« 田中良紹 「維新の年末」 | トップページ | 報道操縦 »

2009/12/31

2009年の○と×

本年も残り少なくなった。最後に大急ぎで今年の○と×を。

まずは政権交代に○。
なんといっても選挙によって初めて政権が交代したことの意義は大きい。

それ以前の麻生政権に×。
論評に値しない史上最低の政権。

官僚とメディアに×。
3・3小沢秘書逮捕以降の「官マス合作」は今もって続いている。自民党は選挙によって退場させることができたが、霞が関独裁とその装置としてのメディアは政権交代だけでは壊れない。したがって現在の政局の構図というのは、連立政権対霞が関の最終局面なのだと思う。ここで連立政権が寄り切った時、やっと「国民の生活が第一」の政治がスタートするのではないかと思う。
で、この戦いは連立政権が結果的には勝つと私は予想している。なぜなら霞が関独裁を自民党とともに支えてきたメディアが壊れ始めているから。2009年はそれが誰の目にもはっきりしてきたが、来年はいよいよ立ち行かなくなるメディアが続出するだろう。要するに経営状況はJALと同じなのである。

鳩山由紀夫、小沢一郎、亀井静香に○。
メディアはこの3人を叩くのに懸命だが、それは裏を返せば恐れていることの証明でもある。
鳩山由紀夫は実は今上天皇に似ているのではないかと、最近、思っている。故人献金問題で叩かれたが、あれだけ大金持ちであるが故に意外にも水平的な視線を持っている。私は「友愛」というのは、水平社宣言にある「人間(じんかん)に光あれ」(すべてのものに平等に光があたるように)だと思っているが、これは今上天皇の思想と同質である。
そして、現体制でそれを民主党から支えるのが小沢一郎、政権から支えるのが亀井静香ということだろう。亀井静香については(というより国民新党についてだが)、こんなエントリーも書いた。

選挙関連では有田芳生さんの落選に×。
有田さんが当選していれば、総選挙は個人的にはパーフェクトだったが、最高惜敗率での落選は残念という言葉でも表わせない。有田さんは来年、民主党から参議院選挙に出馬するわけだが、新党日本で衆議院議員になって欲しかった。
一方、尼崎から出馬して見事に当選した田中康夫に今年も○。
鳩山連立政権にとって、来年は田中康夫がさらに重要度を増していく存在になると思う。アクセスも毎回、聴いてます。

次はラジオ。
引き続き久米宏に○。今春、相手が小島慶子から堀井美香に交代してどうなるかと思ったが、意外にも堀井美香に○。
そして安住紳一郎に○。私はテレビはほとんど見ないが、TBSはラジオの安住を大事にした方がいい。
伊集院光に△。深夜の馬鹿力は面白いけど、やっぱり日曜日の秘密基地がなくなったのは痛い。
そしてTBSラジオに直近の最大の課題は永六輔の土曜ワイドラジオ東京をどう軟着陸させるかということだろう。その意味で、来年早々の久米宏の永さんへのインタビューは聴き逃せない。
個人的には土曜ワイドは久米宏がかつてのように8時半からやるか、もしくは伊集院でどうかと思うのだが、、、

「サマーウォーズ」と「THIS IS IT」に○。
この両方の映画ともに、ブログ、そしてtwitterでの評判を見て行ってみようと思った。

ということでtwitterにも○。
アカウントは相当に早い段階で作っていたのだが、どうしていいのかわからずに放置していた。
それでもこのアカウントがあったために今年の大ブレークに乗り遅れずにすんだ。
そしてtwitterには最適なディバイスであるiPhoneに○。
iPhoneを所持することによって、ノートパソコンを持ち歩くことが本当に少なくなった。今日もこれから妻の実家へ行くのだが、ノートパソコンはいらないんじゃないかと思ったり(そんなことは今まで一度もなかったが)。
来年は新年早々にアップルがタブレットを発表するという噂もある。kindlleやe-readerも含めて、来年は一挙に電子書籍の時代が来るだろう。その時、新聞、雑誌、書籍はどうなるのか? 少なくともこれに対応できない会社はバタバタと倒れていくだろう。しかし対応したからといって生き残れるかはわからない。ここが難しい。

ほぼ20年ぶりで行ったニューヨークに○。
私はアメリカという国があまり好きではないが、しかし考えてみるとそれはアメリカのやっている政治が好きでないということでしかない。
ニューヨークから帰国して最初に感じたのは、日本に漂う均一であることの息苦しさ。私は英語がまるっきりダメなので彼の地ではかなり不便ではあったが、一方でどこを歩いていても心は気楽だった。それにしてもニューヨークの街を見ていると、やっぱり日本が太刀打ちできるようなスケールではないことを実感する。日本はアメリカとアジアの結節点であるべきだと思う。

浦和レッズに×。
中日ドラゴンズには○。今年はBクラスの予想もあったが、それでもあそこまでチームを持って行った落合監督はすごいと思う。あと、ブランコに○。あのホームランはすごい!
野村監督に○と×。楽天をあそこまで強くしたのはやっぱり大したものだと思うが、今年で辞任はいかにも残念。
菊池雄星の西武ライオンズ入団に○。菊池君、ようこそ埼玉へ。

昨年ほどたくさん落語を聴けなかったことに×。今年は柳亭市馬を追いかけようと思っていたのだが、、、

以上、時間がないなかで思いついた○と×を書いてみた(まだまだたくさん抜け落ちていると思うが)。

さて、来年は世の中的にも個人的にも節目の年になりそうな予感がある。
そうした中で最大の目標は、思考停止に陥らないこと(もう陥っているのかもしれないが)。若い人たちから「あのオッサン、情弱だな」と言われないよう、とにかく世の中の流れの最後尾でいいからついていきたいと思うのである。

|

« 田中良紹 「維新の年末」 | トップページ | 報道操縦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年の○と×:

« 田中良紹 「維新の年末」 | トップページ | 報道操縦 »