« 新しい方がいいもの | トップページ | 「アベる」 »

2007/09/12

与党は下野して民主党が選挙内閣をつくるべきではないのか

正真正銘の史上最低総理が突然の辞意を表明した。
参議院選挙での結果を無視して第二次内閣を組閣、さらに施政方針演説までやって、さあこれから2時間後に代表質問というタイミングでの政権放り投げである。
信じられないほどの無責任さで、このような人物が日本の最高権力を握っていたというのは空恐ろしいし、世界に対する恥さらしだったといえる。
では、そもそもなぜこのような男が総理まで登りつめることができたかといえば、これはもう祖父が総理大臣、父親も自民党の有力者だったという一点に尽きる。
この男は口癖のように「改革を続行する」と言い続けた。その改革とやらは小泉がすすめた自由主義経済、市場原理主義なるものなのだろうが、そもそもこの男自体が真の意味での競争を勝ち抜いて総理の座をつかんだわけでないことは明白である。その意味ではまったくもって自己矛盾に陥っていたといえるだろう(もっとも本人はその矛盾にすら気がついていなかっただろうが)。
さて、ことここに至って焦点は次の総理大臣に誰がなるかということに移る。自民党内でもどのような形で総裁を選ぶかという議論が噴出することであろう。
しかしながら、かくも恥知らずで低レベルな人間を総理大臣に担いだという意味ではまったくもって自民党、そして公明党の議員も同罪だ。
舛添要一など、あれだけアベシンゾーを批判していたにもかかわらず、閣僚に任命されるとさっさと入閣したような人間が論外なのは言うまでもないが、非主流と言われる議員にしても総理大臣指名選挙でこの最低男に投票したことにかわりはない。
その意味では、もはや与党の連中に総理大臣選びの主導権を与えてはいけない。与党議員のすべてがアベと同じレベルであることを認識するべきである。
こうなったからには与党は自ら下野し、速やかに民主党に政権を渡すべきだ。そうして組閣された民主党政権は選挙管理内閣として早急に衆議院選挙をすべきである。

|

« 新しい方がいいもの | トップページ | 「アベる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/16424641

この記事へのトラックバック一覧です: 与党は下野して民主党が選挙内閣をつくるべきではないのか:

« 新しい方がいいもの | トップページ | 「アベる」 »