« 小沢関連~「検察は説明責任を果たしているか」補足 | トップページ | 小沢関連~小沢の責任論、辞任論は無茶苦茶な暴論である »

2009/03/29

小沢関連~共産党はやっぱり権力の第二補完勢力

ちょいと酔っ払っているなかでネットを見ていたらこんな記事が、、、

「前例なく悪質」と小沢氏批判=共産・志位氏
*****
 共産党の志位和夫委員長は29日、都内で講演し、西松建設からの違法献金で公設秘書が逮捕、起訴された小沢一郎民主党代表が検察当局を批判していることに関し「形式犯での逮捕は前例がないというが、こういう悪質なことはこれまでにない。取り締まるのが初めてなのは当たり前だ」と述べ、捜査に問題はないとの認識を示した。
 志位氏はまた、「態度は失格だ。起訴事実に対する説明も反論もない」と小沢氏を批判。一方で、自民党についても「民主批判もいいが、(同社から迂回=うかい=献金を)もらっている政治家は民主党より多い」と指摘した。(了)
(2009/03/29-18:23)
*****

本当に志位がこう言ったのかという疑問はメディアの現状を考えると多少はある。
が、そこで「言った」という前提で書くと、こんなことでは自分の選挙区の民主党候補が前原一派で絶望している人の票も拾えませんぜ>共産党さん
権力の不当捜査を肯定してしまったら共産党は共産党ではないでしょ。
もっとも、実はこのコメントこそ日本共産党の体質そのものなんですけどね。

そもそも、今回の大久保秘書の逮捕、起訴劇は、たとえ与党であっても共産党であっても社民党であっても批判しなければならない類のものである。郷原信郎氏は「この捜査を認めたら日本の政治が死ぬ」と指摘しているが、まさにこれは与党も野党も関係のない、政治そのものに対する検察の挑戦で、真っ当な政治家ならば立場は関係なく戦わなければならない局面だと思う。
私は自民党というのは一貫して支持していないが、それでもちょっと前の自民であればこの捜査自体がおかしいという声を上げる議員が絶対にいた。そして、そういう議員がいることが結果的に自民党の強み、懐の深さとなっていた。ところがいまや、自民党でこの捜査に対する批判をする声はまったくない。

と、こんなことを書いていたら千葉では森田健作が知事に当選したそうな。私としては自分が千葉県民でなくて良かったと思うしかない。
とはいえ、これでまた民主党内から足を引っ張るヤツが出てくるだろう。
たとえばコイツ↓

小沢氏の進退、世論の受け止め次第と強調 民主・枝野氏

当ブログにいただいたコメントで、「ブログ主さんはうらやましいです。私の衆議院議員選挙区の民主党候補は小宮山洋子です。」というコメントがあった(東京6区の住民1 さん)。再度、書きますが、私の地元は枝野でなくてホンマに良かったです。とはいえ、地元の民主党議員のセールスポイントは松下政経塾出身でして、これだけでも十分すぎるほどカクッとくるです。また石原や森田が知事ではなくて良かったとは思うけど、上田も前2人よりも「ちょっとだけマシ」という部類でしかないです。

|

« 小沢関連~「検察は説明責任を果たしているか」補足 | トップページ | 小沢関連~小沢の責任論、辞任論は無茶苦茶な暴論である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/44506653

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢関連~共産党はやっぱり権力の第二補完勢力:

« 小沢関連~「検察は説明責任を果たしているか」補足 | トップページ | 小沢関連~小沢の責任論、辞任論は無茶苦茶な暴論である »