« 民主党の組閣名簿に期待すること | トップページ | 日曜日朝のテレビを見て思ったこと »

2008/10/03

麻生政権の功績

人間、追い込まれると本性を現す。
かつての自民党とういのは、予定調和ではあったが野党に押し込まれるふりをしつつ気が付つくと押し返しているという懐の深さがあった。
ところが麻生太郎という人物の言動を見ていると、もうただひたすらキャンキャンと吠えまくるだけで、それで自分が相手を押していると思っている。それがあからさまにわかるから、ますます底の浅さが透けて見える。
そうしてひな壇に並んでいるのは世襲、世襲、世襲、また世襲。そこには親や祖父の代から続く利権構造が崩壊の危機に瀕しているという危機感がこれまた露骨に見て取れる。
かつてここまで世襲偽員を閣僚に登用した政権はなかった。つまり自民の中にもなにがしかの良識的な歯止めが存在していたわけだが、もはやこの党からそれを探すのは困難である。

新自由主義を推し進めた元首相は、「親バカを許して欲しい」といって自分の息子を後継者に指名したという。
新自由主義の前提には少なくとも“競争”というものがなければならないはずだ。いま社会的に下流に位置する人々は新自由主義者から見ると「競争に負けたのだから仕方がない」「自助努力が足りない」ということになる。
しかしながら、この元首相の息子は何の競争もなく、さしたる自助努力もないままに衆議院議員の座を手に入れようと算段している。
もちろん彼らは「選挙という競争をしている」と言うだろう。が、曾祖父の代から築き上げた利権ピラミッドがあり、しかも小選挙区という極めて狭い地域の中での優劣を競う場合、徒手空拳の対立候補が出てもまず勝ち目がないことは明らかで、およそ公正な競争とはほど遠い。
つまり元総理は所詮、新自由主義者ですらなく、完全な利権政治家だったのである。

「民主党がやらなかった総裁選(代表選)をやると世論が盛り上がる=選挙が有利」というただそれだけの理由で難問山積の最中にダラダラと総裁選をやったあげく、それでも選挙で大敗するというデータが出ると「いまは総選挙などやっている場合ではない」と言い出す。

もはやこの政権与党は完全に壊れている。
麻生政権の誕生は、その事実を福田政権よりもさらに鮮明にしてくれたという点が最大の功績で、その意味では歴史に残るだろう(ひょっとしたらそのように仕組んだのは福田康夫なのかもしれない)。

|

« 民主党の組閣名簿に期待すること | トップページ | 日曜日朝のテレビを見て思ったこと »