« トヨタは労働者の“溜め”を搾取して利益にしている | トップページ | 自民と民主~党内対立に見る“したたかさ”の差 »

2008/07/08

新自由主義の裏にある口利き社会

大分県で教員採用をめぐる汚職事件があったという。
この事件自体は教育関係者である親が自分の子どもの採用のために便宜を図ってもらおうしたということのようだが、そもそも公立学校の教員採用や異動というのは圧倒的にコネや便宜が効く世界である。
これは私自身も教員の友人で実例を見たことがあるのだが、なによりもそれを証明するのが飯島勲の著書「代議士秘書」である。

この本の中には以下のような記述がある。

「これまで就職の斡旋をした件数で、それなりに多かったのは学校の先生かもしれない。
公立学校の教員になるには、まず教員採用試験に合格して登載名簿に載らなければならない。そして、そのなかから各校の校長先生が、選択して面接をするわけだ。いったん名簿に名前が載ってしまえば、成績が一番だろうが五十番だろうが関係ない。校長が任意に選ぶノミネート群としては、誰しも同じ条件ということになる。
そして校長は、保守系の政治家から斡旋された者を教員に採用するケースが少なくない。校長というのはたいてい保守派で、また無難にことをすまそうとするから、保守系の政治家からの斡旋に首を横にふることはまずないのである。したがって、保守系の政治家からの紹介があれば、その学校の先生になることはたやすいといっていい。
1970年代、革新自治体が次々に誕生した時代にもかかわらず、日教組がどんどん小さくなっていった理由はこの就職斡旋のシステムにある。革新自治体は保守派の校長対策をしていなかったため、組合に入らない教師をどんどん採用していくのに歯止めがかからなかったのである。
本来なら、革新自治体はそうした保守の色のついた学生を教職に採用して欲しくないのだが、登載名簿に「自民」という想像上の印(つまり議員からの推薦)がついていると、校長としては『こいつなら自分の在職中に足元で旗を振ったりしないな』ということで安心できるわけだ。」

この文章はその後、支援者から「教員になりたい学生の面倒をみてやってくれないか」という陳情を受けたことで起きたドタバタ話へと移っていく。
あるとき依頼された学生は「わが先生(つまり小泉)の紹介を受けて晴れて(国語の)教員に内定した」が、よりによって国語科教育法の単位を取ることができなかったという。そこで飯島が「結局、私が大学に説明に出向いて、なんとかかんとか卒業の基準を満たすよう、拝み倒した」のだそうだ。
なんともあからさまな話である。
総理大臣まで務めた議員の秘書が堂々と、公立学校の教員採用の口利きの話を書いている。しかも支援者からの陳情ということは、当然ながら“票”や“カネ”と密接につながっているわけで、現に飯島は「有力な支援者からの依頼ということになると無下に扱うわけにもいかない」と書いている。

ここで驚くのは(というよりもこの本の全編を通じてそうなのだが)、そのモラルの低さである。私なんぞは「こりゃあすごい話だな。こんなこと書いて大丈夫かな」と思うのだが、飯島はこれを単に陳情に関するおもしろドタバタ話として書いている。つまり、こんなことは普通のことで、そこには機会の平等が失われているのではないかなどという意識は微塵もない。

私は百歩(どころか万歩)譲って新自由主義を認めたとして、しかしそこで絶対に守らなければならないのは機会の平等だと思う。ところが、実際にこの新自由主義を推し進めてきたのは世襲議員だらけの、そして票とカネのバーターとして口利きをしてきた議員だらけの自民党である。
そして、このおよそ上辺だけの自由主義と世襲、口利きが合体した社会ほど最悪なものはない。それがいまの日本の(あるいはアメリカの)貧困問題の根底にあるのではないだろうか。

|

« トヨタは労働者の“溜め”を搾取して利益にしている | トップページ | 自民と民主~党内対立に見る“したたかさ”の差 »