« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/31

大阪府知事選、タイタン、太田光

大阪府知事選の結果について私が唯一興味を持っていたのは、爆笑問題の太田光がどう思っているのかということだった。
新知事となった橋下がタイタン所属であることは広く知られている。このタイタンの社長は太田光夫人の太田光代で、もちろん爆笑問題もタイタン所属である。
ま、橋下が芸能人としてさまざまなメディアに出るにあたってタイタンがどうマネージメンしようが知ったことではないが、府知事選出馬にあたってクローズアップされたその人となり、考え方を見る限り太田光とは相当に立場を異にするように見えた。
そうして結果は橋下の圧勝。太田光はここでどんなコメントをするのか。
もし手放しで喜んでいるとしたら「結局、太田もそんなものか」ということになる、、、
そんな興味を持って今週の火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」を聴いてみた。

続きを読む "大阪府知事選、タイタン、太田光"

| | トラックバック (0)

2008/01/29

日に日に残念に思うこと

自分自身がイヤになるほど底の浅い人間であるため、“深い人”にどうしても憧れてしまう。

続きを読む "日に日に残念に思うこと"

| | トラックバック (0)

2008/01/24

菅野さんの卵

たびたび書いていることだが、TBSでオンエアされている「久米宏ラジオなんですけど」のなかでもとくに面白いのはゲストコーナーである。さまざまな分野から招かれるゲストは有名人よりもむしろ学者であったり職人であったり、ある分野のスペシャリストであることが多い。そういったゲストと久米宏のトークは実質30分ほど、たとえばテレビであればこれほどの時間を取ることは難しいのだろうが、しかし実際に聴いていると非常に短い。つまりそれほど面白いわけである。

続きを読む "菅野さんの卵"

| | トラックバック (0)

2008/01/20

トップリーグ-東芝府中対NEC

昨日の午後テレビで東芝府中対NECの試合を見た。
ラグビー観戦歴は野球の次に長いが、ここ数年は主たるラグビー観戦はほとんど12月前半で終わってしまい(つまり大学中心)トップリーグの試合は年に数試合しか見ない。したがってここのところの順位も三洋がトップであり東芝が2位だったことを知っているぐらい(ちなみに私は基本、東芝ファンである)。
とまあそれぐらいの知識で前半の途中から見始めたのだが、、、

続きを読む "トップリーグ-東芝府中対NEC"

| | トラックバック (0)

2008/01/18

広告で雑誌のお里が知れる?

またぞろ偽装である。今回は古紙再生紙。再生紙における古紙の配合率が偽装されていたという。
そもそも古紙再生紙を使うというのは、環境意識が高いことのアピールなわけで、企業によっては古紙再生紙を名刺に利用しているところも多い。
ところが結果的に利用者の意識とは裏腹にこれがまったく見当違いな行為であったわけで、このようなイメージの部分の信用を偽装によって失墜させてしまった製紙会社各社は食品偽装をしていた会社とは別の意味で罪が重い。
企業にしても、あるいは一つの商品にしても、ブランドイメージの構築こそは最重要ポイントであり、その部分が傷つくのは一大事なのである。

続きを読む "広告で雑誌のお里が知れる?"

| | トラックバック (0)

2008/01/16

偽装、ミドリ十字、、、(2)

薬害肝炎訴訟の原告団と政府が基本合意書を締結したが、一方で血液製剤の発売元である製薬会社との和解はまとまっていないという。先日、書いて尻切れとんぼになっていた『偽装[調査報道・ミドリ十字事件]』という本は、毎日新聞遊軍がミドリ十字をいまから25年前に取材してその企業体質を抉り出した記録である。
この会社は血液製剤をつくるにあたりその原料に胎盤血を使っていた。そのために組織的に胎盤を買い占めていたのである。以下同書より関係者のコメントの抜粋。

続きを読む "偽装、ミドリ十字、、、(2)"

|

2008/01/12

年末面白かったというテレビをyoutubeで見てみた

ついでにラジオネタをもう一つ。
新年最初の「爆笑問題カーボーイ」では、お正月のテレビで面白かったものをリスナーから募っていた。
スポーツ以外はあまりテレビを見ない私だが、いまはyoutubeで検索すると、ラジオで話題になっていたものを後から見ることができる。
そこで私が見て面白かったものをいくつか。


まず「3の倍数と3がつく時だけアホになる」。


爆笑問題・田中と伊集院のコント


昨年末の紅白での前川清「そして神戸」。バックでムーディ勝山が普通にコーラスをしているのがおかしい。
これは埋め込むことができなかったがyoutubeではいまのところ削除されていなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹内香苗とドアラの共通点

鬱陶しい話ばかり書くのもなんなので、ラジオネタを書いてみる。
まず、先日の「伊集院光 日曜日の秘密基地」。新年最初の放送のアシスタントは竹内香苗アナ。
この番組は4時間という長丁場の生放送だが、、、
なんと竹内アナは16時からの「ひみつきっちの穴」のコーナーの途中で居眠りをしてしまったのである。
伊集院が放送の途中で突然、「オレ、我慢できなくて言っていい?竹内軽く眠いだろ」というと竹内アナ「一瞬落ちました」。さらに「(竹内アナの)生体反応が消えた。オレ、びっくりした」と伊集院が言うと竹内アナは「私、自分でもビックリしました。あれどこにいるんだろう私と思って」(^_^;)。
その後もしばらくは本筋から離れての竹内居眠り談義が続いたのだが、これに限らず竹内アナが秘密基地に出ている時というのは非常にリラックスしていて、まるでドアラのようにフリーダムである。
私はみのもんたの番組というのは見る気もしないので、テレビでの竹内アナがどのような感じなのかは知らないが、ラジオの彼女はとにかく“いい感じ”で好きだ。
またこれは他のアシスタントの時にも言えることだが、この番組で伊集院とアシスタントの女子アナ、さらに出演する若手芸人たちがワイワイと喋っていると「高校生や大学生がなんだかわからないけど楽しそうに話している」ような雰囲気で、聴いているリスナーも明るい気持ちになる。この“ハレ”な空気がこの番組の人気の秘密なのだと思ったりするのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/10

ベストセラーという麻薬-草思社の経営破綻に関する雑感

ミドリ十字の続きを書こうと思っていたのだが、草思社が民事再生法の適用を申請したというニュースについて触れておこうと思う。

続きを読む "ベストセラーという麻薬-草思社の経営破綻に関する雑感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/09

偽装、ミドリ十字、、、(1)

年末、掃除をしていたら再読したいと思っていた本が出てきた。その本のタイトルは『偽装[調査報道・ミドリ十字事件]』。編著は毎日新聞大坂本社編集局遊軍である。
偽装という言葉は昨年1年を象徴する言葉であり、ミドリ十字(現:田辺三菱製薬)は薬害肝炎問題で薬害エイズ問題以来、再び登場した問題製薬会社だ。
ここ最近のニュースのキーワードを散りばめたタイトルのこの本の初版は、奥付を見ると1983年6月13日、つまり25年前である。

続きを読む "偽装、ミドリ十字、、、(1)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »