゴミ、一部の官僚・政治家)の、一連の悪あがきですね。

そもそも「政治的でない」国家元首級の会談が有り得るのでしょうか?

マスゴミ不要論の炎に油を注ぐようなものだと思います。
このままヘタな鉄砲を数撃って、自爆してしまうのでしょうか…

投稿: 悪代官 | 2009/12/20 00:13

今回の普天間問題で「試されてるのは、日本の外交力」「決着のさせ方で、アメリカの見方が変わる」・・・田中良紹氏の論調はいつものように小気味良い。
それに比し、マスゴミ記者連中の何と浅薄な、一国の言論人として立ち位置のない(それがあたかも公正中立であるかのような)、それでいて言ってもいない発言をデッチ上げ世論を既得権益者に都合の良い(変革を認めない)方に誘導していくという恣意的な新聞・メディア界。
若い頃『朝日』系は”左派的な論調メディア”として親近感を感じて購読してたけれど、「小沢秘書逮捕」事件で一気に僕の中で”神話性”が崩れ、改めて”批判精神””知性”とか”知識人の良心”というテーマを僕が敬愛するアンドレ・ジッドの1930年代の「反戦・反ファシズム運動」の中での、勇気ある”偽善のスターリン主義・ソ連”を批判したヒューマニスト・モラリストとしての孤独な叡智を想い起こさざるを得ません。(当時の誰が、今の「ソ連崩壊」、「大虐殺」はじめ『カチンの森』(ワイダの映画が上映中)虐殺のウソを、反スターリン主義の流れを見通せたでしょうか? あの平和主義者:ロマン・ロランでさえ、真実にフタをしスターリン擁護の筆頭だったのです。)

14日の「小沢幹事長」記者会見は、久しぶりに”痛快”そのものでした。
「朝日? ちゃんと憲法を読んできてから来なさい」「産経は僕の考えと違うから」と、マスゴミはみんな”頭を切替えて、出直して来い”ものでしたが、フリーランスの女性の質問には柔和な答え方でした。

投稿: 田村 秋生 | 2009/12/15 11:38

>特例会見、小沢氏が要請…「政治利用」批判強まる

会見で小沢氏は「(正式申請の期限の)30日ルールって誰が作ったのか。法律で決まっているわけでもない。

1ヶ月ルール

http://kita.kitaa.net/10/s/10mai364233.jpg

外国要人が天皇陛下との会見を希望する場合に、1ヶ月前までの正式申請を求める日本政府の慣例。
公務多忙な陛下の日程調整を円滑に行うのが目的で「1995年」に文書で定められた
http://www.shizushin.com/news/news_word/20091214111916.htm

ルールが作られた1995年は自社さ連立政権(自由民主党 日本社会党 新党さきがけ)
その時の新党さきがけ代表幹事は 鳩山由紀夫
http://www.asahi.com/topics/%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB.php

http://long.2chan.tv/jlab-long/10/s/long69337.jpg

誰が作ったのか→当時の責任者の一人は鳩山由紀夫だろうがw

鳩山が95年にルール作ってそのときは1か月の制限をかけて、
今回は自分の都合の良いように自分で作ったルールを破った
ってことだよ
だから政治利用してるのは鳩山民主

投稿: 333 | 2009/12/14 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/47019767

この記事へのトラックバック一覧です: 今も続いている既得権益者のあぶりだし:

» 鳩山政権および鳩山首相に対する私の見方(評価) [IT屋もりたの今時パソコン日記]
 最近、このブログの更新間隔が非常に長く空いてしまっているのは、Twitterを... [続きを読む]

受信: 2009/12/15 01:16

« 普天間関連リンク | トップページ | 要するに小沢一郎はマスゴミ記者のあまりのバカぶりに対して怒っている »