« 将棋界の一番長い日~頑張れ、谷川浩司! | トップページ | 小沢秘書逮捕報道~いま問われているのはメディア自身である »

2009/03/04

小沢一郎秘書逮捕は霞ヶ関独裁のタガの締め直し

昨日は谷川浩司九段のA級残留というグッドニュースがあった一方で小沢一郎の秘書が逮捕されるというイヤなニュースが流れてきた。
この一件がいつの間にかポピュラーな言葉となった「国策捜査」なのかどうかはわからない。しかし本日13時のNHKニュースを見る限り、検察側からどんどん情報がリークされ、それによって流れが作られようとしているように感じる。

そこで現時点でのこの件に関する私の感想を述べると、これは沈没寸前の与党が政権交代の可能性が高い野党の党首を狙い撃ちした司法権力の発動なのではないような気がするのである。
もちろん検察から西松建設の一件で小沢の周辺を立件できそうだという情報が来れば、いまの政府与党なら「渡りに船」とばかりにゴーサインを出すだろう。アソーはインタビューで努めて冷静を装ったコメントを出していたが、内心は大喜びしているはずだし、それ以外の政府与党の中枢にいる連中も同様だろう。
しかし、、、と思うのである。
これはむしろ霞ヶ関という独裁権力者が与党も野党もない、政治家全体に発動した権力なのではないか。
今後、小沢がどうなるのかはわからない。現状では代表の職にとどまるようだが、世論の風向きによっては辞任する可能性もあるだろう。その場合、ほぼ確実と言われていた政権交代が実現するかどうかも微妙な情勢になってくる。
しかし、一方でこの件に関しては、野党以上に与党にもカネが渡っているとも言われている。つまり、検察がやる気になればいつでも与党もやれるわけだ。が、しかし今回はやらなかった。そうして野党の党首だけを狙い撃ちにした。つまり、霞ヶ関は与党に対して「あんたたちだっていつでもできるよ」というメッセージを発しているのである。ま、アソーはそれがわからず無邪気に喜んでいるだけだろうが、、、
ただし検察にはバランスを取る習性がある。したがって与党側も無傷ではいられない。それが長野県知事なのではないかとも思う。

ま、以上、あくまで素人の推測である。
ただ、政局が流動化するなか、この国の真の権力者である霞ヶ関が、たとえ総選挙後にどのような政権になってもその力を失わないよう、ここで一挙に独裁のタガを締め直しにかかった可能性は十分にあると思うのである。

|

« 将棋界の一番長い日~頑張れ、谷川浩司! | トップページ | 小沢秘書逮捕報道~いま問われているのはメディア自身である »