« 独裁権力のタガが外れる時 | トップページ | ニュースの優先順位でメディアのありようが見える »

2008/09/03

世襲“偽”員は家業の安心実現が第一

いまとなってはどうでもいいことだが、ひと月前に内閣改造があった時、TBSラジオ「アクセス」を聞いていたら、なぜ官房長官の町村が留任したかという話になった。これに対して二木啓孝が「町村派の若手というのはみんな安倍晋三支持なので、派閥に戻っても居場所がないから」と解説していたのには驚いた。
あれだけハチャメチャな政権の投げ出し方をした人物が、それでも議員バッヂをつけていること自体、厚顔無恥としかいいようがないわけだが、その安倍にいまだ求心力があるというのだから、自民党という組織は本当に凄まじいばかりに劣化しているのだろう。

そして一昨日の福田退陣。もちろん私も呆れ果てたクチだが、要するにこの世襲“偽”員にとって総理大臣の職務を全うするよりも家業としての政治家を継続することの方がはるかに大事だったのだろう。要はこれ以上、総理大臣の職を続けてボロボロになると、家業の資産が毀損しまう。これを恐れたわけで、家業の安心実現のための辞任だったわけである。
この家業第一という思想は安倍晋三以下、自民党にゴロゴロ転がっている世襲偽員も同様で、そういう連中が世襲の親玉である安倍の周りに群がっている(山本一太なんぞはその典型)。

さて、そこで自民党の総裁選である。
おそらくマスコミは代表選を実施しなかった民主党との対比をクローズアップさせるために自民党の総裁選報道を垂れ流すだろう。その報道量は広告費用に換算すると莫大なものになるはずで、その効果を最大限に享受する、イコール次期総選挙により多くの議席をもたらすためには、小池百合子という選択がもっとも可能性が高いように思える。
もし小池総理が誕生した場合、ワイドショーを中心に「日本初の女性総理誕生」報道が洪水のごとく垂れ流されることはいまから想像できる。それは瀕死の与党にとって小泉フィーバーの再来に見えるだろうし、すでにマスコミの報道にはその萌芽は見え始めている。
つまり、政官財マスコミのいわゆる既得権益集団による一世一代の露骨な大キャンペーンが始まるわけで、これに対する野党陣営は相当に心してかかる必要がある。

ちなみに私は女性の総理大臣が誕生することはいいことだと思っている。ただし小池百合子は、過去から現在に至るまで女性の地位向上の運動に尽くしてきた方々とは真逆の位置にいる人物で、最悪という点では麻生太郎と同じレベルにある。

※昨日の日経の1面を見て
田勢康弘という人はジャーナリストの看板を下ろして永田町散歩ライターとでも名乗った方がいいんじゃないですかね。

|

« 独裁権力のタガが外れる時 | トップページ | ニュースの優先順位でメディアのありようが見える »