« 盗まれた都市 | トップページ | 時代の変わり目? »

2006/08/15

小泉靖国参拝で脳裏に浮上した天下の暴論

 私は基本的に護憲派に属すると思います。とくに9条に関してはこのままでいいと思っています。
 にもかかわず、本日の小泉靖国参拝のニュースを見ていると、私はかねてから考えているとんでもない思考が頭の中に浮かんできます。それは、、、
 今上天皇待望論です。
 つまり国権を司る最高責任者を今上天皇にお任せしてはどうだろうかと思うのです。

 私がそう考えるのは、今上天皇のさまざまなご発言や行動を見る限りにおいて、小泉やアベシンゾーをはじめとする自民党の質の悪い代議士連中とは比較にならない、非常に高いレベルのリベラル思考の持ち主ではないかとお見受けするからです。
 昨年、サイパンをご訪問された天皇皇后両陛下は、もちろん日本人の慰霊碑をご訪問されたましたが、その後、韓国人戦没者の慰霊碑も訪れています。なぜか(=意図的に)このニュースは日本のメディアにおいては大きく取り上げられることはありませんでしたが、こういう感覚は小泉やアベには理解の範疇外にあると思われます。
 もちろん今上天皇の父親は第二次大戦における最大の戦争責任があるわけですが、しかしそうであっても今上天皇のさまざまな発言、行動を見る限り、アジア諸国においては小泉やアベよりもはるかに信頼感が高いのではないでしょうか?
 これは皇后にしても同様で、特殊な立場におかれてしまったからこそ高められたであろう思索の深さは、まさに現代の日本人に失われつつあるものであると私は思います。
「星の王子さま」の版元の社長が皇后と会った際、彼女は自分がいかにこの本から影響を受けたかということを切々と語ったそうです。あるいは皇后がかつて児童図書の国際的な記念大会だったかで演説した内容というのは、およそ「皇室=右的」というような単純な図式では見られないほど深いものです。

 こう見ていくと、今後、あまりいい将来が見通せない日本にとって、今上天皇・皇后の思想と行動というのは、非常に価値があるもののような気がします(ちなみに皇太子夫妻というのもなかなか立派だと思います)。

 もう一つ、私が今上天皇が最高権力者になった時にこんなことが可能ではないか?と夢想しているのは、たとえば全国にある原発を止められる可能性です。とくに近い将来、必ず起きることが想定されている東海大地震の震源予想域の真っ只中の、しかも極めて地盤の軟弱な地域に作られた浜岡原発というのは、天皇が古来見守ってきた日本国土の広い範囲を放射能で汚す可能性が極めて高いという意味で不敬施設以外の何ものでもありません。三陸沖の豊饒の海に放射能を垂れ流している六ヶ所村の再処理施設も論外の不敬施設。あるいは諫早湾の干拓事業(いまどうなっているのかわからないのですが)は不敬政策です。なにせ今上天皇はハゼ類の研究者でいらっしゃいます。
 また今上天皇におかれましては、米作を中心とする農業を非常に大切されると思われます。なにしろ米作というのは天皇家の祭事の中でも最重要のものです。したがって日本の信じられないほど低い食料自給率は上昇トレンドに入ります。また、狂牛病の恐れがきわめて高い米国産牛肉の輸入などというのも不敬政策です。

 巨大な公共事業など、官僚の手による誤った施策というのは、一度、動き始めたら最後、止めることは不可能に近いといいます。あるいは止められたとしても、その後に大きなゆり戻しがきます(長野県がこれからそうなると思われます)。
 そうした中で、目前に迫る日本の危機の数々を回避できるだけの“権威”と“力”を持っているのは今上天皇をおいて他にいないと、私は半ば本気で思っています。

 などといっている私が尊敬している政治家はフィデル・カストロと田中康夫だったりします。いったい全体、自分自身がレフトなのかライトなのかこうなってくるとよくわからないのですが、私の今上天皇に関する夢想がハタと止まるのは、彼が「残念ながら」現在の日本国憲法を遵守することを内外に表明しているコチコチの護憲派であることを思い出すときです。

|

« 盗まれた都市 | トップページ | 時代の変わり目? »

コメント

皇太子一家のフシダラ〜自堕落ぶりは!いまや、日本国民の批判の的です。
美智子さん(あえてこのように書きます)が、国民の批判について…
皇太子妃の雅子に、心無い雑音!
と、助言したのだとありました。
宮内庁長官を通しての、抗議が無いと言うことは…
「国民の批判などは、心無い雑音」
であると、語ったと言うことですね。認めたと言うことです。
今上天皇は、今や電力会社の大株主である為に、
それらを存続させんが為、国民の税金が無意味に投入されているのだーとか聞きますけれど?
実に宮内庁の天官、世襲化職員等はー日々様々な所から情報を集めているのだとか
国民からの批判をどの様にかわすか…が、皇室を未来永劫存続させ、ひいては天官と世襲化職員等の連綿たる地位と生活安泰なだけに心血を注いで行く
今上天皇が、妻の美智子さんが、本当に立派な方であるならば、浩宮の知的障害を早々に公表し、立太子などさせなかったはずです
また、宮内庁等の個人調査が本当に公正になされたのであれば、小和田雅子は皇太子妃には、とてもなることは出来なかったはず。
まさに、原発事故並みにその余波が日本国民を震撼させているのです
それはー今や!多くの国民に怒りの火をつけました。大火となりお堀を超えるかも

投稿: 国民は悲しい | 2012/03/26 08:49

こんにちは。
今まで何度かコメントさせていただいております。出張お疲れ様でした。

本日、「今上天皇」カテゴリを総て拝見致しましたが、その中の上記記事で、「皇太子夫妻がなかなか立派」という文章を拝読いたしました。

皇太子ご夫妻のどこが、何故立派であるのかをお教えいただけないでしょうか?と申しますのも、近年のメディア情報を元にした「皇太子ご夫妻像」は、必ずしも好感を得るものではないからです。

これは私の偏見と先入観かもしれませんので、私が見落としている点、または違った角度からのご夫妻への見方、考え方をぜひ教えていただきたく存じます。

野村監督ご夫妻と博士ご夫妻の分析、私にもよくわかりました。有難うございました。

お忙しいとは存じますが、宜しくお願い申し上げます。

投稿: 関西人 | 2009/10/18 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62112/11450755

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉靖国参拝で脳裏に浮上した天下の暴論:

» 「運任せ」じゃ恐すぎる! 東海地震の前に浜岡原発を止めよう! [ブログで囲もう! 浜岡原発]
このアピールはネット上で出会ったブロガー有志たちによる『ブログで囲もう浜岡原発!』という企画の4回目です。 東海地震の震源域に浜岡原発があるのをご存知ですか? 東海地震が起きたら、浜岡原発はメルトダウンを起こすかもしれない、と地震学....... [続きを読む]

受信: 2006/08/18 01:34

« 盗まれた都市 | トップページ | 時代の変わり目? »