« “電池の時代“が暴く原子力産業の暗闇 | トップページ | 麻生政権の功績 »

2008/10/02

民主党の組閣名簿に期待すること

麻生太郎の国会での演説を見て(といってもじっくり見たわけではないが)改めて思ったのは、一国の最高責任者である総理大臣がここまで劣化したのかということである。
私は「日本の総理大臣は就任ごとに史上最低を更新する」という原則があると思っているのだが、麻生に至ってはもうマンガという他ない。アベシンゾーと同じレベルかそれ以上に生理的に受け付けませんね。
国会ではこの麻生の背後に河野洋平が座っているのが見えた。麻生は元々河野グループだったわけで、今回の総裁選では息子の太郎も麻生支持だったらしい。「河野親子なんぞは時々まともなことを言うナ」なんてちょっとでも思っていた自分が情けない。所詮は同じ世襲の狢だ。

とはいえ政権交代というのは、ここまで自民が劣化してもそう簡単なことではないとこれまでは思っていたが、田中良紹に「選挙に勝たないための組閣」とまで書かれてしまったこの内閣の顔ぶれを見ていると、案外と民主が地滑り的な勝利をおさめるような気もする。
もっともこーゆー私の予想というのは当たったためしがない(直近では、今回の総裁選で自民は小池百合子を当選させるのかと思っていたし)。

そこで次期総選挙に向けて民主党がやらなければならないことの一つは、民主党を中心とする内閣の閣僚名簿を発表することである。もちろんこれは現在も発表されておりHP上で閲覧可能であるが、これを見るとちょっと小粒でインパクトがない(長妻昭の年金担当だけは外せないが)。
先の代表選で党役員は全員留任させた小沢一郎だが、次の内閣については入替を示唆しているので、おそらくより具体的な組閣名簿をどこかのタイミングで発表するのだろう。その人事構想については知るよしもないが、個人的な希望を少しだけ書いてみる(まあこんな話は完全に素人の与太話、床屋政談であるが、それでも床屋のオヤジよりも聞いている人が少しだけ多いのがWEBのいいところ)。

まず官房長官。次の内閣では直嶋正行がこのポジションになっている。官房長官といえば内閣の要でありスポークスマンでもあるわけだが、直嶋という人物を私は知らない。
これまでの自民党内閣では総理と同じ派閥で気心の知れた人物が着くことが多かったので、その流れでいけば小沢総理が誕生してもこの直嶋という人でいくのか、あるいは他の民主党議員(鳩山由起夫とか?)を起用することになるのだろう。
しかし私はここで官房長官には田中康夫を推したい。
政治とはつまるところ言葉である。まして小沢内閣はこれまでの自民党内閣とはまったく異なる新たなメッセージを次々に発信していかなくてはならない。であるならば、もっとも表現力、発信力の豊かな人物が官房長官にならなくてはいけないわけで、だとしたら田中康夫こそ適任だと思う。
また、官房長官は霞ヶ関のトップである官房副長官以下、巨大な官僚機構に立ち向かわなければならないわけで、絶対にブレない人物でなければならない。そう考えると長野県知事として実際に県職員という官僚組織を相手にした田中康夫の行政経験は貴重だ(直嶋という人のHPを見たらトヨタの労組出身だというのもちょっと気になりますね)。

次に法務大臣。これについては賛否両論があって、おそらく否定的な人の方が相当に多いと思うけれども、亀井静香はどうでしょう? 彼は死刑廃止論者である。したがって死刑に肯定的な人からすればとんでもない人事ということになるが、私は亀井の死刑廃止論の根底にある「自分自身が警察官僚だったからわかるが、官僚だって間違えることがある」という主張に強い説得力を感じる。
他方、ここ最近の法務大臣は、官僚の言うがままに死刑をどんどん執行してきた。そのなかには法務大臣になるまで冤罪という言葉の意味を知らなかったと公言して恥じない人物もいたわけだが、少なくとも亀井が法務大臣になったら、官僚の言うがままに流されることはない。これは非常に大切なことである。

麻生太郎のスローガンは「日本経済は全治3年」らしい。一方の小沢一郎は「明治以来140年続いた官僚政治を転換する」と言っている。これだけ見ても両者の問題意識の差は明らかだが、もし小沢が本当に独裁権力者集団である官僚機構に手をつけるというならば、おいそれと官僚の言うことに対して首を縦に振るような人物が大臣になっては困る。
その意味で私は田中康夫や亀井静香に期待したいと思うのである。

|

« “電池の時代“が暴く原子力産業の暗闇 | トップページ | 麻生政権の功績 »