« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/28

守屋逮捕、そして総選挙

日頃から万引きをしている人間が最後につかまる時は、「そんなことやったらつかまるでしょ」というぐらいに大胆な手口で犯行に及んでいるという話を聞いたことがある。
つまり、最初のうちはそれなりに慎重にドキドキしながらやっているが、だんだんと感覚が麻痺していき、最後には「誰が見ても万引きじゃん」というふうになるというのである。
もちろんすべてがそうではないだろうが、確かに感覚の麻痺というのはあるような気がする。
なんていうことを思ったのは、本日逮捕された防衛庁前次官の接待のされ方があまりにすごいからである。

続きを読む "守屋逮捕、そして総選挙"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/27

燃料電池と原子力発電

今日の日経の1面右肩は「家庭用燃料電池量産へ 来年度松下が専用工場 荏原・東芝も体制整備」という記事であった。ニュースがあまりないのかなと思って他紙の1面を見てみると「守屋前次官強制捜査」ネタがトップ、他に朝日は「サッカー日本代表監督に岡田」、毎日は「坂出市の3人行方不明事件で知人男性が浮上した」という記事がある。これはそれぞれスクープなのだろう。
ちなみに日経は社会面でも強制捜査への言及はないが、これは特オチというよりもこの疑惑全体への日経としてのスタンスのような気がしないでもない。
ま、それはそれとして燃料電池である。
これが一般家庭へ普及するメドが立ちつつあるというのは、原発に対する危惧を抱く私としては大変に好ましいニュースである。

続きを読む "燃料電池と原子力発電"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/21

頑張れU-22!

北京オリンピックの出場権をかけたサッカーU-22日本代表の試合、対サウジアラビア戦が本日国立競技場で行われる。
この代表はこれまでの五輪代表チームに比べるといまひとつ安定感がなく地味である。
先週、ベトナムに勝って自力での五輪出場が復活したが、カタールにアウェイで負けたあたりまでは評判もあまり良くなかった。
しかし、私は今回の最終予選、このチームでとても楽しませてもらったと思っている。もちろん、今日勝って北京へ行かなければ楽しくはないが、勝つという前提でいうならば、この予選はおもしろかった。
なぜかというと、チーム力が今一つ充実しなくて対戦相手もみな強かったため、とにかくハラハラドキドキする期間が長く、久々に濃ゆい時間を味わったからである。

続きを読む "頑張れU-22!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/17

オシム監督の回復を祈る

脳梗塞で倒れたサッカー日本代表のイビチャ・オシム監督。
倒れる前日には埼玉スタジアムで行われたACL決勝を観戦に来ており、阿部勇樹の2点目のゴールが決まったあとにシャンパンを用意させたという報道も目にした。
私も息子とこの試合を埼玉スタジアムで観戦しており、「オシム監督も来ているはずだよ」などと話していた。

続きを読む "オシム監督の回復を祈る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/13

キュウリ君-今年一番おもしろかった人

相も変わらず世の中はろくでもないことばかりである。
私は基本的に社会はわずかずつでも良くなっていった方がいいと思うし、そのための努力をするべきだと思っている(といいつつ実は何も大したことはしていないが)。
しかし、こう世の中がおかしくなっていると、いっそのこととんでもない大破局が来ないかナと思う時もある。そもそも官僚も政治家も財界人もこれだけデタラメをやっているのに、こちとらなんでまじめに住宅ローンなんぞを返済しなければならないのだろか、こんなもん払う必要ないんじゃないの、、、なんて。
おそらくこんな思考を突きつめていった先に小泉的、あるいは飯島的なニヒリズムがあるのだろう。
そもそも今の世の中、まともな人でもちょっと自分の身の回りのこと、たとえば会社のこと、老後のこと、家族のこと、親の健康のことなどをまじめに考え始めたら簡単に鬱になる。そうならないのは、もちろんまじめに考えていないこともあるが、もう一つは世の中に「笑い」があるからだろう。
というわけで今日の時点でまだ11月の半ばではあるが、今年私がもっとも笑った話(しかも印象に残った)をした人というのちょっと紹介してみる。
個人的には落語を聴くのも趣味の一つなので、今年もいくつかの落語会や寄席に行ってプロの噺家に十分に笑わせてもらった。が、本日紹介したいのは素人さんである。それもTBSラジオ「宮川賢のパカパカ行進曲」にきわめて短時間出演しただけなのであるが、、、

続きを読む "キュウリ君-今年一番おもしろかった人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

小沢一郎の件について−今晩の田中康夫アクセスに注目する

今回の小沢一郎の一件については、ただ報道を見るだけの立場の人間にとってはわからないことだらけである。
もちろん小沢の大連立に「動いた」のだとしたら大反対であるが、本当にそうなのか。
とくに読売新聞の動向をみると、露骨なまでの世論誘導が見て取れる。
そしていま、メディアは小沢バッシングに傾いているが、基本的にすべてのバッシング報道には裏があると私は考えている。
いったい真実はどこにあるのか。
幸いなことに今晩のTBSラジオ「アクセス」は田中康夫が出演である。
まずはこの放送を聴いたあとに、今回の件について考えてみたい。
今晩のアクセスは必聴だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »